荒神。

お勧めされてから相当経ってしまいました。^^;
本屋に行く度に探すんですけど、新しくても、意外に無いんですよ(地元近郊の本屋さんには置いてありませんでした)。
元々読書は好きなんですけど、なかなか見つからず古本屋さんでやっと見つけました(笑)。
e0155830_1705013.jpg
昨晩、仕事中に321ページまで一気に読みました(仕事サボってませんよ・笑)。
そこまで来て、一気読みは勿体無いと思い本を綴じました(朝の4時・ワハハ)。

あと少し、ドキドキしながら今夜も読みます。
書評までは出来ませんが(読めない漢字が多いし・・自爆)、でも凄いと思ったのは確かです。
何故か自分の心情ともリンクしてたりして・・。
人と動物の共生の難しさ、人間のエゴ・・やっぱ難しい。
でも目を逸らしてはいけないのも事実。
読みながら点が線になり、線が幾重にも重なり雷雨の如く心に突き刺さる・・畏怖の念を抱きながらもどこかで救いを求めながらページをめくっている自分が居ります。


追記
まだ途中ですけど、フィクションと解っていても、深山幽谷に一人で釣りに行く気は失せました(三本足、マジで怖っ!)。
[PR]
by dad1st | 2009-06-10 17:26 | Book | Comments(11)
Commented by EJ at 2009-06-10 23:53 x
凄い本ですよね。推理小説の要素もあるので、私は頭の回転が鈍く、ゆっくり読まないと人間関係がうまく理解できませんでした。事件の鍵は最初の数ページにすでに出ていたりするので注意が必要です。ほんともったいないですからごゆっくりどうぞ。

仲良くしていただいてる猟師さんが2年ぐらい前、大イノシシに殺されかけましたので、とってもリアリティーがありました。

ドロレス何たらは、しょっちゅう胃の中を覗く私にはおなじみの虫で~す。気色悪いですよ。
Commented by dadlife at 2009-06-11 07:23 x
EJさん、おはようございます。
この手の世界とは全く無縁の生活ですので、いや-怖いのなんのって(笑)。
EJさん、きっとこう言う現場にも行かれるのかなーなどと思いながら読んでました。
イノシシ・・まさか人に害をなすとは思ってもみませんでした。猪突猛進ってのは知ってましたが、熊だけが出会いがしらの状況だけ人を襲うと思ってただけに怖さ倍増です。
虫・・本当に居るんですか?ソレはなお更怖いです。
本当、怖い本を紹介してくれましたmasuzawaさん(笑)。
Commented by EJ at 2009-06-11 12:11 x
私自身、100kg級のイノシシと渓流で遭遇したことがあるのですが、まだ距離があったため、目が合ったときに両手を広げて「ワァ~」っと叫んだら、全身の毛を逆立てて遁走してきました。脇にいた学生は完全にびびってましたが。

クマとの関わりは希薄なのですが、クマの保護団体がいろいろ聞いてきたことがあったりして、それにピッキオの方々の活躍は有名ですから、やっぱり身近な話題として読むことができました。まるで知人が主人公のような、そんな気分でした。

ドロレスは渓流魚の刺身を食べると危ないですからご用心下さい。下手な冷凍程度では死なないと聞いたように記憶しています。

増沢さんの書評が楽しみですよね。気になる2人って誰なんでしょう?
Commented by dadlife at 2009-06-11 12:54 x
EJさん、こんにちわ。
100キロ級・・無理ですね。
サスガにEJさんの様な行動は出来ません。
自分も本と同じで固まって動けないかと・・(ヤンキー相手なら、屁でもないんですけど・・爆)。
ドロレス・・ゲッ、やっぱコレも嫌です。

Commented by masuzawa at 2009-06-11 13:41 x
光栄にも“御指名”頂いたようなんで、馴れない“キー”を叩く“気~”に。
EJさんが言われるように、推理小説としても一級、エンタメ小説としても一級、そして文芸作品としても一級という稀有なる作品かと。
日本冒険小説協会大賞受賞に大拍手。樋口さんにも同協会にもです。
出版社の都合や少数の審査員の恣意性なんぞを優先する“ナントカ賞”あたりとは根本的に異りますんでねえ。
「三本足」も「稲妻」も圧倒的な存在感。まさに、“怖ッ!”。でいながら、やるせないほどに「せつない」。
「ジョーズ」や「アナコンダ」あたりには全く感じられなかった点で。
ワタシの場合、深山幽谷をひとり釣りあがっていくと、上流から突如、「コモドオオトカゲ」が現れるんじゃあないかという恐怖が常に。
とりわけ、両岸が岸壁で川が蛇行していて上流側が見通せないような場所。
その岩陰から、“ニュ~ッ”てなカンジで突如、コモド(ちゃん)が――!
“ゴジラさん”だったら握手しますがね。「釣れましたか?」なんて訊きながら。ワハハハで。
Commented by masuzawa at 2009-06-11 13:52 x
追記です。
実は上記コメント、昼前から記し始めてそのまんまに。途中、お天道様が照ってき出したんで、家庭菜園をイジりに外へ。
で、文章完成させて投稿したら、EJさんのコメントが。
アノ拙記事の続き、いつになるやら・・・なんで、ここで「2人」のうちのひとりを“種あかし”しちまいますワ。
(むろん)主人公サンで。「グチらずキレずへつらわず」。
「グチるわキレるわヘツラウわ」の典型みたいなワタシにとって、“カガミ”みたいな方で。
たぶん、樋口さんが無意識のうちにご自身を投影なさっているんだろうなと。
ワタシが著者だったら・・・想像するだにオソロシク、ついでにアホらしくなっちまいました。
といいつつ、「三本足」も「稲妻」も生き残り、ヒステリックな自然保護団体メンバーは全員、シケイに!
わはははは!
なお、樋口さんは「タイトなフライマン」であることを言い添えておきたいなと。
その点でも“カガミ”で。
Commented by dadlife at 2009-06-11 19:38 x
s-masuzawaさん、こんばんわ。
コメント・・お手数をお掛けします(ペコリ・笑)。
実際、読書は好きですが、この様な小説はあまり読まないので正直「どんなもんかな-」位で読み始めました。
そしたら・・思いっきりハマッテしまいました(爆)。
素晴らしい本を紹介下さり、感謝しております。
二人・・自分は戸部のじ-さんが好きです。マタギ然としたその経験に裏打ちされた行動力・カリスマ性に思わずカッコイイと(細かく書くと長くなるので・・笑)。
保護団体・・熊に出逢った瞬間のページで思わず「ヤラレりゃいいんだよ」と思った自分=それだけ文章にのめり込んでいたという事なんでしょうね。ちびってた表記には笑いましたけど。
因みにまだ全て読み終えていません。でも、本当に素晴らしい本と出逢う事が出来たと思ってます。
余談ですけど、P92の熊の薬殺のシーンですが、何で見たのか聞いたのか記憶の片隅にありました。、デジャ‐ビュでは無いと思うんですが、思わず不思議な感覚に捉われました。
Commented by EJ at 2009-06-11 20:26 x
三本足が怖いのは手負いであるのと、寄生虫のために狂ってしまっているからであって、心身ともに健康なイノシシであればそれほど危険ではありませんよ。もちろんある程度の距離をおいてこちらの存在を知らせることができればという条件がつきますが。

クマは怖いですね。クマの生息地で日常的に釣りをする私でも、特定の場所(クマ密度濃厚地帯)だけは、たとえ研究のためといっても及び腰になります。だからこそベアドッグを操る方々を尊敬します。

コモドも怖いです(笑)。デンバーで、逃げたペットのコモド大トカゲの貼り紙を見、近くの公園で死んだアライグマを見つけたときは、体が凍りつく恐怖感を覚えました。冷静になって、おそらく8割方いたずらだろうと思っても、緊張感は消えませんでした。

だから、小心者の私は、まだ森の中で一人で夜を明かしたことがありません。ナチュラリストを目指す人間としてはちょっと恥ずかしい、というのが本音です。
Commented by dadlife at 2009-06-11 21:31 x
EJさん、こんばんわ。
存在を知らせる・・またタバコ吸おうかな-(なんちゃって・笑)。
知床で釣りをした時に、子連れの熊が下流を渡ってました(自分が風上だったんでしょうね・こちらを気にしながら渡ってました)。怖いと言うよりアララ・・って感じで、写真を撮ってましが、持ってたカメラが[写ルンです]だったので、米粒大にしか・・。
そんな自分、基本、獣の怖さが解らないので、初めから危険な場所には行かない様にしてます(ワハハ・・)。
EJさんのブログに出てくる奥山の風景を見ると、その時点でそんな奥は無理と自分なら退却です(自爆)。
コモドは居ませんでしたが、栃木でヤマカガシの子供が道路を渡ってました。どうしようかな-と思ったんですが、そのまま逃がしました(良かったのかどうか、今でもわかりませんけど・恩返しは考えてませんよ・笑)。
Commented by EJ at 2009-06-11 23:56 x
お腹がぷっくりふくれてごつごつしたヤマカガシの写真があるんですけど、エントリーすべきかどうか迷っています。ヘビは自分自身が好きじゃないんで・・・。ある意味クマよりいやかも。

でも野生動物よりも幽霊の方が怖いですね。私は霊感がないので見たことないですが、それだけに見えてしまったらどう対処しようかうなされると思うんですよね~。

そういう意味でも気味悪い谷があるんですよ。昔何人も死んだっている石碑が渓流の入り口にあって。おまけにその谷でクマと接近遭遇しそうになったこともあって最悪です。
Commented by dadlife at 2009-06-12 03:31 x
EJさん、おはようございます。
ワハハ・・笑えない話題、ありがとうございます(爆)。
ヤマカガシの写真・・載せないほうが・・(笑)。
谷・・自分、これから釣りに行くんですけど・・(汗)。
まあ、谷って程じゃないので、詳細はエントリーしたら見て下さいね。^^
<< 聖地湯川。 ShopとAuction。 >>