聖地湯川Ⅱ。

道すがら考えていた・・。

e0155830_194431.jpg

『このロッドとリールは、使用者を選ばないといけないのではないか・・』と。
FFの道具だけれど、それ以上に自己主張する道具達。
伝統が道具を凌駕する。
ファッションとしての道具とは、座する場所が違う様な感じがする。
今の自分の器で道具と呼ぶには数十年早いような気がしてならない。


e0155830_1985140.jpg


バイカモの花が水中で揺れる中、硬めのロッドから繰り出されるライン。
ゆっくりとした時間の流れと同調するかの様に、その解かれていくループの弧が時間を戻す。
聖地湯川でFFをする事の意味、その深奥の淵に今日少しだけ立てた様な気がした。

さて・・きちんとメンテして、本来在るべき場所へお返しいたします。


通常モード
初っ端からマジで滑ってコケた(即、ロッドとリールを確認・笑)、雨振るし・・(午後から止んだ)、ブルック居ないし・・(下流は居なくなってきたのか・・。やっと見つけりゃスレスレだし・・)、藪こぎしてて迷うし(違う場所から入ってた)、何か大きな羽音が聞こえるし・・(見えないから怖い)、ハエがいっぱい飛んでるし・・(何でだ)、何かに刺されてるし・・(ヌカカでは無い)、小学生がうるさいし・・(黙ってると「無視してる」とか言ってるし・・殴ってやろ-かなどと・・)。

まあ、楽しかったからいいかな(笑)。
[PR]
by dad1st | 2009-07-06 19:35 | FF | Comments(6)
Commented by EJ at 2009-07-07 18:21 x
相変わらずきれいな写真ですね。

ペゾンは、何も知らなきゃ「ブサイクな竿」って思ってしまうし、
初心者の頃の第一印象がまさにそうだったのですが、何やら
すごい竿らしいと分かってくると、また違った印象になるから
不思議です。

5番で硬質となると釣り味はどうなのかなと心配してしまうの
ですが、そこはやはり竹竿ですから、魚の重みを感じながら
の楽しいファイトができたのでしょうね。
Commented by dadlife at 2009-07-07 19:02 x
EJさん、こんばんわ。
写真・・お褒め頂き、ありがとうございます。
ブルック・・25cmどころか、40cmなどは夢のまた夢の世界で、釣れませんでした(笑)。
釣り味・・自分も気にはなってたんです。
でも釣ってみたら、硬いはずなのにこのサイズでもちゃ-んと魚の動きが伝わってきたのには、正直驚きました(この竿凄い!と、マジで思いました)。
もうちょい大きなブルックが釣れれば良かった・・と思うと、まだまだ修行が足りないですね。
帰路、EJさんに笑えるネタ(25cmにも満たないサイズ)を提供できたかも・・と、内心小さいサイズのブルックでしたが、ネタ的には良かったかな-と、一人で笑ってました。
Commented by EJ at 2009-07-07 23:07 x
はっきりとした意図を持ってデザインされた竿は、
確かに釣り人を、というか、釣り方を選ぶように思えます。
昨日ある名人と釣りをする機会に恵まれたのですが、
「自分にとっての理想の竿」のビジョンを明確に持って
おられました。その方にとっては、どんなに有名で高価
な竿であっても、理想から逸れれば何の価値もないの
だろうと感じた次第です。
もちろん名人級ともなれば、それなりにどんな竿でも
使いこなせるのでしょうけれど、しかしあくまで気持ちよく
釣れる竿となるとアクション等の条件が厳密になるよう
です。

昨日も笑い話になったのですが、私のレギュラーサイズは
15センチぐらいですから、dadlifeさんのブルックは、笑い
のネタどころか、十分に大きいです。
でも、出だしのフレーズはパクらせていただきましたよ(笑)。
怒らないで下さいね。

Commented by dadlife at 2009-07-08 08:24 x
EJさん、おはようございます。
EJさんのブログ読ませていただきました。

今回、縁あって2本(吉田Rod・ぺゾン)のBambooを振る機会に恵まれましたが、振ることは出来てもFFとしてのキャスティングが出来て居ない事に気付きました(Bambooを語るには十数年早かったかな・・笑)。
と言う事で、まずは通常使ってる竿(Caps/ミルトレスV2)をきちんと扱えないとダメだな・・と。
まだまだ先になりそうですけど、それだけFFを長く楽しめると言う事で・・(笑)。

Commented by EJ at 2009-07-08 13:30 x
私ももっと上手にキャスティングできたらなぁって思います。
Commented by dadlife at 2009-07-08 13:48 x
EJさん、こんにちわ。
お互い、竿に笑われない様、頑張りましょう(魚には鼻で笑われてるかも・ワハハ)。
<< そこに在る風景。 Bamboo..Ⅱ >>