BrownとDark dyed Dun。

先日購入したハックルで、タイイングしました(ご報告まで)。

Brown・・。
e0155830_20253581.jpg

ブラウン・バイビジブル。

Dark dyed Dun・・。
e0155830_20265815.jpg

偽クイルゴ-ドン(ブル-ダンじゃ無いので・・)。

さて、巻くにあたってのフックの選択ですが、パタ-ン集等ではTMC100とか902とかがレシピに記載されてます。
でも、自分はアキスコのAFB1190が好きで、結構メインで使ってます。
このフックですが「スタンダ-ド・ドライをはじめ、フォルム重視のパタ-ンにおいて、仕上がりが断然美しい」との評通り、マジで格好が付きます。

そんな訳で、前々回のエントリ-にくっ付けようかと思いましたが、時間があったのでエントリ-しちゃいました。
但し、別に巻いただけのエントリ-ですので、何気に流していただいて・・(笑)。

上の2パタ-ンですが、十分いけるフライだとは思います。
ただ、見せフライとしてはハッタリが効いていいかも知れませんが、使うとなれば単にパラシュ-トにしたほうが、巻くのも釣り上がるのも断然楽だろ-と思った自分です。



番外編
まあ、見せるためとは言え、クイルはコレで5本巻いて(バランス悪く)、ウッドダックも残り少なくなり(高いのに)、現場で使うのかも未定(管釣りか・・)。
バイビジは、ホワイトのハックルサイズが残り少なく、あとちょっと長ければ・・などと思いながら巻いてる自分に思わず笑ってしまいました(コマ-シャルタイヤ-じゃね-って・爆)。
[PR]
by dad1st | 2009-09-24 20:56 | FF | Comments(7)
Commented by EJ at 2009-09-25 04:06 x
クイルゴードンっていいですよね~。
ウッドダックのウイングは視認性では最低レベルですが、
雰囲気は最高だし、ポッテリしたボディのフライでダメな
時、こんなはかなげなフライの方が魚に受けたりするん
ですよね~。
管理釣り場ではなく、ぜひとも野生の魚を、これらのフラ
イで釣り上げてください。

アキスコのフックって、こちらでは入手できませんが、こ
のブランドの竿を愛用している私にとっては、ぜひとも試
すべきフックですね。通販利用で買わなきゃ!
Commented by dadlife at 2009-09-25 07:50 x
EJさん、おはようございます。
確実に釣れるでしょうし、仰る通り雰囲気は最高だと自分も思います。
でも、これまた仰る通りで、見づらいでしょうね(笑)。
まあ、一応こんなのも巻けますよ・・って言う見栄って事で(笑)。
フックはTMCより安くて、それでいてクオリティ-が高いのでお徳だと思います。
Commented by EJ at 2009-10-01 21:30 x
その後いかがですか?
いっぱい巻いてますか?
私は全然です。イマジネーションが枯渇しています。
何か刺激がないとダメですね。

知床で「バクチョウ」したらいい刺激になるでしょうか?
Commented by dadlife at 2009-10-01 22:28 x
EJさん、こんばんわ。
タイミングいいっすね-。
ちょうど今、エントリ-しようかと準備してたとこです。

知床・・自分1度だけオショロコマで、その「爆釣」なるものを経験しました(ワハハ・・)。
同時に、すぐ下流を渡る親子の羆にも逢いました(知らないとは恐ろしいモノで、あっ、熊だ!位に見てました・爆)。


Commented by EJ at 2009-10-04 08:27 x
知床でですか!いいなぁ。ヒグマ、身近で見てみたいです。
日高山脈でニジマスを狙ったときは、常に背後に獣の気配を
感じて落ち着いて釣りをすることができませんでした。
単なる思い込みであることは間違いないのですが、怖いもの
は怖いです。逆に見えていて安全だと分かれば安心して釣り
に集中できるんですが・・・というのはたぶん頭の中だけのこ
とでしょうねぇ。ヒグマは大きいですからねぇ。
Commented by dadlife at 2009-10-04 09:41 x
EJさん、おはようございます。
カメラを忘れ、途中で買った写るんですで写真を・・。
親は先に渡りきってたので、小熊を撮ったんですけど、現像したら小さいのなんのって(目視では30m位下流なんですけど)。
でも、小熊が渡る途中、川の中ででコケたのには笑いました(おーっ、コケるんだ!となぜか驚いてましたね・笑)。小熊の首付近に白いものが見えたので、ツキの輪ってヤツなのかなーなどと、今にして思えば、白っぽい石が顔の下にあったのでそういう熊だったと認識したんでしょーね(だって自分、熊って、ヒグマとツキの輪の2種類が何処にでも居ると思ってたもので・・自爆)。
姿が見えなくなったので、慌てて脱渓し橋上から、熊が行ったであろう森を見たら、スゲー大きな親熊がまだソコに居て、コッチを見てました。げっ、でけーって自分がビックリするのを見てから、ゆっくり森の中に消えて行きました。
(もうちょっと続きます)
Commented by dadlife at 2009-10-04 09:42 x
EJさん、続きです(長くなって済みません)。
川を渡る親子を上流で見つけ、下手に動かないほうがいいだろう(どうにもなんないし・・)と、タバコに火をつけ、写るんですで撮影してた自分。
知らないって恐ろしいですね(コレに尽きます・笑)。
因みに、FFを始めるまで、森の生き物や自然とかには全く興味も無く、縁遠い生活をしていたのでパニックにならなかったのかも・・。一緒に行った知来さんにソレを言った瞬間、カメラを持ってソコに行こうとしたのには、サスガ驚きましたけど・・(危ないでしょー)。
ヒグマとオショロコマの〇釣、シマフクロウをすぐ傍で見るなど、貴重な体験をさせていただいた知床でした(でも、遠いからその後は行ってません)。
<< パーマハックル・タイプ。 Silver Week・・。 >>