-来世でまた-

今から26年前19歳の頃、硬派からヤンキ-へのTurning Pointは、ある中古車Shopオ-ナ-(30歳)との出逢いでした。
地元警察署の目の前にありながら、視線を向けるオマワリを嘲笑うかの様に爆音を奏でる様は、まるでその空間だけが、生を刻んでいるかの如く錯覚させる異空間でもありました。
その若いオ-ナ-も元ヤン、そして何度かブログに登場したステッカ-、YRC(Yoiko Racing Club)の会長。
その後も、暇さえあればShopに顔を出し、いつの間にか身内の様に長い時間を共に過ごす様になりました(用が無くても行ってたっけ・笑)。
26年間・・色んな所に出かけたり、危ない事もやったし、何と言っても仲人だし・・(笑)。
e0155830_2271241.jpg

89年、奥とのデ-トで借りたコルベット(お-っ、乗って遊んで来いよと。普通、貸さないって・東北道では、みんな車線を譲ってくれました・笑)。
時の流れと共に、色々な事情もあって昔の様に派手な付き合いも出来ず、不義理となったりはしてたけど、何故か切れる事はありませんでした。
まるでアカの他人なのに、他人に言わせりゃ「ソックリ」だそうで・・(身内に言わせても、ソックリだそうです・笑)。
12歳の歳の差以外、お互いが考えている事が手に取るように解る他人は、人生においてこの人しか居ないし、知らない。
十数年前から体調を崩し入退院を繰り返し、先日も久しぶりに遊びに行ったら入院してるとの事。
遊びが見舞いに変更になってしまったけど、久しぶりに逢うその笑顔は何時もと同じでした。
ダルそうだったけど、近況などを報告し「また来るね」と。
『おうっ!』と答えるその声に何の違和感も感じなかった。

12月14日
「容態が急変し、亡くなったの・・」とご家族より連絡が入った。

57歳・・早過ぎるその死に、天を仰ぎ涙をこらえるのが精一杯でした。
とにかく急ぎ奥とご自宅に向かうと、安らかなお顔で永遠の眠りにつかれていました。
大好きだった高校生の娘さんとも、意識はなかったけど最後に逢えたそうです(〇〇ちゃんが来たよとのNs.の呼びかけに、モニタ-の心拍数が上がったそうです・子供の事、大好きだったもんね)。

e0155830_2127204.jpg

公さん、アノ頃が1番楽しかったね。
今生はこれでお別れだけど、来世でもまた出逢ってたくさん遊ぼうね。


正直、ブログにアップするかどうか迷いました。
でも、この人が居たからこそ、アノ頃、アノ時代に輝くような時間を過ごす事が出来たと、今でも思ってます。

感謝の気持ちを込めて、これが天国まで届いてくれるとありがたいです。
[PR]
by dad1st | 2009-12-15 22:05 | 記憶
<< -砂上の過去- PC-壊れたのか壊したのか >>