-フライの雑誌-

『フライの雑誌』・・FF誌・FR誌とは内容が全く違い、またハウツ-の類ではなく・・。
e0155830_19273025.jpg

簡単に言えば、我が強い雑誌です(良い意味で・笑)。
逆に自分には疑問符の付く寄稿もありますが、ソレはソレとしてFFに対する別の視点が見られたと・・(思う訳ないっしょ・核爆)。

我が強い分だけ、超面白いです。
[PR]
by dad1st | 2010-03-13 19:30 | FF | Comments(5)
Commented by EJ at 2010-03-13 23:28 x
こんばんは~。
全巻そろえてるわけではないし、古いのはすべて処分してしまったけれど、今回の号はそれこそ力作ぞろいだと思いませんか?

いつも毒気を吐きまくって存在感のあったSさんが見当たらなかったのは寂しかったですが。

増沢さんの記事はいつもの通りとても面白かったです。「新人の発掘」は必須ですよね。ただ、プロになれる音楽家の率の低さを思うと、日本ではフライフィッシング人口の、それもプロを目指して毎日お稽古に励んでいる少年少女が、どれだけいるのかと考えると、比較にならないほど底辺が狭くて、当然ピラミッドの頂点たるプロ中のプロもたいした高みには達しないのかな~なんて思ったりもします。(世界に通用する人たちもいるんでしょうけどね。そういえば著者名はあえて伏しますが、「ウェットフライ探求」という本の著者は「日本はもとより世界のフライフィッシング界の第一人者」とご自身で記しておられますね。凄いなぁ。)
Commented by EJ at 2010-03-13 23:33 x
舌足らずでした。

そんな中で島崎さんは孤高の人って感じ?他の追随を許さない独立峰の趣が。
Commented by dadlife at 2010-03-14 08:50 x
EJさん、おはようございます。
FF界の第一人者・・そこまで言えるとは、サスガっすね-。
でも、申し訳ないですが、自分、その御方をFFを始めてから、一度もマスメディアで見たことがないんですよね(世界レベルだから、日本に居ないのか)。
島崎さん・・次元が違う感じがありすぎて・・気難しい方なんだろ-な-と思いながらも、実際は優しい方だと思います。
masuzawaさんも同じでしたから(失礼・笑)。
あっ、因みにまだmasuzawaさんのところと、ペレッタ-ズのとこしか読んでないです(爆)。
Commented by EJ at 2010-03-15 21:38 x
こんばんは。ラッシャー△村です。

読書は進みましたか?私はなまけてまだ読み干してません。島崎さんの記事はよかったですね~。自分が世界の第一人者だなんて偉ぶったところが全然ないし、新しい技術にも果敢に挑戦されてる様子が分かって、過去の栄光にあぐらをかいている方じゃないなってのがファンとしてもうれしいところでした。
Commented by dad1st at 2010-03-16 17:07
EJさん、こんにちわ。
読書っすか?勿体無いから、ボチボチ読んでます(笑)。
島崎さん、別格ですね。
<< 1/8000 -迷った- >>