-溜飲の下がる雑誌-

昨日に引き続き、休みな今日ですが、所用多し釣り難しってトコです(笑)。
しっかしマジで、いい天気っすよね-(平地じゃちょっと湿度が高いけど、渓は最高だろ-な-)。
行きたいっすね-「FF」。
でも無理なんですよね-(わはは・・)。
そんな自分の溜飲を下げるアイテムの一つ『フライの雑誌』が、先ほど届きました(セブンイレブンまで、取りに行ったが正しい・爆)。発売日が5月31日(だったと思う)、ネット注文がどこも発売日に対応出来ておらず(必ず遅れての扱いになる)、一番早いトコで6月3日にネット上へ。速攻で注文し、今日っすから遅いっすよね-(年間購読にしろ!って聞こえて来そうですけど・笑)。
e0155830_113089.jpg

クセのある雑誌(良い意味ですよ)だけに、シンクロする寄稿については本当に面白い(写真、ちょい大きくなります)。
まあ、増沢さんの影響が大と言えば大ですけど、飽きはじめた他のFF雑誌に変わる読みモノ(写真集・ハウツ-本では無い)を得た事は、行きたい時になかなか渓に行けない自分の溜飲を下げるには、十分過ぎるモノとなっています(他誌は立ち読みに変わりました・時々は買いますよ・笑)。
今号の中にある「源流へ。」の写真を載せましたが、見た瞬間にスゲ-と思わず声を出してしまいました。
源流が凄いんじゃなくて、その場の雰囲気とFFMの立ち位置を含めた全てがスゲ-。
こんな写真近年お目にかかってないぞとばかりに、ワクワクしながらペ-ジをめくると・・1ペ-ジだけだった(マジで笑った・もっと増やしてよ)。
まあそんな訳で、こんないい天気に、FFが出来なくてもパラパラとペ-ジをめくりながら過ごせるだけでも「いいかな-」と思ってます(今日はこれからまだ、所用が続きます)。


-別記-
フライの雑誌に寄稿されている、増沢信二さんのフライファン「適正増」戦略のご提案が最終回となりました。
辛口のその文章は、真にFF人口をどうすれば増やす事が出来るか、メ-カ-はファン(ユ-ザ-)に対し、どうあるべきかについて、ばっさりと切り込んで記されており、いつも楽しく拝読させていただいていただけに、最終回は残念でなりませんでした。
次なる寄稿と益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます(って、ココで書かなくても電話すりゃいいんですけどね・爆)。

さて、ご飯を食べながらパラパラと。

-追記-
この雑誌を手にされないという人に本文よりちょこっと(抜粋しちゃって怒られるかな)。
「フィールド・コンシャス」なる言葉を増沢さんが書かれています。コンシャス=意識する。
「-フィールドを見つめなおしてみよう-Field Concious フライフィッシング」視野狭窄(釣った・勝負・リベンジetc.)なアプロ-チではなく、広い視野・高い視点・そして新たな観点からフィールドとフライフィッシングを見つめなおす-それが「フィールド・コンシャス」のコンセプトです。

確かにFFはその座する場所をConcious(意識)しないと、意味(意義)の無い単なる釣りになってしまうのかも・・と思ったりする自分が居ります。
[PR]
by dad1st | 2010-06-15 12:09 | FF
<< -繋ぐ- -雑記(直しました)- >>