-オ-ストリッチなの-

「フライの雑誌90号」最新刊前回は聖地湯川の話でした。
今回は表紙に書かれている『クロスオ-ストリッチ』の話。
彼の島崎憲司郎氏が考案したフライの名前が上記『クロスオ-ストリッチ』。
ソレを「クロスオ-ストリッチ」なる名の羽が売られているんだと、大きな勘違いをしていたのが自分。ソレも88号で紹介されて90号(最新刊)でも気付かず。色々調べるもオーストリッチはあるが、クロスは無い。ど-したものかと思ってたら、masuzawaさんのブログで、オ-ストリッチをクロスさせ・・との解説。あ--、そう言う意味だったんですか-と、嘘の様な本当のボケをかまして居た自分。ココまで来て、やっと意味が繋がった(自爆)。
で、巻いてみたいが、オ-ストリッチ&TMC108SP-BLを持ってない。
とは言え、そこはサスガ編集部、他のフックで釣れる事は実証済み。
ならば先ずはマテリアルを仕入れないと・・。
『もしもし、ちょっとお聞きしたいんですけど-。オ-ストリッチって持ってます?』
「あるよ。どうすんの?」
『何か、凄いらしいんですよ』『だから下さい』
「いいよ」
e0155830_1214957.jpg

まあこんな電話のあとに、オッサンの所へ言って貰って来ました(とりあえずの量だけ)。
で、巻いてみたんですけど、雑誌の様に巻けないのがナンか気に入らない(簡単って書いてあるんだけど・笑)。
なので、毛鉤は載せずに『クロスオ-ストリッチ』を商品名と勘違いした「自虐ネタ」で終わらせようと思ったら、本文中で島崎さん「まじめな話、これが巻けなかったらやめた方がいいかも(笑)」と。
てな訳で、ル-スニングとリトリ-ブで遊ぼうと、TMC100BL(重さがあるので)で巻いてみました(108は持って無いので。が、何か違うフックが混ざってる様な気が・笑)。
e0155830_12132372.jpg

何故か違和感あるんですよね-。
まあ、適当に巻いても釣れるそうですけど-(因みに、適当に巻いてないんですけど・失笑)。
[PR]
by dad1st | 2010-10-07 12:29 | FF | Comments(4)
Commented by s_masuzawa at 2010-10-07 23:15
爆笑~~!デシタ。ワハハハ・・・(中略)・・・ハハハハ!
「エルクヘアカディス」という種名のトビケラを採集しに行きましょうか?ご一緒しまっせ!地の果て、海の底までも。
余談ながら、リトリーブを前提にするなら、“108”より“100”のほうがよろしいかもしれませんよ。
もっといいのは“2312”とか“9394”。TMCモデルならですが。
屁理屈でよければ今度お会いしたときにでも。
そんではまた。
Commented by dad1st at 2010-10-08 07:39
masuzawaさん、おはようございます。
どっかに居ますかねエルクヘアカディス?(核爆)。
恥ずかしながら、クロスオ-ストリッチはマジで探してました。89号のタイイング手順には確かに「クロスさせ」って記されてますが、その号で「クロスオーストリッチって何ですか?」にはひと言も「クロスさせて巻くから」って設問の答えが書いてないんですよ。だから疑問符だけが頭に残ってて、商品名だと固定観念化しちゃったようです(笑)。もしかして勘違い?と思ってた矢先に、masuzawaさんのエントリ-を呼んで「スッキリ」(爆)。
最初から電話しちゃえばよかったんですよね-。
もうちょっとしたら、色々聞きに遊びに伺います。
では。
Commented by EJ at 2010-10-08 09:50 x
2枚目の写真が絵本みたいで素敵です。ポプラの木ですか?

クロスオーストリッチ持って北海道に行きたくなりました。

両親は昨晩新潟にいました。旅の最初のスケジュールの狂いが最後まで影響したようで、満足に釣りの時間が取れないまま、川が雨で濁流になってしまったのだそうです。残念でした。dadさんのリールと大きなアメマスが並んだ写真を期待していたんですけど。

ちなみに、エミューとダチョウのかけ合わせを「クロスオーストリッチ」というらしいですよ。





ウソです。
Commented by dad1st at 2010-10-08 17:49
EJさん、こんばんわ。
やっぱあるんですか!クロスオーストリッチ(嘘・笑)。
でも、面白いでしょ。いまだにFFの事が解かっていない、だから何時まで経っても素人なんですけどね(わはは・自爆)。
写真の毛鉤、結果出ましたので後でエントリ-します。

今シーズン、後半はどこも良くなかったみたいですね。
次回こそアメマスを(って、オショロコマじゃなかったでしたっけ?笑)。
<< -どんな毛鉤を使ってるんですか?- -聖地騒動- >>