-H22・ラストエントリ-(笑)-

ケ-キの画が違和感バリバリだったので(何時までもX-masってのも変っしょ・笑)、結局エントリ-しちゃいました(苦笑)。

昨日12月28日読売の夕刊に学問の神様「湯島天神」の『冬至梅』の記事が載っました。
年明け早々、長男坊の高校受験。まあ、私立予定ですので別段お参りしなくも大丈夫ってところはあるんですけどね-。また、お参りするにも年明け家族がフリ-な日は元旦と2日だけなので(自分後は仕事)、行く時間が無い(サスガに三が日は無理かと)から行くとすれば年内は今日だけ。勉強せずゲームとTVを見て爆笑してる姿を見ると、ちと神頼みしないとダメなのかな-と親としては思う訳で。
e0155830_21593697.jpgという事で、仏滅だけど行って来ました。
『冬至梅』自分の誕生日が冬至。
桜咲くじゃないけど、梅咲くで一足早くの縁起担ぎってところでしょ-かね(無理矢理ですが・わはは)。

やっぱソコソコ緊張してるのか?絵馬を描きながら参拝日を書くはずの長男坊。ナニを考えていたのか?平成二十二年なのに、平成二十三年と記す(留年するつもりか?)、ついでに十二月を十Ⅰ(何故に?、ローマ数字のⅡを漢数字の横に書こうとしたのか?)。呆れながらも、とにかく直さないとゲンが悪い。ソコは無理矢理修正を加え(我ながら上手く誤魔化した)「本番は親が手直しすることは出来ないんだから、マジで大丈夫だよな-」と再確認していたら、隣で絵馬を書いてたどこぞのお母さんが笑ってた。

で、せっかく湯島に来たのだからと。
e0155830_2235897.jpgとある敷地内散歩中に見つけた、スカイツリ-の画。
しっかしココの建物って、何処を見ても洒落を通り越し芸術的な造りにはビックリしました。

e0155830_2263318.jpgその他の建物を見ても、計算された美しさがあるのはサスガだと。
「もしこの学校に入ってたら、今頃どんな生活してたろ-」と、想像するだけ無意味な東大ですけどココ(自爆)。安田講堂とか赤門をブログ用に撮るのを忘れてました(子供を入れて撮ってたんですけど「絶対入れないんだから意味ないでしょ!」って子供に言われた・わはは、もしかしてって事も・・無いか)。
1つ解かった事は、銀杏並木の落ちた銀杏が臭かった事(学生さんは大変だ・爆)。


湯島→東大→御徒町→アメ横と、散歩がてら師走の賑わいなるモノを、後学の為に子供に見せながら歩いてたら、お腹が空いたので昼食はココ。
e0155830_22153417.jpg伊勢ろくの親子丼。

e0155830_2217493.jpg味は美味しかったです。どちらかと言えば上品な味付けって言うんでしょ-か、個々の素材の旨みもそれぞれに引き立っていて良かったです。都内ってショバ代がかかるから味は適当で値段は高いって店が多いじゃないですか?(ソレが嫌な場合は初めから高級なお店の選択肢はありますが、無理っしょ・笑)。だからココは◎でした(但し、ランチタイムだけですよ・核爆)。
14時過ぎまで上野で遊んで、日比谷線経由で帰宅。
コレで一応親としてやれる事はやってあげられたかなと思いながら一安心。
まだ受かってないのにね(笑)。

e0155830_22193237.jpg帰宅後、メ-ルチェックしてたら届いているとの事で、セブンイレブンへ。
まだ読んでません。年末・年始にゆっくり読もうと思ってます(FFネタはコレだけ・失礼しました)。


長文、お付き合いありがとうございました-。
笑って読んでいただければいいかな-と(マジでノンフィクションですからね。特に絵馬は・核爆)。それに、やっぱ都内は疲れます。

コレで、今年度のブログを無事に終了することが出来そうです(サスガにコレで終わりです・笑)。

来る年が皆様にとって、より良い年となりますようお祈りし、今年1年の御礼とさせていただきます。

では!

[PR]
by dad1st | 2010-12-29 20:14
<< -謹賀新年- -ありがとうございました- >>