-支援のかたち-

-4月7日追記-
目の前にある危機。
昨日エントリ-した支援のかたち。
見て見ぬふりをするのは簡単だけど・・(今月も少しだけど募金はさせてもらったし)。
ただね-「目の前にある危機に手を差し伸べられるなら、ソレは当然行動すべきなんだ」と思うのは・・小説「砂漠」の影響が大きい(笑)。
e0155830_1813573.jpg『何もしない善人より、行動する偽善者でありたい』し(笑)。
今日、午前中は長男の高校の入学式。帰宅し昼食を食べてから即、地元のジョイフル本田で希望の支援物資を探し、奥とも相談しながら要介護の高齢者のオムツ、パッド等が不足と書かれていたので、男性にも流用できる女性用の尿取りパッドを店員さんにお願いして1箱ですが箱ごと買って、発送しました(コレでも足りないのは解かってるんですけど)。
さて、だからと言って、このブログを見にきてくださった方にソレを強要するつもりは更々ありません。自分も今月はコレが限界なので、次は来月にでも何らかの形で、必要とされる所へ支援が出来ればと考えています(但し、義援金だけになるかもしれませんけど)。
ただ、もし偽善が出来るのなら、皆さんご協力お願いいたします。
詳しくは下記、昨日のエントリ-を。



-支援のかたち-
今回の震災におけるボランティア活動の告知と言うか協力のお願いです。
とは言え、コレは増沢信二さんが瀬畑雄三さんから送られてきたメールを、ご自身のブログで紹介していたモノ。
ソレをこちらでそのまま告知させていただくだけなんですけど(少しは役立つか?)。

瀬畑さんは現在、日光中禅寺湖畔のホテル(アジアンガーデン、 レイクガーデン)にて、ボランティア・スタッフとして奮闘中。
そのホテル、今回の大震災によって避難を余儀なくされた被災者の方々を各家族単位で受け入れてくれているそうでして(ソレも無償)、瀬畑さん、ソコでボランティア活動をされているとの事。

※瀬畑さんのメール(原文)

わたしが「食事担当ボランティア」として参加しているのは
バングラデシュ人、アクタ-ルホーシェン氏経営、日光中禅寺温泉
『ホテル・アジアンガーデン』『ホテル・レイクガーデン』の2店です。

インド料理をメインにしているけっこう大きなホテルで、温泉は天然
イオウ泉掛け流しです。
素泊まり、通常宿泊ともに安価で釣り人、観光客には好評です。

現在は、福島県南相馬市からの被災住民、それも要介護の親等を
抱えた11家族39人をボランティア(無料)精神で受け入れ開放して
います。

自分がこれまでになったのは、日本人と日本国のおかげ、だからこそ
いま恩返しのつもりで被災者の方々を受け入れるべくいち早く、12日
には手を挙げ表明したそうです。見上げた度量です。

私もそんな行動に感銘し、釣友から話をうけた4時間後にはアジアン
ガーデンに即座に駆けつけ、微力ながらお手伝いをつづけています。
私個人もこれまで阪神大震災、中越地震、能登半島沖地震等にも
ボランティアとして参加、経験してますので少しは役にたっています。

避難されてきた方々は悲惨です。大地震、津波、放射能の3重苦
です。
とにかく、このたびの東日本大震災に遭われた被災者をできうる限り、
いろんなかたちで支援していただきたいと思います。
 瀬畑雄三


※何かしら力になれる事がある方、何か出来る事はないか?と考えていらっしゃる方のご協力、ご支援、宜しくお願いいたします(支援ペ-ジへ)。

自分も何か出来る事、考えます。
[PR]
by dad1st | 2011-04-06 13:14
<< -桜- -主観- >>