-増え続ける悪魔-

「今年の花粉は去年の□□倍です」と言う話が花粉の季節になると、必ず出てくる。
『じゃあ、花粉症と騒ぎ出した頃から比べたら、そこらじゅう花粉だらけじゃね-か』と思うのは、自分だけではないはず。
※実際は毎年言っているのでは無く、前年が少ない時の飛散量と比べての予想値なので、倍倍方式で増えてる訳では無いらしいんだけど(笑)。
e0155830_1255574.jpgコレ、読売新聞の社会欄に毎日載ってる積算の放射線量。
毎日、前日比プラスになってる。減らないんだよね-コレが。
大丈夫なのかよ東電。
因みに、さいたま市は0.055マイクロ・シ-ベルト、浪江町31490マイクロ・シ-ベルト(あまりの差に、どれだけ凄いのかすら解からない)。

見えないところで何が起きてるんだ?いったいどこまでいくんだ?と不安になる。
※調べてみたら、単位がマイクロ・シ-ベルトなので、数万だから即放射線障害にはならないレベル。ただ、新聞の数値の出し方はもうちょっと考えた方がいいかな?と。
参考までにコチラをご一読下さい(凄く解かり易いです)。


祈りそして偽善する。
Asian Garden支援ペ-ジ
[PR]
by dad1st | 2011-05-21 09:52
<< -釣り雑誌- -FFのブログ(っぽいでしょ)- >>