-願い-

親になってみて、初めて親の気持ちがわかるとは、その通りで・・(笑)。
今日6月30日と明日7月1日の2日間、地元幸手市の浅間神社では富士山信仰を受けて『初山』と言うお祝い行事が行われています。
富士山の山開きに合わせての行事ですので、日程の変更はありません。
平日の蒸し暑いさなか(途中、にわか雨)、我が子の成長を願いながら石段を登るママやパパ(平日なので圧倒的にママが多い)、お爺ちゃん、お婆ちゃんの嬉しそうな笑顔を見ると、コチラまでもが癒されます(ウチもやってるので、懐かしいです)。
何度かエントリ-してるのでご存知の方も多いと思いますが、自分が外様としてお世話になっている『夏祭』の町内行事ですので、当然リンク先に記されている「飴・ネギ・団扇」を自分達が売っております(テキヤではありません・笑)。
縁起モノとして長い間続いている行事(売りモノ)ですが、若い世代のパパ・ママにはあまり興味が無いのかな?昔は数セットとかザラにあったのが、今は昔の話になってしまってます。
ソレでも縁起モノだから1セットだけでも・・と、買っていかれるパパ・ママも少なからず居る所を見れば『やっぱ、親なんだな-』と。
お爺ちゃん・お婆ちゃんと一緒に来てるご家族は、パパ・ママが無関心でも、お爺ちゃん・お婆ちゃんが先ず買っていきます。
やはり孫の成長を願わずには居られないんでしょうね。
e0155830_23243532.jpg痰切飴・・富士山に登る時に喉を潤すためと言う口伝。コレだけを買いに来る人も居ます。団扇は後ろにいわれが書かれていたり、お子様の名前を入れる事が出来るので、いいけど、ネギが「ウチにあるから・・」と。ソレとコレは違うんですよと説明に一苦労(縁起モノなんだから・笑)。

本来は前年の、この『初山』以後に生まれたお子さんが来ますが、例えば数日前に生まれたお子さんとかだと、当然今年の参拝は無理で来年の参拝になります。
今日、一人のお婆さんが1セット買って行きました。相当高齢で、一人で参拝された様子(回りにご家族は居らず、手にお守りを持っていたところから、一人で参拝に来たと判断)。
無理しないで、来年みんなで一緒に来ればいいのに・・、それとも生まれたばかりで、まだ入院とかしてるのかな?お孫さん、遠くに住んでるのかな?などと、孫を想うであろうその姿に、思わず涙が出そうになりました(出なかったけど)。

オデコに朱印を押された赤ちゃん達が、幸せな人生を歩まれますように。


祈り、そして今日もコンビニでちょっとだけ偽善した。
[PR]
by dad1st | 2011-06-30 22:42 | | Comments(4)
Commented by EJ at 2011-07-01 12:44 x
痰切飴って懐かしい響き。子どもの頃家にあったと思います。
浅間神社は静岡にもありますよね。それででしょうか?

飴といえば子育て飴という水飴も懐かしいですが、日坂だったかどうか、そこらへんの「夜泣き石」というのと記憶の中で混ざってしまってぐちゃぐちゃ状態です。地元の文化に詳しいdadさんは偉いと思います。
Commented by dad1st at 2011-07-01 14:47
EJさん、こんにちわ。
アレルギ-、大丈夫ですか?
浅間神社と付く神社は皆コレ、富士山の浅間神社が御神体になるモノですよね。
地元の文化・・例えば御神輿なんかもいろいろあって、自分は腰痛の関係で現在は脱会してますが、以前は3箇所の愛好会に所属してました。ソレでもサスガに浅草の三社は担げません(ココだけは相当のコネがないと無理だし、下手打つとボコられるので・笑)。
自然と消えゆく伝統、どこまで残せるんでしょうか?今になって祖母とかに話を聞いておけばよかったな-と思ったりします。
Commented by EJ at 2011-07-01 15:57 x
神社とかお祭りとか、しきたりが難しそうですもんね。

アレルギーは回復しかけたところで、ちょっとしたミスを犯して、また
土偶になりかけています。馬鹿です。私の場合、シカに触れた物に触れただけでダメなんです。やっかいです。
Commented by dad1st at 2011-07-01 17:18
EJさん、こんにちわ。
アレルギ-、お大事になさって下さい。
今、埼玉県に雷・大雨警報が出てます(雨、バリバリ降ってます)。
返コメ途中で停電しました(コレ、2度目の返コメ・笑)。
お祭りのしきたりはほとんど無いんですよ。但し、年功序列と言うか、先輩と言うか、古参の方に対しては、きちんと礼儀をわきまえて接するって所でしょうか(若い連中の苦手な分野ですね・爆)。年下であっても自分より古くから参加してたり、直参の人間に対してもやはり同じく接しますが、サスガに敬語とかじゃないですけど(笑)。
ただ、外様であっても自分の方が年上ですので、相手もわきまえて接してくれるので、そういう事が出来る町内(マチウチ)が残っているかが伝統に繋がって行くんだろうと思ってます。
<< -お知らせ- -予定変更- >>