-ガネ-シャ-

Book Blog的なエントリ-が暫く滞っておりましたが、相変わらず乱読は続けております(笑)。
その中で世のお子様達にお勧めなのがコレ(2007.8月初版と古いですけど・苦笑)。
e0155830_214842100.jpg

『夢をかなえるゾウ』 水野敬也著 飛鳥新社。
ジャンル的には自己啓発本ですが(170万部のベストセラ-)、それだけのくくりで語るにはおしい程、得るモノは多いと思います(毎回出されるガネ-シャからの課題)。
最近文庫本化されたこの本、笑えるほどおかし中で、人生を学び、そして最後には人に優しくなれると思う(多分)一冊だと(思う)。
暇があったら、立ち読みして(させて)みて下さい。
世の大人達にも忘れていたモノを思い出させてくれる一冊となるはずです(多分・笑)。


祈り、そして偽善今だ続く。
[PR]
by dad1st | 2011-08-17 23:00 | Book | Comments(6)
Commented by 紫親父 at 2011-08-18 07:14 x
dadさん おはようございます
発売された当時、良く喋り方が似てると・・関西弁なだけ(笑)
「ええか? つまり・・・愛やん?」 あはは
Commented by dad1st at 2011-08-18 07:28
紫親父さん、おはようございます。
御存じでしたか!
確かに関西圏の方には違和感なく、ガネーシャの会話が出来る訳ですよね-(コレは音読してもらうに、最適かも・笑)。
口ばっかでその場しのぎな人生を(って、そればっかじゃないですけど・爆)、たまに再確認する意味でも、こういう本に出会うと立ち位置の修正にはなります(すぐ逸れちゃうんですけどね-・わはは)。
Commented by EJ at 2011-08-18 23:38 x
リンク先、いい言葉が並んでますね。
うちの子にはまだ無理そうですが、研究室の学生には読んでほしいなって思いました。とりあえず自分が図書館から借りてこなくっちゃ。
Commented by dad1st at 2011-08-19 07:18
EJさん、おはようございます。
まあ、単なる自己啓発本なんですが、この本が売れたのは単にこうすれば達成できるじゃなくて、神のくせに関西弁、そして関西お得意の突込み(ごもっともな)が入る点にあると思います。
それも痛いところを突く。
笑わせながらも内容は深い。
たまには「そうなんだよな-」と、解かっちゃいるけど再確認することも必要と、こんな本を読んでます。
さわりだけでも読んでみて下さい(笑えますよ)。
Commented by masuza~sha at 2011-08-19 11:34 x
『大丈夫だゾウ』なる本を保有。同じ著者かな?と思ったら別人でした。
イラストを我が仲良しが担当。元・彼女(ワハハ!)。
ここだけのハナシ、ソレ、全然おもしろくない。イラストはイイんですがね。「こんなんだったら、オレに書かせろや!」と。
それに対し、『夢をかなえるゾウ』はオモシロイ!共感多々。
『運が良いと口に出して言う』はその通りで。
“偶然”にも今、『運のいい人、悪い人~運を鍛える四つの法則~』なる本を読んでる最中。
さような本と“偶然”、縁をもったこと自体、「運が良い」わけで。
しかし、大阪弁、よろしゅうおまっせ!あくまで文字にすると・・・ですがね。
会話となると・・・・・ですがな、ホンマ。
Commented by dad1st at 2011-08-19 13:54
masuzawaさん、こんにちわ(「シャ」って付けてもガネ-シャには、なりませんから・笑)。
偶然とはコレ恐ろしいですね-(笑)。
「大丈夫だゾウ」・・なるほど、そのような本があったとは。
「夢をかなえるゾウ」・・『コレを読んで共感出来る人って、人としてまともな人だよな-』と自己啓発部分をを除いて、道徳的な観点から思いました。
そんな本なので子供達には、当然読ませましたけど(爆笑しながら読んでました・苦笑)。
「縁」・・運が良い、確かにです。
<< -メンタンピン- -お盆- >>