-パックマン-

『台風12号の影響で釣りにならないだろ-』と判断した自分(フフフ)。
「どっちにしても行かないだろ-(怒)」なる声が聞こえてきそうですが、正解でございますこと(わはは)。
そんな暇人な自分が遊んでいたのは・・。
懐かしの「パックマン」(爆)。
e0155830_16503712.jpg

超不細工なパックマンですが(失礼な・自爆)、コレがあると無いとでは、管釣りでの釣果が天と地ほどに違ってしまうのは、アラ不思議(但し、コレ用の毛鉤も必要ですけど)。
あと、コレは管釣りのみ有効なシステムですから(自然渓流では使いモノにならずです)。
本来はGRAINのラバ-ショットを買っちゃえばいいんだけど、コレ、製造してないらしい(ネットでは手に入るけど、送料出してまでは、ちと・・)。
なら、作っちゃうか?と、ショットをティペットに挟み、あり合わせのアクリル塗料(軟硬化&耐水)にドブ漬け。
数回繰り返して外せば・・ホラ、こんな感じに不細工だけど(苦笑)。

コレで、管釣りでは多分「爆」と表現される状態になるであろうと(笑)。
以前その「爆」状態に、すると・・、オ-ナ-さんは何気に声掛けてくるし、ルア-さんは寄って来るし・・。
そうなるとですね-、自分「嫌味なほど釣ってやろ-かな-」と、意地悪い部分が出て来るんですけど-、何か?(笑)。
で、管釣りには何時行くの?と聞かれれば・・全く予定なしで-(某有名FA、あと2回行けば1日タダ)。

祈り、そして偽善するけど、ちょっとだけ偽善を上げようかと検討中(釣りに行かないから、その分回せるかな?・笑)。
[PR]
by dad1st | 2011-09-04 17:14 | FF | Comments(4)
Commented by EJ at 2011-09-04 18:46 x
へえー、凄い。そんな手があったんですね。
やってみようかな。ニンフって好きじゃないんですけど、こんなに
かわいいのが出来るんなら好きになれるかも。
自然渓流でも使えるんじゃないですか?

養沢で痛い目にあったので、増水時には素直にニンフを使うのも
大事かな~と反省してるんです。
Commented by dad1st at 2011-09-04 19:06
EJさん、こんばんわ。
このアクリルカラ-は100均で買ったモノです(インジケ-タ-を自作した時に使った残り・笑)。
下塗り剤100円に一度漬けて、適当に乾いたらピンクに2度漬け位で、写真の数珠状態です。左側は適量が分からず数回ドブ漬けし乾燥を繰り返した結果、ショットの噛まし位置が分からなくなり(厚塗りし過ぎ)、アレコレやっての結果、不細工に(爆)。
ポンドのマスなら先ずコレに反応し、その直後に毛鉤に気づいて喰いつくらしい能書きがあるので(発案者曰く)、自然ではどうでしょ-ね-?毛鉤もアトラクタ-的なモノなので・・(いつか暇な時に渓流の深場ででも試してみます・何時になるかは不明ですけど・わはは)。
因みに、ショットに喰いつき、早合わせするとスレで釣れる事も多くあるので、ソレは嫌なんですけど(苦笑)。
Commented by EJ at 2011-09-04 21:32 x
ですよね~。ショットに食いつくとフックが口の外から内側に
向けて刺さったりして。あれがいやでした。でも気を引く目的
ならいいんじゃないかなと。ウェットの2本バリも似たような
ものでは?

いっそのこと裸のフックにこいつをつけて、その下にまじめな
ニンフをぶら下げたりして。トラウトガムならぬトラウト仁丹
なんちゃって。
Commented by dad1st at 2011-09-04 22:00
EJさん、どうもです。^^
わはは、仁丹っすか?上手くいっても売れないだろ-な-(爆)。
オレンジも誘目目的には有効ですね。結構喰ってきました。
ショットでありながら、この色だと、その下に毛鉤がある事が分かるので、ショットの動きで、シモリ的に合わせる事も可能かと思いますが、そこまでの技量は自分には無いので、憶測です(苦笑)。
<< -ああ勘違い- -住む世界が違いますが・・- >>