-Book-

2年越しで手に入れた「決壊」平野啓一郎著 2008.6刊 新潮社。
書評はこちら。
因みに、個人的にはバッドエンドは苦手と言う事と、精神病質的な描写が多いので、感化され易い方は読まない方がイイのかなと。
小説としての質は、ピカイチでした。
e0155830_12282528.jpg


2年越し・・古本屋で見つけ値段が下がるまでに、2年かかった。行く度に「売れてないよね-」と確認する自分には笑えるんだけど。
『ならば買えばいいのに-』と言われりゃそれまでですが、如何せん年間に読む冊数が多いのと、返却期日が決まっている図書館利用が嫌、最大の理由は蔵書したい場合に出来ないから・・と言うコトで折り合いがつく値段になるまで2年かかった(わはは)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-08-26 12:34 | Book
<< -完全・・・- -残暑お見舞い- >>