-読書しかやる事が無い?-

生憎の雨模様にうんざりしながら、2連休が終わろうとしてます。
お彼岸の中日でもある昨日は、激しい雨の中、仏壇にお線香を上げに来て頂いた親戚・縁者に感謝しながら、実家で読書。
本日も朝から止まずの雨、どこにも出掛ける気すら起きないので、ず-っと読書してました。
e0155830_1732842.jpg「あるキング」 伊坂幸太郎著
徳間文庫。
ここ最近の伊坂作品の特徴なのか?面白くないと言うか、無難って言えばいいのか?
やっと文庫本化されたので楽しみだったんですけど・・ちと不完全燃焼。

e0155830_17391475.jpg無理」(上・下)奥田英朗著
文春文庫。
社会派小説って言うらしいんですけど、確かに社会性を上手く描いた作品だと。
ただし、帯下に小さくある「この物語には、夢も希望もありません。でも笑える面白い」と言う一文は完全なる間違い

笑えると考えず、因果応報と言う言葉をあらためて知らしめる意味で、スッキリするモノでした。
サスガに直木賞作家だけあってラストでのまとめ方は凄いな-・・と(秀逸)。
しかし、自分には合わないかな?と。
じゃあ何で買ったのか?って思うでしょ?
パラパラと立ち読みしてた時点ではさして面白くないな-・・って感じだったんですけど、読みたい本が売って無かったと言う事もあって迷いに迷い、帯の一文に「この先面白くなるのか?」って期待しちゃいました(失笑)。

※コレも紹介なのでコメ禁としてます(悪しからず)。

禁漁だし雨だし、買いモノに出掛けても混んでるだろ-し、かったるいし・・ネガティブだし・・(自爆)、寝てるか読書位しかやる事が無い休日でした(勿体無いんですけどね-)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-09-23 18:05 | Book
<< -覚醒と睡眠のはざま- -本格的に- >>