-混雑の中のFF-

大芦川のどこを見ても餌師だらけ。
『何で?平日なのに?』と思ったら、7日~9日にかけて特設釣り場が解禁。
1500㌔(ヤマメ)の放流があったそうな・・(そりゃ来るわな)。
上流は画的に色気が無いので、下流の1コマ。
e0155830_16172862.jpg

いつものポイントに到着すると、既に釣り人の車が・・『さすが特別解禁の余波。追加放流して無いコッチにも人が・・。こりゃダメだ・・』と、もう一区間上がってみる。ちょうど準備中の数人のオヤジが・・(群馬ナンバ-ですからね-、そっちからわざわざ来る事に驚いた)。
紳士的に挨拶し、オヤジ連はすぐ下の堰堤に入ると言うので(そもそもココは脱渓点なので、オヤジ達のしてる事って頭ハネです)、その上から入る旨の断りを入れ入渓(前回と同じトコですけど・わはは)。
開始早々バラすバラす。今日は竹なんですけど(やっぱ腕)。

e0155830_2016035.jpg上流、色気無いっしょ(笑)。
大岩の手前、左右の流れが合流するトコから出た(ソコソコ深いから出ないと思ってたけど、3回流したら出た)。
前回よりは大きくなったか?尾ビレがデカくてちょっと引いたけど・・。
e0155830_16315870.jpg

『さ-てこれからだ』と、釣りを再開しようとしたら人影が・・。
あらら・・、頭ハネですか?影を追いながら毛鉤を落とすも当然出るはずが無い。餌師が狙わなそうなトコロを叩いても出ない(腕ですな)。
やっと追いついたら、餌師じゃなくてルア-屋だった。
『どこから入ったの?自分、下の堰堤から上がって来たんだけど・・』と話すと「○○のトコロから・・」。
<ソレって入渓ポイントじゃね-よ、ショ-トカットして脱渓するトコだよ>と心の中で叫びながら、紳士的に『自分、荒らさないようにこのままそ-っと抜けるから、一拍置いて釣って来なよ』と、道半ばで脱渓(マジでちょうど半分位の場所)。
糸が切れたので、そのまま帰路についた事はは言うまでもありません(と言うより、ほとんどいつものパタ-ンですけど・笑)。
抜ける途中、良さそうな流れを見ては『石を投げるか?ちょっと叩いてみるか?』と思ったのは言うまでもありませんが悪戯せずに脱渓しました。

※めずらしく釣りが続きましたが、そろそろ無理かな。次の釣行は未定です(って、前にも言ったような気がしますが・・苦笑)。


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2013-04-10 16:57 | FF | Comments(6)
Commented by EJ at 2013-04-10 20:59 x
きれいなヤマメ、いいですね~。
関東あたりでは頭ハネは電車の席取りみたいなゲーム感覚
なのでしょうか?
ケンカをしないdadさんが立派です。
Commented by kom2002 at 2013-04-11 07:26
なかなか良いヤマメですねぇ〜♬
大芦の場合、何処からでも入ろうと思えば入れちゃうんで、こういう事って、ある程度諦めていないとしょうがないですよね。

大滝の上流や蕗平なら頭ハネされない良い所あるんですが、休漁区になっちゃいましたからねw 2年おきに解放する筈だったのに、その後、全然開かれませんからね。僕はこの2箇所が特に好きだったので、それ以来年券を買うの止めちゃったんです。
Commented by dad1st at 2013-04-11 08:01
EJさん、おはようございます。
出た瞬間「頼むからバレないで---」と(笑)。

頭ハネ・・なんなんでしょうね?何も考えてないのかも知れませんよ(餌師に関しては)。
餌師を見てて思った事・・どうしてイスを出して酒宴してるのか?(溺れたら危ない)。等間隔で並んで釣りしてたんですけど、鮎とかは抜かれるとそこに次の鮎が来るから大丈夫って聞いているので理解出来るんですが、ヤマメって放流だったら抜かれて場が荒れても怖がらずにたまってるんですかね?良く解からないです。そうだとしても、良く喧嘩にならないな-と思いました(みんな友達って事は無いと思うんですけど)。
餌とフライは流す場所が違うから・・と良く言われますが、やっぱ上を見たらいつの間にか釣り人が居たと言うのは勘弁です(せめて挨拶位してくれればと・・)。
まあ、結局は↓のkomさんの仰る通りで諦めるのが、大芦の立ち回りなんでしょうか(鮎の時期、平日になればガラガラですから、今だけの我慢です・笑)。
但し、行ければの話ですけど(わはは)。
Commented by dad1st at 2013-04-11 08:11
komさん、おはようございます。
寄せた瞬間、尾ビレがでかくて厚いのにビックリ。流れの重いトコに居たからこうなるのかな-と思いましたが、個人的にはkomさんが釣った様な尾ビレのヤツが好きです(笑)。
東で教わったトコでも途中から入って来てましたから、入る人はどこからでも入るんですね-(アレには驚きました)。
帰路、他所のお宅の横に「川入り口」の手書きの看板が立ってました。初めて見ました。畑や屋敷内を通って入渓する人が多いんでしょうかね?
どこからでも入れるって事は、区間を短く区切って叩いて行くって方法も当然可能なんですけど、異動の為に車に乗っちゃうと帰りたくなっちゃうんですよね-、自分(わはは)。
まあ、できるだけ上に逃げて釣りしてます。
Commented by Caddis at 2013-04-19 11:50 x
こんにちは、お久しぶりです。
良いヤマメですね。早くこんな良いやまめを釣ってみたいモノです。
ちなみにまだ行けてませんが。。。。。
そういえば以前イナガキのテュフォンの板ばね交換ようやくだしましたが戻って来たものは前となんら変わらず(泣)
問い合わせたところギアの寿命が縮むのでお勧めできないと言われました。。。。修理にだした意味が無いので強くしてもらう為に再度修理です。
以前のブログでサイドプレートの文字が治った様でしたがどの様にばらしたのか教えて頂けないでしょうか?
メカには物凄く弱いもので(笑)
これからも楽しみに拝見してますね^^
Commented by dad1st at 2013-04-20 13:52
Caddisさん、こんにちわ。
ご無沙汰しております&こんなブログに御訪問下いただき、感謝しております(爆)。
テュフォンのプレ-ト・・後でUPします。暫しお待ち下さい。
<< -先日発売- -暑かったFF- >>