-祭シーズン-

今日は雨の中、電線張り(提灯付とも言います)。
祭りに欠かせない提灯を電柱毎に番線で固定し、一定距離を伸ばしながらで電力を確保していきます。
まさかこの雨の中、やるのかな -と、子供に聞かれ、若い衆へ確認の電話を入れたのが運の尽き。「やりますよ-」と。
『子供達だけ行かせるから、俺はいいだろ?』の言葉もむなしく「ダメですよ、ちゃんと来て下さいよ-」と言われ、仕方無く雨の中準備に向かう。^^;
カッパを持って無いので、以前、渓用に購入したユニの撥水性のあるウィンドブレーカーを持参。
さして効果も無く、びしょ濡れと相成りました(笑)。
昼飯を挟んで、15時で終了。
一応の面倒な作業は終了。残すは月末の「浅間様」の行事の手伝い。
来月は神輿に始まり(自分は腰が痛いので不参加)、山車と続いて、地元の夏が終わります。
さて、祭りに参加足て30数年がたちました。
当時、小・中学生だった地元(譜代)の子たちも既にいい歳となり、祭りの中心で動いてくれています。
息子達も何とかその輪の中で試行錯誤を繰り返しながら、外様として成すべき事を探しながら楽しんでいます。
そろそろ、自分が下がる時期が来たみたいです。
コレもしかたの無いコト。
寂しい様な、重荷が無くなった様な・・、やっぱ寂しいかな(わはは)。
今年を最後で引退できるか、幹部に確認してみます。
今日の電線張り、コレは自分が加入した時に教わった最初の準備仕事です。
ソレを息子達と出来たのも何かの縁だったのでしょうか?ネ。
 
※文章のみで失礼しました。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2014-06-22 22:09 | | Comments(6)
Commented by EJ at 2014-06-23 07:50 x
またこの季節がやってきたんですね。
1年って早いものですね。
今年は親子のイケメンそろい踏み写真はないんですか?
Commented by dad1st at 2014-06-23 09:26
EJさん、おはようございます。
わはは、若い衆って言い方ですが、自分の年齢でも参加してる限りは言われるんですよ。
でも、サスガに20~30代が台頭してくると、逆に違和感を感じてしまいます(邪魔なうるさ型と言われてしまう・笑)。
まあ、そんな訳でそろそろ潮時かと思うんですけどネ-。
今年の参加を最後にすれば40代最後まで祭りに出てた記憶は残るので、コレで良しとしますかネ(上に聞いてみないと解りませんが)。
Commented by kom2002 at 2014-06-24 06:25
地元に密着した生活の最たるものが祭りなのかもしれませんね。

僕はdadさんが羨ましいですね。
僕の住む町は昔から住んでいる人が、細々と続けている収穫祭くらいしかありません。旧市街に住んでいる人は鹿沼の彫刻屋台が有名な祭りがありますが、我々の住む町には屋台も何も無い。。。お囃子が一部あるようですが、そんな情報も一部の人しか加われない様な雰囲気ですしね。都会の人に参加を求めて人を集めたりしてますが、我々のような中途半端な地区に住んでる身としては疎外感があるんですよね。

子供に伝承する祭りの仕来りも羨ましい。
凛々しく育つ息子の晴れ姿は感動ものでしょう♫
Commented by dad1st at 2014-06-24 18:25
komさん、こんにちわ。
実は自分のトコロも山車のある地区じゃないんです。
あるのは神輿だけで、年1階の渡御はありますが、腰痛持ちの自分は、とうに退いて居ります。
地元の祭りでありながら、神輿は新興住宅やマンションの方たちの協力なしには開催は厳しい。それだけ、土着した地元の人間が減ってるんでしょうけど。
山車はツテで十代から参加させてもらってます。
何度かブログにも記しましたが、外様の自分達はどこかで身を引かないといけないんですよね-。
ただ、長く外様をしているので、ソコソコの力あり(笑)。
子供達も赤ん坊の時から祭りに参加させていたので、大丈夫そうです。
肩で風を切って、粋がっていた遠い日々が懐かしいです(笑)。
Commented by nori at 2014-06-24 20:29 x
素敵な、そして考えさせてくれるお話をありがとうございました。
仕事でも、だんだんやりがいと実績が目に見えるようになってきて、がむしゃらに取り組みのだけど、ある日ふと後ろを振り向いてみたら、後続の後輩たちがしっかり働き始めている、以前そんなことを目の当たりにしたことを思い出しました。
それにしても、しっかりとご地元に根ざした生活を送られていて、転勤族の小生としては羨ましい限りです。
Commented by dad1st at 2014-06-25 18:02
noriさあん、こんにちわ。
いや-、お恥ずかしい限りで申し訳ありません。
気持ちだけは若いつもりなのですが、気付くと・・仰る通りですネ。
最近の流行語にマイルドヤンキ-なる言葉があります。
まあ、良く言えば地元密着、悪く言えば井の中の蛙ってトコロでしょうか?(笑)。
そんな人生ですから転勤なんかあった日には「無理」と即お断りしたいと(ソレ自体、無理なんでしょうけど)。
なので、noriさん凄いって思います。
<< -FF7回目- -お父様の日- >>