-東北青森の冬-

e0155830_14322042.jpg既に明けてしまいましたので・・「本年も宜しくお願い致します」。
新青森駅にある津軽塗の青森県。
マジで欲しいが相当高いだろ-し、掛ける壁もない(わはは)。

e0155830_1245756.jpgと言うコトで、昨晩無事に帰宅しました。
見ての通り、青森市の年末・年始の風景。
TVで良く見てるので、これ位は当然と思ってはいたものの・・。
サスガに多いですネ、雪。

e0155830_1251964.jpg翌朝より除雪作業(自宅周りは自分でする)開始。
「ゆっくり休んで・・」と言われても、その為に来たので・・ネ。^^
翌朝は6時から開始。
最初は然程苦にならずにサクサクと。
結構綺麗になるのだが、アスファルト上の氷の膜までは取り除けず、残念(お湯をかけたくなった・凍るけど)。

e0155830_12542291.jpg晴れ間が見えるんですけど、その下の黒い雲が雪雲。
晴れ間はほんの一瞬だけで、すぐに雪が舞ってくる。
絶対に晴れ続けないのが不思議。
「雪時々晴れ」が正解と言うほど雪ばっか。
降る雪はサラサラのパウダ-スノ-。
スキ-場のような素晴らし雪質に感動(万座みたい)するのは一瞬ですけど(苦笑)。
アウトドア用のシュ-ズを履いて行ったけど、役に立たず。それじゃダメだよと近所の人に言われる(大丈夫だと思ったのだが・・)。

e0155830_1259846.jpg数分でこうなる。
マジで数分でこうなってしまうだけに、余計に頭にくる(せっかく綺麗にしたのに・・怒)。
コレの繰り返しだから体がもたない否、モチベ-ションが下がる。
さて、この除雪作業、暇さえあれば降っている状況で、どこでどう計画を立てて作業するのかを聞いたところ、一回量を少なく頻回、頻回じゃないけど量が多いか・・どちらを選択するかはそれぞれの家の考え方らしい。とは言え、高齢者が多量をこなすのは正直キツイから、必然的に少量頻回となる。

e0155830_1334837.jpg少量頻回でまとめた雪は、側溝に捨てるのだけれど、地区によって水が流れていたりいなかったり(コレは行政の問題)。
流れていれば雪が解けるが、流れていないから自然に溶けるのを待つ。
待っても溶けなければ路肩に積み上げる。
路肩がいっぱいになると、家の敷地に積み上げる。
よく家が雪で埋まってる画があるけど、青森は路肩の雪をどかすために家が埋まる感じか・・。

e0155830_1374283.jpg雪に埋まり過ぎれば家に与えるダメージ(雨戸が無いから直接窓が割れる)が大きい。
じゃあ、どうするかと言えば、近所の人でトラックを持っている人にお願いし海へ捨てに行く(海はタダ)。
トラックに積む作業がまたキツイ(1回の運搬・廃棄で¥3.000-也)。どうにかならないのか行政!(と言うコトで、市役所にメ-ル入れときました)。
2時間ちょいかけて、2トントラック3回分、腰高の窓のちょっと下位までを何とか終わらせ、ギブアップ(わはは)。
やはり家が見えるのは気分が良く・・と思ったら、今月末からまた大雪となるので、家の前→側溝→道路わき→敷地内→トラックと同じことが春まで繰り返されるとのコト。
正直、コレは自分でもキツイし鬱になる。

e0155830_13133920.jpgすぐ横を走る県道。
除雪車が夜中に作業をしているが、そこから右折した瞬間、写真の1枚目となる。
県道は県が除雪、国道は国が除雪、市道は高齢者が除雪って-のはいかがなモノか?。
夏の祭りとは真逆の青森の姿を目にし気分が鬱になりました。

e0155830_1318405.jpg県道280号脇の歩道。
車道が見えない。
だから、県道に出るのは凄く怖い。
昼間に車で出ようとしても、雪の壁が邪魔で車が来ても全く判らない。少し前に頭を出してもソコは既に道路ですから・・下手すりゃドン!。
夜はライトが判断材料になるので何とか・・それでも危ないのは変わらず。滞在中、写真の位置で正面衝突がありました(マジです)。地元の人が事故るんですから、関東の人間は尚更無理でしょ。

e0155830_13353452.jpg雪に押されない対策。コレで大丈夫なんですネ-(ビックリ)。
写真手前の腰高窓の下50㎝位は大晦日に削ったんですが、年明け2日にはまた家に押し付ける形で一時凌ぎをせざるを得ませんでした(ちょっと写ってる部分)。

e0155830_13242932.jpg寝る前に一度片づけて就寝。朝6時前になるとどこからかガリガリと雪を削る音が聞こえ、慌てて起きて外に出ると既に義母が雪かたしを始めている。近所の人も出てきてそれぞれの家の前をやっている。
自分も一緒にやって、綺麗になったと思えばまた雪は降る。
美味しい夏の青森しか知らない自分にとっては、サスガにカルチャーショック並に頭にガツンときました。
たった4間のお手伝い、「助かりました」とは言われたが、ソレでも何かが心に引っかかっています。

青森県の膨大な除雪費用、青森市の財政悪化、人口減少、流出・・冬さえなければとの思いは尽きない、初めての冬の青森でした。


と言うコトで、青森のお土産話は暗いモノになってしまいましたが、娘と孫が雪かきの手伝いに来た事はきっと喜んでくれたコトでしょう。
「次は夏にお邪魔します」と青森を後にしました。

新年早々、長文のお付き合いありがとうございました。
[PR]
by dad1st | 2015-01-04 12:47 | 記憶 | Comments(6)
Commented by EJ at 2015-01-04 22:08 x
うーん、これでは観光どころではないですね。
お疲れ様でした。
こんなことを日常的にこなしておられる北国の
方々には頭が下がる思いです。

ともあれ今年もよろしくお願いいたします。
Commented by cyclonengine at 2015-01-05 11:20
dadさん、明けましておめでとうございます。
おぉ!E5系はやぶさ…じゃありませんか〜。これ乗ったんですよねぇ、羨ましい限りです(乗り鉄でも撮り鉄でもありませんが新幹線車両は全部…ことのほか“E5系”と“E6系”が好きです)。
雪かき、お疲れさまでした。昨年12月18日(だったかな?)未明より降り積もった雪21センチを雪かきした身としてはご苦労が身に染みます。自宅は東南北と三方向が道路なのではっきり言って半日倒れました(笑)。21センチでアレでしたから雪国の方々のご苦労は計り知れないなぁとそのとき思った次第です。今年の年末も是非お手伝いに奥様の実家にお出かけくださいって無理なお願いですか?
Commented by kom2002 at 2015-01-05 12:00
今年も宜しくお願いします♬
いやぁ〜 凄まじい雪ですね。
ちょっと雪が降って雪掻きしただけで腰が痛くなる自分には、雪国に住む資格はないなぁ〜 なんて思いましたね。

雪景色が好きで写真はよく撮りに行きますが、そこで生活する大変さは住んでみなけりゃ本当の所は解らないって事でしょうね。

ご苦労様でした!!
Commented by dad1st at 2015-01-05 18:01
EJさん、こんばんわ。
殆ど雪片付けとTVでした(笑)。
子供達と感じたコトなんですが、1日が長い。約2時間は長いと感じてました。埼玉じゃあ「もう夕方かよ」ってなるところ、「まだ、〇時なの?」って。
コレは夏にも感じた事で、東北の風土がそう感じさせるんでしょうかね?
お蔭で、昨日最終日の休みは、1日が終わるのが早かったです。
本年も宜しくお願い致します。
Commented by dad1st at 2015-01-05 18:07
cyclonengineさん、明けましておめでとうございます。
新幹線・・この色に抵抗があったのですが、意外や意外、傍で見るとこのグリーンは綺麗でした。
座席数(片側3と2)を知らなかったので、並びで4席取ったら、隣に知らない人が居ました(当然ですが)。
こういう時に、電車が苦手な人間は苦労します。
雪かたし・・痩せるだろ-と頑張ってきたんですが、5.5キロ太って帰って来ました(マジでビックリを通り越してガックリでした)。
なので、今年度末は行きません(わはは)。
Commented by dad1st at 2015-01-05 18:10
komさん、明けましておめでとうございます。
凄いでしょ、自分もここまでとは思わなかったです。
何度片づけてもすぐに積もる。
思わず「ふざけんなよ」と天を仰いだらもっと降ってきた(笑)。
仰る通り、東北に住むのは並大抵の覚悟がないと無理だなと、改めて埼玉でよかった-と感じ入った次第です。
本年も宜しくお願い致します。
<< -briefcase購入- -本年もありがとうございました- >>