-Part1 自作する-

結構前にエントリ-したカラ-ショット。
e0155830_21264362.jpgGRAINのRUBBERSHOT。
もうすでに生産中止だと思って諦めてたら売ってたと言う、サスガは老舗。
コレは管釣りで数を釣りたいときにだけ使うアイテム。島崎憲司郎氏のクロスオ-ストリッチも超釣れますが、コレを使ったシステムは釣れるを超えて「獲る」と言う表現がピッタシ。

e0155830_2136868.jpgさて、このSHOTですが、10個入りで525円(消費税きっと5%ですネ・良心的)。
高いと言えば使い捨てなので高いと言うコトで、以前もエントリ-した自作を、今回も思い出した様にちまちまやって居りました。

e0155830_21394194.jpg同じようなサイズのガン玉に、アクリル系の水性塗料で下地のコーティング。
あんこ玉の様で美味しそうに見えます。

e0155830_21411262.jpg乾燥したら次はカラ-塗装。パックマンの口を下にして乾燥させると、剥がす時に口の部分が台紙にくっついて剥がれるので、ティペットを挟む部分は生きることになります。但し、そんなに綺麗には行きませんが、使用には耐えます。塗料は100均なので、コスパは自作の方が上。乾燥しては塗り(ドブ漬けですけど)を各2回位繰り返し、ちょっと修正するだけです。ただ、1回の作業時間が5~6分、乾燥を待つ間が面倒なので、数日に分けて自分はやります(まあ、ドライヤ-で乾燥でもいいんでしょうけど・笑)。

e0155830_21434064.jpg強者どもが夢の跡・・悲惨な状況になっていますが、硬化しないうちであれば、水性ですので洗って落ちます。


で、使い方については後日エントリ-します。
「獲る」意味も説明しますネ(あまり期待はしないで下さい)。
[PR]
by dad1st | 2016-02-12 21:48 | FF | Comments(6)
Commented by EJ at 2016-02-14 08:42 x
前回のエントリー覚えてますよ。
獲るって表現がすごいですね。ところでこの台紙はどんなものを使えばきれいにはがれるんですか?シールの台紙のようなものとお見受けしましたが、たとえばクッキングシートみたいなのでもいいのでしょうか?
絵の具はアクリルですか?100均で思いついたんですが、マニキュアでもいいんですかね?
ちょっと自分でも作ってみたくなりました。
Commented by dad1st at 2016-02-14 10:22
EJさん、こんにちわ。
連続投稿、読んでいただき感謝です。覚えてるって事はこのタイトル時だったのかな-?
さて、台紙ですが、吉見屋さんの袋です(笑)。
ちょっとツルツルしてます。和紙みたいに繊維に浸みこみそうな材質でなければ大丈夫そうですよ。
最悪でもアクリル系の塗料ですので、パックマンの口だけ何とか出来れば良いので、カッターとか薄いモノでこじってます。
マニキュアもアリかも?でもこんな派手なのご自宅にあります?
EJさん、マニキュア買いに行くんですか?捕まりますよ(爆)。
Commented by EJ at 2016-02-14 11:37 x
むかしシカの個体識別用に100均でマニキュア仕入れて、捕まえたシカの爪にぬってリリースしたことがあるんです。そういう大義名分があるときは不思議と緊張しないで購入できるもんです(笑)。なので今回もそういう目的だと自分に言い聞かせて行けばおどおどしないで買えるかなと。もちろん100円のに限りますよ。化粧品屋なんか絶対行かない、行けない。^^;
Commented by dad1st at 2016-02-14 11:46
わはは、そうですネ。
でも、学生さん持って無いですかね?
基本、そんなに使うモノでもないので・・。とりあえず派手な色なら大丈夫かと。自分も暇にまかせて20個位作りましたが、まず使いません。
ついでにピーコックボールもそんなに使わないです。クロスオーストリッチと同じで、相当ボロボロになっても釣れるので・・。
いくつか送ってもいいのですが、それほどの品では無いので・・(わはは)。
Commented by EJ at 2016-02-14 15:17 x
妻が100均に行きたいというので、一緒にでかけて
アクリル絵の具を買ってきました。
マニキュアはおしゃれな中間色が主体で、ド派手な
ショッキングピンクはなくてあきらめました。
下地に透明の塗料を塗るのは何か理由が?
いきなりピンクだと乗りが悪いんですか?
透明が見つからなかったので、とりあえず白とピンク
を買ってきました。これでいけますかね?
Commented by dad1st at 2016-02-14 16:04
マジですか?効果無かったらどうしよう・・(汗)。
で、透明なヤツはピンク色の定着用の液ですので、無くても平気だと思います。
発色を考えれば、白を先に塗り、乾燥したらピンクの方が、厚みと見た目がラバーショットっぽいと言うだけですけど・・、直接ピンクでも色は綺麗に乗ると思います。各2回位重ねなくとも、1回で大丈夫だと思います。注意点は、ガン玉のパックマンの口を先に大きめに開いておかないと、その部分も硬化(アクリルなのでやわらかいですけど)して、ガン玉の役をしなくなります。乾燥させるときは口が下です。下手をすると口側がベロって剥がれて、アララ(本物は口の中も塗装されている)となりますが、そんな時は先のとがったもので、中を塗れば大丈夫です(ティペットを傷つけないと言うのが本物の売り)。面倒なら不要ですヨ。
そんなに綺麗には行きませんが、カラーショットの役はこなしますので、試してみて下さい。
あと、使用中に場合によってガン玉がズレてきます。釣れなくなる最大の理由がガン玉がズレて下がってきてしまい、毛鉤のすぐ傍にあると言う事(経験上)。
絵の具、思いっきり余りますが(笑)、何かに利用して下さいネ。自分のトコもまだまだ余ってますから・・(笑)。
マジで、送れば良かったです。
<< -Part2 獲れる- -お上りさんです- >>