-ホローボディー-

e0155830_12191863.jpgブログで仲良くさせて頂いているEJさんからホローボディーの制作キット(お手製)が届きました。
何年経ったでしょうか、雑誌で初めて見た島崎さんのホローボディーはそれはそれは驚くほど妖艶で圧倒された記憶は今でもあります。
が、その制作過程は、意外と面倒であり、そしてキットも高かった為(コレマジ)、自然と視界から遠のいていく形となりました(そりゃそうでしょ。ソレに当時は大型のモンカゲ辺りのタイイングパターンがメインでしたから、小渓流での釣りに使おうとまでは自分考えなかったし・・)。




e0155830_12322285.jpg写真のホローボディーはその面倒な部分と金銭的な部分を取り除いたEJさんの試行錯誤の結果生まれたボディー。
この方、職業柄なのか凄い研究熱心な方でして、決して1つの考えだけにとらわれない思考過程の持ち主なんですネ。なので今回この形に行きついたのですが、それとて昨日今日、ちょっと頭に浮かんだからではなく何年もかけて結果を出すという、やっぱ研究職なんでしょうネ(笑)。
そして生まれたのが、高価なツールが無くても、ぶっちゃけ簡単、安価にホローボディーが出来てしまう方法に行きついたという訳ですナ(笑)。
とは言え、大型のモンカゲが出るトコでは釣りをしない自分なので、結局ホローボディーは不要と考えることもできるのですが、北関東でも例えばマエグロとかはソコソコ大きい種です。そのボディーは大きくてボッテリとしてて気持ち悪い(正直者)。
このボディーもそこらに落ちてりゃ気持ち悪い(良い意味で、サイズも当然キャパ内)。
e0155830_12423552.jpg問題はどんなパターンがいいのかが解らない。
今まで迂回して来たので全体のバランスが計算できないんですネ(汗)。
頂いたコレをどう扱うのか?とりあえずブログでお礼をと、開けてみたら取り付け方の説明エントリーが既にされてました(さすが教育者と・笑)。
適当な材でウイングを切り出して取り付けたり、CDCを多めにつけたりしましたがイマイチ。
TMCのカタログ、シマザキソフトドレイクを見つけ、ハックルスタッカーで行ってみようと、久しぶりにタイイング方法の確認をウェブでしてたらEJさんのトコが出てるし・・(サスガ教育者・爆)。
とりあえず、数本色を変えて巻いてみました。



e0155830_12494920.jpgこちらはEJさんとのコメントのやり取りの中での1本。
こんな感じで更に数本巻いて・・。
今朝6時30分に一路大芦へ。
しかし、天気はあいにくの小雨混じり。ついでに鹿沼の天気もイマイチだったので、古河でUターンし帰宅。
現在に至って居りますので、結果は後日・・。
釣れない場合は「腕」ってことを先にお伝えしておきま!

[PR]
by dad1st | 2017-05-27 13:31 | FF | Comments(2)
Commented by EJ at 2017-05-29 19:21 x
dadさん、こんばんは。
お褒めにあずかり光栄ですが、釣れてなんぼの毛ばり
ですので、ぜひ実戦で使ってみてください。
こちらと違って関東の激戦区だと魚がスレてて、先っ
ぽをつまむ程度の食い方しかしないこともあろうかと。
そんな場合のタイイングも近々公開しますので参考に
なさってください。
Commented by dad1st at 2017-05-29 19:25
EJさん、こんばんわ。
いえいえ本心ですから(笑)。
釣果の程は暫しお待ちください。
次のエントリー、楽しみにしてます。^^
<< -ゆるぽちゃリタ-ン- -言い訳出来ないですナ・下手さ- >>