2012年 02月 11日 ( 1 )

-ジャ-ナリズム-

10・11・12と3連休。
10日は職場のゴタゴタに嫌気がさしてたので、急遽無理やりの有給。
普通通らないんですが、通した(で、浅草に行った)。
無用の休暇だけど、職場から離れられる分だけ気分は楽だと。(逆に出勤日が嫌だけど・笑)。
今日は所用を済ませた後に先日購入した本の残りの部分を一気に読んだ。
e0155830_20232475.jpg

「国家の恥」 上杉 隆著 ビジネス社。
昨年末に書店で見かけて以来、古本市場に出回るのを待つも出やしないので、買った(笑)。
3.11の震災・原発対応などの裏に隠された真実を鋭く追及しながら、ジャ-ナリズムとは何なのか?真の報道のありかたとは?と、ジャ-ナリスト諸氏に訴える渾身の作品(と思う)。
とは言え、第2章小沢一郎氏あたりから最終章までは・・・・どんなモンでしょ?って感じは否めない(尻切れトンボ・・と個人的には)。
但し鉢呂前経産省の「放射能つけちゃうぞ」発言は虚報だった!には正直驚いた。
嘘なんだってアレ(詳しくは立ち読みでもいいのでして下さい)。

メディアはアホだなと思った一冊(ソレに騙された自分たちも、アホだと思った)。
そして「自由報道協会」には、誤る事無く、正しい報道を国民に届ける媒体(信に価する)となって欲しいと、強く願うばかりです。
[PR]
by dad1st | 2012-02-11 21:08 | Book | Comments(4)