カテゴリ:FF( 204 )

-ホローボディー-

e0155830_12191863.jpgブログで仲良くさせて頂いているEJさんからホローボディーの制作キット(お手製)が届きました。
何年経ったでしょうか、雑誌で初めて見た島崎さんのホローボディーはそれはそれは驚くほど妖艶で圧倒された記憶は今でもあります。
が、その制作過程は、意外と面倒であり、そしてキットも高かった為(コレマジ)、自然と視界から遠のいていく形となりました(そりゃそうでしょ。ソレに当時は大型のモンカゲ辺りのタイイングパターンがメインでしたから、小渓流での釣りに使おうとまでは自分考えなかったし・・)。




e0155830_12322285.jpg写真のホローボディーはその面倒な部分と金銭的な部分を取り除いたEJさんの試行錯誤の結果生まれたボディー。
この方、職業柄なのか凄い研究熱心な方でして、決して1つの考えだけにとらわれない思考過程の持ち主なんですネ。なので今回この形に行きついたのですが、それとて昨日今日、ちょっと頭に浮かんだからではなく何年もかけて結果を出すという、やっぱ研究職なんでしょうネ(笑)。
そして生まれたのが、高価なツールが無くても、ぶっちゃけ簡単、安価にホローボディーが出来てしまう方法に行きついたという訳ですナ(笑)。
とは言え、大型のモンカゲが出るトコでは釣りをしない自分なので、結局ホローボディーは不要と考えることもできるのですが、北関東でも例えばマエグロとかはソコソコ大きい種です。そのボディーは大きくてボッテリとしてて気持ち悪い(正直者)。
このボディーもそこらに落ちてりゃ気持ち悪い(良い意味で、サイズも当然キャパ内)。
e0155830_12423552.jpg問題はどんなパターンがいいのかが解らない。
今まで迂回して来たので全体のバランスが計算できないんですネ(汗)。
頂いたコレをどう扱うのか?とりあえずブログでお礼をと、開けてみたら取り付け方の説明エントリーが既にされてました(さすが教育者と・笑)。
適当な材でウイングを切り出して取り付けたり、CDCを多めにつけたりしましたがイマイチ。
TMCのカタログ、シマザキソフトドレイクを見つけ、ハックルスタッカーで行ってみようと、久しぶりにタイイング方法の確認をウェブでしてたらEJさんのトコが出てるし・・(サスガ教育者・爆)。
とりあえず、数本色を変えて巻いてみました。



e0155830_12494920.jpgこちらはEJさんとのコメントのやり取りの中での1本。
こんな感じで更に数本巻いて・・。
今朝6時30分に一路大芦へ。
しかし、天気はあいにくの小雨混じり。ついでに鹿沼の天気もイマイチだったので、古河でUターンし帰宅。
現在に至って居りますので、結果は後日・・。
釣れない場合は「腕」ってことを先にお伝えしておきま!

[PR]
by dad1st | 2017-05-27 13:31 | FF | Comments(0)

-言い訳出来ないですナ・下手さ-

e0155830_20443927.jpg前回の釣行でリ-ルが落ちるというコトが判明。
なので、100均でマジックテ-プを購入。
1㎝×50㎝、黒・白・蛍光グリ-ンの3色入り108円(黒以外は要らなかったのですが、セットなので・・)。
本日は天気もいいし、リ-ルも落ちないし、イイ感じと釣果妄想をしながら、イメ-ジ先行で東沢へ。







e0155830_20521605.jpg新緑が眩しい中、軽快にロッドを振る。
東沢に続き午後からは西沢を叩く(オヤ?)。
今日の水量は前回の倍近く、遡行に苦労させられた。
そこで思ったのですが、40代前半は滑って「危ないな-」程度。
その後に「手を着きだし、ロッドが岩に当たる」。
更に50代になった今「手を着き、ロッドを打ちつけ、着いた手足が捻挫しそうな方向に曲がり出す」。
もう少しするとQQ車騒ぎになるのだろうか?ちと恐ろしい。




いつもなら16時には自宅にいる自分ですが、本日は大芦を16時過ぎに出たために帰宅が19時近くになった。
奥が「溺れた」と心配し電話が入る位、長居してしまった。

それほど新緑の大芦は、どこを叩けど魚が出てきませんでした(フフフ・・泣)。
インファンテにしてからなぜかまともな釣りが出来ていないのは黄色=注意だからなのだろうか?(じゃあ赤のインファンテは完全アウト・自爆)。
そんなはずはアリマセンネ。
コレ全て自分の腕の問題。^^;

[PR]
by dad1st | 2017-05-19 21:15 | FF | Comments(4)

-雪代-

e0155830_10324901.jpg「雪代がおさまったら・・」とよく聞きますが、見たコト無いんですよネ、自分。
そんな場所、まず行く訳ないですし(遠いしネ)。

で、帰省ついでに「雪代」なるモノを見てきました。

感想・・「無理」。
コレじゃ釣りにならないし、流されちゃますナ(笑)。

実際、こんなに凄いとは思いませんでした。




e0155830_10355742.jpgでも、標高をあげると、こんな雰囲気の場所があちこちにありました。

雪代がおさまったら、きっとパラダイスなんだろ-な-。

いいな-「岩木山水系」。












[PR]
by dad1st | 2017-05-07 11:01 | FF | Comments(4)

-それぞれの愉しさ-

e0155830_21082486.jpg準備してる間に何を間違えたのか釣れたらしい。
放流区間ですからネ-。
ドヤ顔されても困るんですけど-。
とは言え、本人は相当満足気でした。^^
長男に釣れるならお父様でも当然釣れるだろうと思ったのですが・・(放流区だしネ)。
釣れない。
見回せば次男が上流を歩き回ってました(怒)。




e0155830_21360808.jpg放流ですので、ヒレは隠して・・。
にしても羨ましい位イイ顔したヤマメ。









e0155830_21115945.jpg紫外線対策バッチシな自分(フフフ)。










e0155830_21134799.jpgリング&リング。
予定通りリ-ルを落とす(自爆)。
今後は輪ゴムで巻いて行こうかと思う。
ロッドは凄く楽で、振り易い。メンディングも簡単。
リ-ルが落っこちなければ楽しい竿。^^;






e0155830_21164318.jpg堰堤で昼飯を食べる子供達。
次男坊は釣りはせずにどこからか見つけてきた角材で彼方此方を突き回していた。
動物の痕跡をさがしていたとのこと。
当然釣りはしておらず、当初からそれでいいとくっついて来た。
一人になれる環境に居たかったらしいが・・、棒切れを見つけて来ては歩き回るソレは、幼稚園の頃から変わっていない。
こういう姿を見ているだけで親としては幸せなんだろうな-と自問してしまう。
帰りの車中で爆睡する子供たちを見ながら、コレも幸せなんだろうな-と。



親は親、子は子でそれぞれの渓を愉しんできました。
あっ、そういえば自分「ボ」でした。T T





[PR]
by dad1st | 2017-04-29 21:50 | FF | Comments(2)

-綺麗なRodです(が、竿袋の黄色さは凄まじい)-

先日購入のRSTのベリルですが、購入時に悩んだのが「色」でした。
赤・青・黒の3色展開だったと思うのですが、最終的には黒でしたけど・・。

e0155830_17544158.jpg3月末にショップでティムコのカタログを貰い、家でパラパラと見ていたら、コレが超目に留まりまして・・。
そうです、その通り(笑)。
初心者が使用するには最高のRodと言われる(と思う)、ユ-フレックス・インファンテ 803-4。ナンチャッテFFMにも十分かと。
見ているうちにそのコスメやラッピングの綺麗さに「ちょっと超欲しいな-」と。
しかし、そこで相変わらずの一人ボケツッコミな展開に移行しかけまして・・。
黄色のRodに赤または青のリ-ルで・・。
黄(Rod)-赤(ライン)-青(リ-ル)で信号機。
または、黄(Rod)-白(ライン)-赤(リ-ル)でチュ-リップの歌。
マジにどちらにしようかと考えた結果、そんなモンで雑誌に載りでもしようものなら(あり得ませんが)全国区で笑われると、一般的な路線に戻したと言う訳です。

e0155830_18090948.jpgRodを受け取りに行き、同時に長男のウエア-関連を衝動買い。
就活で忙しい日々、たまの息抜きに渓へ出かけるのも良いかと・・(優しい父)。
嘘、自分がソロで行くのに飽きてきたので、同行者に身近な長男を指名。
次男は自分のサイズで入るのでNPなのですが、長男はウエ-ダ-がXL,ブ-ツがUS11ですから、LでUS9の自分の手持ちでは代替えできず、新規購入となりました。
ぶっちゃけ、マジで散財してしまったと、当然ですが後から後悔(自爆)。
でもまあ、数年経つと自分のサイズもUP(中年太り-)すると思うので、いいのかな-。
シュ-ズはサスガに大きいですが、履けないサイズではないのでこれまた、イイのかな-と。
次回の釣行は黄色のRodで出撃しますが、忙しくて予定が立たず(フフフ・泣)。
あっ、白いやつはUVカットの顔を覆うヤツです(シミが多くなって来たので・・って、だからどうしたレベルですけど・核爆)。

[PR]
by dad1st | 2017-04-17 18:55 | FF | Comments(8)

-いつもの渓-

e0155830_18024712.jpgとりあえず「放流区間はパス」し、慣れたポイントで遊んできました。
釣れはしましたが、如何せん小さいですネ ^^;

[PR]
by dad1st | 2017-04-14 18:12 | FF | Comments(6)

-蜘蛛-

e0155830_12252359.jpg雨なのでちょっと巻いてみました。
コレ、通常のハックルだとパラリと巻けないんですネ。
テ-ルに使用してるコックデレオンで対応しました。
がまかつC12(GOLD)#16。






e0155830_12313705.jpgハックルのカラーとボディ-のカラ-を変えてもう一本。
ボディ-は両方ともセミトラVフィルム使用。
相変わらず艶っぽいですネ。







e0155830_12360066.jpgスパイダ-パタ-ンはブログ友達のEJさんのトコロで拝見することの多いパタ-ンですが、巻いてみたら、結構面倒でした(笑)。
ついでにBox内で相当なスペースをとることが判明。
巻いてる人はどこに収納しているのでしょうかネ?(笑)。

[PR]
by dad1st | 2017-04-09 12:43 | FF | Comments(2)

-ドイツブランド-

e0155830_10173060.jpg遠い記憶の中にひとつのリ-ルがありました。
FFの敷居の高さでもある値段の関係ですけど・・(爆)。









e0155830_10165373.jpgご存じの方には、この写真が一番解りやすいですネ。
FFビギナ時にショップのショ-ケースにあったブルーの躯体はいまだ鮮明に覚えています。








e0155830_10170618.jpgRST Beryll。
当時凄くカッコよかったあな-と記憶(コヒノ-ルもカッコよかった)。
ホ-ムの渓の解禁は来月なので、Yオク見てたら、あらら・・出品されてるじゃないですか。
と言うコトで、送料込みでギリ50%以下で落札(ブル-も悩んだんですけどネ)。
届いてビックリ!こんなに小さいのか(小さいリ-ルを探してたので、問題はないのですが、マジで小さい・笑)。
外径62㎜・幅23㎜・重さ(驚きの)95g。コヒノ-ルと違って印刷の様な印字はそのうち消えちゃうんでしょうけど、まあ、50%以下ですからネ(良しとします)。
通常販売のバッキングにDT3Fライン(使用中)を巻いた感じは悪くないデスネ。
巻き癖は出るでしょうが、リ-ルの大きさに違和感を覚えていた自分にはちょうど良かったかな・・と(#3ロッドには違和感なく収まりました)。ハ-ディ-が違和感あったんですよネ(#4ロッドにはちょうどイイ)。
基本、渓で落として入魂ってなるんでしょうネ(わはは)。


[PR]
by dad1st | 2017-03-19 11:30 | FF | Comments(4)

-鉤-

新しモノ好き・・(笑)。
e0155830_19402648.jpg早速購入の、がまかつ「B11-BT」。
がまかつらしい、エッジの効いた曲げが超ク-ルですな-。
問題はあまりの鋭さに、バレが心配(笑)。
なので、釣れたらさっさとランディングしないといけなさそうな感じ。
同じく掲載されていた「R17-3FT」に至っては自分の腕ではバラし確定と判断し、棚に戻しました(コレ、マジです)。
e0155830_19405083.jpg自分が常用している「TMC 902BL」。
コレも結構カッコイイし、鋭く刺さりそうでしょ。^^
タイイング後のシルエットも綺麗だし、103BLとかと比べても細軸への不安は少ないかと思うし・・。
まあ「鉤」で渓魚が釣れる訳ではありませんが、こういったモノに拘ると際限がないところもFFの楽しいトコロでしょうかネ。

因みに、TMCは2425本入りですが、がまかつは14本と見事な少なさに「残念」(爆)。


[PR]
by dad1st | 2017-03-02 20:44 | FF | Comments(4)

-CDCその3と雑誌-

e0155830_17034379.jpgCDCシリーズはこれで終了です(部屋が散らかるから)。とりあえずガガンボパターンを仕上げてみましたが、実際この「ガガンボ」なる呼称、「カトンボじゃね-の?」とFF開始初期から今日までず---------っと思っていた訳でして・・。本日検索し「ガガンボ」が正式名称、「カトンボ」は通称と言う事を初めて知りました。知らなかったのは自分だけでしょうネ(赤面・苦笑)。そのカトンボって漢字で「蚊蜻蛉」って書くそうで、こっちの方がカッコイイと思ったりしてマス。

e0155830_17025985.jpgここ数年まともに買っていないFF誌ですが、特集の「フックの迷宮」にライズし購入。その上に置かれているのはご存じ、1998年四月に発行された「フライタイイング・マニュアル」(同じ4月)。両書を比較、FF誌は紙面上の制約もあると思いますが全体的な印象はフックの種類が多少変わったなー(がまかつのB11-BT/C12-Bがメチャカッコイイ)と言う感じで、言いたいこと(フックに求められるモノ)はほぼマニュアルに書かれているソレと同じ。とは言え、FFを始めて間もない方達には教科書・カタログとして大いに役立ち、ベテランの方々には刺激となる記事が多く掲載されている雑誌ですので、今後も楽しみにして居ります(立ち読みですが、たまにはこうして購入・笑)。
「フライタイイング・マニュアル」・・20年も前にフックの解説を含め多数メ-カ-のフックに関するデ-タベ-スとなるモノやタイイングに関するあらゆる情報をこれでもかと無理やり詰め込んだ(失礼)上に、今なお色褪せていないという事実にあらためて「やっぱ凄いんだな-」と最近遊びに行ってませんが、この場でご挨拶(ご無沙汰いたしております)。^^;
FF誌をパラパラとめくりながら、自分の場合は手元にマニュアルシリ-ズがあるから「FFに関しては困らない」部分と「20年前から然程変わってないのに、相変わらず敷居が高いな-」と関連商品をみながら思ってしまう自分が居りました。まあ、製品のクオリティーとかは上がってますけどネ・・(私感)。
※エキサイトの編集が変わってやりにくいとお話ししましたが、さっき見てたら過去にエントリーした部分の写真が消えていました(へっ?)。コレ、意図した訳では無くPCのデータから削除したりすると消えちゃうんですネ。とりあえず気を付けますがまた消えちゃってたら済みません。字だけ読んでてください(わはは・泣)。
[PR]
by dad1st | 2017-02-25 17:50 | FF | Comments(2)