カテゴリ:FF( 209 )

症状。

猛暑の中、ク-ラ-族と化している自分とは反対に、ブログを徘徊しておりますと楽しそうな渓でのエントリ-が・・・(そんな方ばかりじゃないのは解っております・笑)。
自分は今月6日の湯川以来、釣りに行っておりません(ワハハ・・)。
休みはソコソコあるんですけどね-。
「暑さ」と「子供の夏休み」・・共に出掛けられない理由には十分(笑)。

行きたいけど行けない(行かない)自分を誤魔化すかの様に、ヤフオクを眺めては物欲と対峙して過ごす日々が続いております。
ロッドにリ-ル・・ソコソコの値段はしますが、憂さ晴らしにポチッと押そうかと思いつつも、そこは落札しても保障が無いのがオ-クション(ウジニッキのロッド、欲しかった-)。
なので押すに押せない(爆)。
だから、ロッドとリ-ルは正規代理店で買おうかと・・(ソレ以外はオ-クションで・笑)。
代わりにこんなモノで・・(これはEddie Bauerで購入してます)。
e0155830_17101148.jpg

¥2900-.

デザインはなかなかど-して。
ただ、見つけて即買いした自分に『禁断症状かい!』と(爆)。

と言う事で、週末出撃します(奥と子供は帰省中なので、置いてけぼりな自分です・核爆)。
[PR]
by dad1st | 2009-07-27 18:01 | FF | Comments(6)

・・・・・。

e0155830_15291357.jpg

写真は本文に出てくるショップで、先日購入したバックナンバ-です(語るに落ちる前に、少しは知らないと・・と思って探してました・爆)。


リ-ル特集のバックナンバ-を買って1-2週間位しか経っていない数日前、自宅に届いたDMに「完全閉店セ-ル」の文字が・・。
なに-------っ!とばかりに声を上げてしまった自分。

急いでショップに顔を出すと、「急で済みません・・」とマネ-ジャ-。
今後についてはプラン立てされているようで、思わずホッとしたけど・・・。
因みに、セコイようですが、セ-ルはアウトドア・ウエア-がメインで、FF用品は通常設定でした(Bambooが1本あったんですけど・・無くなってたのが気になる・笑)。

FFを気兼ねなく教わる事の出来る空間が、自分の前から消えた事はとても残念であると同時に、寂しくもあり・・。

そうは言ってもコレで氏と縁が切れる訳ではないので(多分ですけど・笑)、出逢えた事に感謝し、そして氏の新しい道に幸多かれと・・。
いつかきっと釣りに行きましょうね(あっ、ココに書いてもブログ再開したの教えてね-ぞおお・笑)。

追記
今エントリ-は報告的(私的)な内容であり、コメントを頂く内容ではないと判断し、コメント禁としました。
次のエントリでは、コメントお待ちしてます(笑)。
[PR]
by dad1st | 2009-07-19 16:04 | FF

そこに在る風景。

Antiqueだからこんな構図が似合うのか・・。
そんな訳ではないんでしょうけど、カッコイイですよね。
e0155830_956274.jpg



湯川のロケ-ションをマジマジと見て、思わず島崎 鱒二さんの著書「英国の鱒釣り」 <山と渓谷社> にある、エイヴォン川での氏の写真が思い出されました(但し、ソレしか島崎さんの写真は載ってませんけど・笑)。
島崎さんを自分如きが語るには、それこそ数十年早いのでなんですが(だから語りません・爆)、その写真の景色とそこに座る島崎さんの違和感の無い事ったら・・。

で、思った。
聖地湯川(パ-レット鱒の時代から)と言う場所でFFをするならば、まずそこに在る時間と空間を楽しむ事であって、その過程にFFの道具や歴史、毛鉤やキャスティングがあり、当然釣りも・・ではあるけれど、それらはゆったりとした時間の流れの中で紡がれて解けてゆくものの様な気がしてならなかったし、コレが英国の鱒釣り(王道としてのFF)なんだろうと・・(釣りと言う行為だけに束縛されるモノでは無い・・。あくまで主観ですので、悪しからず)。

だから次に行く時は空でも見ながら釣が出来たらいいな-と思った。
ソレ意外に出来る事が今の自分のレベルでは無いし・・(自爆)。

e0155830_10513414.jpgたまにはライズを探さずに自然を探すのもいいのかな・・。

追記
今エントリ-の写真は、上記を考える前に撮ったモノで、まだブルックが釣れていない時の写真です。
要は「ボ」対策に撮っていたモノです(裏話・ワハハ・・)。

また、直近のエントリ-は、他のFFMの価値観を否定するものでもありませんので、そこのところは戯言と流して頂ければ幸いです。
[PR]
by dad1st | 2009-07-10 11:09 | FF | Comments(16)

聖地湯川Ⅱ。

道すがら考えていた・・。

e0155830_194431.jpg

『このロッドとリールは、使用者を選ばないといけないのではないか・・』と。
FFの道具だけれど、それ以上に自己主張する道具達。
伝統が道具を凌駕する。
ファッションとしての道具とは、座する場所が違う様な感じがする。
今の自分の器で道具と呼ぶには数十年早いような気がしてならない。


e0155830_1985140.jpg


バイカモの花が水中で揺れる中、硬めのロッドから繰り出されるライン。
ゆっくりとした時間の流れと同調するかの様に、その解かれていくループの弧が時間を戻す。
聖地湯川でFFをする事の意味、その深奥の淵に今日少しだけ立てた様な気がした。

さて・・きちんとメンテして、本来在るべき場所へお返しいたします。


通常モード
初っ端からマジで滑ってコケた(即、ロッドとリールを確認・笑)、雨振るし・・(午後から止んだ)、ブルック居ないし・・(下流は居なくなってきたのか・・。やっと見つけりゃスレスレだし・・)、藪こぎしてて迷うし(違う場所から入ってた)、何か大きな羽音が聞こえるし・・(見えないから怖い)、ハエがいっぱい飛んでるし・・(何でだ)、何かに刺されてるし・・(ヌカカでは無い)、小学生がうるさいし・・(黙ってると「無視してる」とか言ってるし・・殴ってやろ-かなどと・・)。

まあ、楽しかったからいいかな(笑)。
[PR]
by dad1st | 2009-07-06 19:35 | FF | Comments(6)

Bamboo..Ⅱ

ちょっとエントリ-するには下手すぎるんですけど・・・(ソコはマジでご勘弁の程)。
実は、「と・あ・る竿とリ-ル」でキャスティングしております。
e0155830_14472750.jpg

『いくら下手でも、もうちょい綺麗なループが出来たでしょ-』と、帰宅後PCに転送した時点で思った自分。

さて・・・。
e0155830_14504650.jpg

ロッド・・pezon et michel(折れてる訳ではないんですよね-。でも『折れたのか!』と思った・笑)。
※ぺゾン・・その後が言えない(読めない)ので、横文字のままです(自爆)。
リール・・Hardy 110Anniversaryモデル(Featherweightは知ってたけど、『何でこんなに字が彫ってあるんだろ-』と・・。注:ハ-ディ-は読めますよ・笑)。
e0155830_15224870.jpg

ご縁があって、振らせて頂いた次第です。

このところ何故かBamboo Rodにご縁があるようでして・・(笑)、このRodもリ-ルも超有名なモノだそうで・・・(解らない所が自分らしいでしょ・自爆)。
サスガに緊張してキャスティングしております(爆)。

あまりにもキャストが下手なので・・、『それじゃエントリ-出来ないだろ-』と、子供にお願いして撮ってもらいました(子供達にも『この先、一生振ることが出来ないだろうから・・・』と、振らせておきました・リ-ルもクリクリさせておきました・核爆)。
e0155830_14584913.jpg

然程変わらないことに気付き、自爆(ワハハ・・)。

さて、何故、今日もRodとリ-ルが自分の手元にあるんでしょ-か・・(ちょっと不思議)。

嘘・嘘、「遊んでていいですよ!」って言われたので、持って来ちゃいました・・(怖いもの知らず・笑)。


そうは言っても、大丈夫だろうか・・(折ったらごめんなさい・先に謝っておけば・・)。
[PR]
by dad1st | 2009-07-04 15:21 | FF | Comments(6)

森のトンネル。


e0155830_1546534.jpg

水と木々で隔絶された世界...逃避した精神だけが彷徨い歩く。

嘘嘘・・(爆)。
木々が覆い被さってるから、暗くて毛鉤が見えね-のなんのって!(文句言いながらキャストしてた・枝も釣ったぞ・爆)。

大芦東沢・・相変わらず素敵なロケ-ションの中で釣が出来るんだけど・・、下手な自分はポイントを探すのに一苦労    (ロケ-ションと腕は関係ないし・・自爆)。

e0155830_160582.jpg

涼しげでしょ。
[PR]
by dad1st | 2009-06-29 16:06 | FF | Comments(10)

聖地湯川。

まさか自分がこの地でBamboo Rodを振るなんて・・・。
e0155830_22443240.jpg

因みに、聖地における笑い話のカタログ的な画は、Rodだけです(意味するところが解る方だけ笑って下さい)。
要さんとの聖地はたぶん数年ぶりかな・・(笑)。
e0155830_22543414.jpg


ズミの花もそろそろ終わるそうです(自分は詳しくないので・・)。
e0155830_22564294.jpg


ちょっと大きなブルックは、可愛くないから嫌いです(怖い・ワハハ)。
e0155830_22581699.jpg


久しぶりに丸々1日、楽しくRodを振って来ました(早朝から気が付けば19時ちょい前ですから・・笑)。
プロのアドバイスでこんな素敵な写真も撮れました。^^
e0155830_231247.jpg聖地・・その言葉の意味するところはご存知の通りです。
自分の中では『高級な竹竿を持って、有名ブランドのウエアーを身にまとい、優雅に釣りをする人たちの川』でした。
何度か通ううちにソレは消えましたが、凄い世界だな-とFFを始めた当時は思っていました。

で、ビギナーの方に一言・・Bambooを持ってるからって、凄い訳でも上手い訳でもありません(そういう人も居ますが、Rodは道具ですし、釣りは自分を見れば解ります。ついでに自分が場違いだって事も・・自爆)。
[PR]
by dad1st | 2009-06-12 23:09 | FF | Comments(8)

ShopとAuction。

FF誌のページをめくりながら・・・。
「お父さん、昔はカッコ良かったよね-」
『そりゃ-当時のFFファッションと言えばその格好しかなかったから、オレの着てるモノが最先端でしょ-』
『今みたいに色んなモノが無かったからね-』
「だから、今の格好をもうちょっと何とかすればいいんだけど」「釣りに行って、ちょっと恥ずかしいのよね-」(笑)
『今更、ど-でもいいよ-』(爆)。

先日遊びに行った時のオッサンと奥様の会話(因みに、自分は爆笑してました)。

確かに腕はピカイチ!
でも、格好は・・お世辞にもFFのソレとは別世界。現状を説明しても意に介さず(爆)。

と言う事で、日頃お世話になっているので、せめてキャップ位プレゼントしてあげようかと・・。

ここからが本題。

e0155830_9531340.jpg

別にSIMMSじゃ無くてもいいんですよ(笑)。
ただ・・、コレ(キャップ)を買うのに4軒回りました。
何処へ行っても品数が少なく、選択の余地が無い!(何とかオッサン向きかな-で妥協したモノ)。
ついでに見たベストやウエーダーもまた然り。
FF業界ってそんなに先細りなのか・・、それとも時期的に品薄なのか・・、どっちにしてもひどすぎる。

ぶっちゃけ、こんな状況で定価売してるんだったら(あっ、吉見屋さんは少し安くなってます)、ネットオークションの方が選択肢も広く、値段も安いと思う(サイズはショップで合わせておいて・・)。
河川の情報なんて、このご時世ブログ繋がりで結構教えてもらえる。通ったからってモノが特別安くなる訳でもないし、出来るのは常連気取りだけ。唯一、エキスパートな店員さんが居れば、解らない事はその場で教えてもらえるけど・・、ソレすら通ってないと話も出来ない。敷居云々は言いたくないけど、高くしてるの誰だろ-。
薄利多売が出来る商売では無いので、仕方ないってのは解るけど、選択肢すら無いのは納得出来ない

サスガに4軒回ってイラついてる自分です(ワハハ)。

無くちゃ困るんだけど、でもSHOPっていったい何なんだろ-。
[PR]
by dad1st | 2009-06-05 10:25 | FF | Comments(8)

長男と・・。

e0155830_15484080.jpg

雨続きでけっこう増水気味な大芦です(ちょっとキツイか・・)。
昨夜メールでkomさんから情報を頂き(感謝)、東沢に向かうも・・ソコは午後からに回し(コレが間違いだったみたいです)、先に慣れてる西沢へ・・。
何時も車を止める場所のちょい先に車が・・(変なとこに止めるよな-と思いながらも、先行されてもまあ釣れるだろ-と楽観的に入渓したら・・増水きびしいし・・泣)。
今日は大芦へは何度か来てるけど、渓でFFをするのは初めての長男と一緒(運動会の代休です)。
入漁券取り扱いのお店で、日釣り券を買う事を教えてから(中学生は半額750円)きちんと入渓(笑)。
着替え途中、漁協のじ-さんが入漁券のチェックに来たのには笑ったけど・・(グッド タイミング)。
釣りを開始するも、増水により増したブ厚い流れはサスガに毛鉤が喰われてしまい、芯脇の流れの緩やかな所を見つけて流すよう説明したんですが・・、そのスペースを見つけるだけで一苦労(笑)。
安全を確保しながら渡渉し時に手を差し伸べるも・・、もしかすると自分の方がおっかなびっくりかも・・と思うほど、長男はポンポン歩いてました(爆)。
初の渓流でのFFは、コケる事無く、数回枝を釣っただけで然程のライントラブルも無く・・・

『オイオイ・・、俺より上手いかも・・』(そこだけね・そのうち抜かれるかも・・笑)。

e0155830_15522059.jpg

出来れば釣らせてあげたかったんですが、自分も「ボ」なので・・・(自爆)。
車に戻りお蕎麦屋さんに向かう途中、ルア-さんが二人歩いてました。

昼には脱渓し(雨もポツポツ降って来たので)、渓流沿いのお蕎麦屋さんで天盛りそば(大盛り)を食べ、急な大雨に二人して大笑いしながら東沢は断念して大芦路を後にしました。

疲れたけど、楽しかった-。

追記
マジで「ボ」になるとは、思ってもみませんでした(ワハハ・・)。
ちょいと凹んでます(核爆)。
あっ、↑の長男と一緒の写真ですが、何故か自分が硬く写っております。
その理由ですが・・セルフタイマーをセット→流れを渡って子供の側に→間に合わず→4~5回繰り返した為、疲れております(マジで10秒じゃ無理)。
[PR]
by dad1st | 2009-06-01 16:30 | FF | Comments(4)

竹竿持って・・・。

FM NACK5の天気予報では、大気が不安定なので・・(ゲッ)。
「じゃあ、雷にBambooはどうなんだろう・・」などと考えながら大芦に向かう(笑)。

本当は29日に湯川でも行こうかな-と(せっかくのBambooだから、聖地で・・と最初は考えたんだけど・・(ただ、ソレってカタログFFMのイメージが強いんだよな-、でも自分のウエア-はリトプレだから平気かな・・などと考えたりして・核爆)。
結局、湯川は遠いから止めて(マジ・笑)、お世話になってる大芦のヤマメさんに遊んでいただく事にしました。

e0155830_1752619.jpg

1投目から遊びに来てくれました(感謝)。

e0155830_17225383.jpg


尺とかじゃ無いんですけど(爆)、一瞬、何かしないと折れるの?ランディングが大変なの?と、Bamboo Rodを知らない自分の固定観念が頭を過ぎりました。
が、サクッとネットに納まっちゃいました(ワハハ・・)。
細いtipと雑誌から得たBambooは繊細と言う(実際そうでしょうけど)知識が相乗的にこのような観念を生んだんでしょう(爆)。
慣れないBamboo Rodですが、真竹の特徴なのでしょうか、よく言われる『スローに振らないとコントロール出来ない』って事は無く、普段使っているCapsのMiltres V2とそんなに変わんない振りでループコントロールが出来てました。多少はスロー気味に振らないとキレイなコントロールは出来ないですけど・・(そう思っても、何時もの様にガツガツ振ってましたけどね・自爆)。
そ-っと使おうと思って渓に入ったけど、結局ガンガン使ってました(笑)。
無理な力をかけたり、転んだりしなきゃ大丈夫そうなので・・・、ガンガン使い倒そうかな-(コケたらRodだけでも放り投げれば大丈夫だろうし・爆)。
Bamboo超面白いってのが、使ってみた感想です(お金貯めよ-)。

e0155830_17303887.jpg

そんなこんなで、上の写真や、こんな感じの大芦ヤマメと半日遊び、ロッドを折ること無く楽しく遊んで来られました。

湯川どうすっかな-、マジ遠いしな-(笑)。

追記(書こうと思いながら忘れてました)。
ヤマメがフライを加えた事にワンテンポ遅れて気付き、「ヤバイ、合わせ遅れた!」と・・(2度ありました・笑)。
が・・、ヤマメはフライをしっかり咥えている。
何時もの竿だとコレは絶対に有り得ない。
完全に竿のお陰です(マジで凄いと思った)。
[PR]
by dad1st | 2009-05-27 17:55 | FF | Comments(4)