カテゴリ:祭( 9 )

-瞬間の狂気-

e0155830_11554915.jpg『あのさ-、祭り出んの今年で止めていい?子供達は出すからさ-』と町内の若い衆に話したら「何言ってんですか-、絶対ダメ」「ダメに決まってるでしょ。誰が決めたんですか-」「来てるだけでいいですから-」と、マジで怒られた(わはは)。
※写真、暗めにしてますコト、悪しからず。

さて、今年のお祭りは・・。
初日、酔った勢いでの運行が危険と、お巡りから厳重注意(そんなに危険じゃないと思うのはこっちの都合・笑)。
2日目は、祭りにつきものの喧嘩(しばらく無かったんですけど)、オオゴトになりそうだったので、自分は制止する側へ。
元々、血が騒ぐ側の人間なんですけど、オオゴトになれば来年の祭りはおろか、引っ張られる若い衆も出てくるのはまずいと、歳相応の考えが働いてしまう(原因さえ解らない状況でしたので、それしか対応できず)。
あっ、ソレはソレでいいんです。そういう大人が居ないと逆に困るし(笑)。
ただ、勢いのある連中は速攻揉めてる輪に入り相手側との調整、威嚇を仕掛ける。
自分が割って入っても怪我するだけとは解ってるんですけどね-、コレが20代だったら・・(きっと楽しい)。
なんとかオオゴトにはならずに収拾はついたのですが、本当のトコロはまだ解ってません(そういう世界です)。
祭りの狂喜と狂気は紙一重ですから困ったモノです(ウチの町内は中高時代に悪さした若い衆や暴走〇系の人間が多いコトで有名)。
とは言え、伝統文化ですからね-、ある程度は自重しないといけませんから、自分の様な紳士も必要なんですけどネ(フフフ)。

来年はそ-っと沿道から見守ろうか-と思いながら、半纏着て行くかも知れない自分。何故かと聞かれればバカだからです(わはは)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2014-07-24 12:30 | | Comments(4)

-祭シーズン-

今日は雨の中、電線張り(提灯付とも言います)。
祭りに欠かせない提灯を電柱毎に番線で固定し、一定距離を伸ばしながらで電力を確保していきます。
まさかこの雨の中、やるのかな -と、子供に聞かれ、若い衆へ確認の電話を入れたのが運の尽き。「やりますよ-」と。
『子供達だけ行かせるから、俺はいいだろ?』の言葉もむなしく「ダメですよ、ちゃんと来て下さいよ-」と言われ、仕方無く雨の中準備に向かう。^^;
カッパを持って無いので、以前、渓用に購入したユニの撥水性のあるウィンドブレーカーを持参。
さして効果も無く、びしょ濡れと相成りました(笑)。
昼飯を挟んで、15時で終了。
一応の面倒な作業は終了。残すは月末の「浅間様」の行事の手伝い。
来月は神輿に始まり(自分は腰が痛いので不参加)、山車と続いて、地元の夏が終わります。
さて、祭りに参加足て30数年がたちました。
当時、小・中学生だった地元(譜代)の子たちも既にいい歳となり、祭りの中心で動いてくれています。
息子達も何とかその輪の中で試行錯誤を繰り返しながら、外様として成すべき事を探しながら楽しんでいます。
そろそろ、自分が下がる時期が来たみたいです。
コレもしかたの無いコト。
寂しい様な、重荷が無くなった様な・・、やっぱ寂しいかな(わはは)。
今年を最後で引退できるか、幹部に確認してみます。
今日の電線張り、コレは自分が加入した時に教わった最初の準備仕事です。
ソレを息子達と出来たのも何かの縁だったのでしょうか?ネ。
 
※文章のみで失礼しました。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2014-06-22 22:09 | | Comments(6)

-世代交代-

e0155830_1857059.jpg携帯で撮ってメ-ルでPCに送ったら、こんな小さなサイズになっちゃった(笑)。
大騒ぎしている若い衆と共に騒げる様になった子供達。
衣装もサマになって、半纏に着られている感は無くなってました。
周りを見れば自分は最年長の部類。先輩も幾らか居りますが、ソレでも自分を含め少数。
かつて騒いだ後輩も、今は若い衆の騒ぎを遠くから笑って見ている状況(と言うより、酔っぱらい)。

カラオケで大騒ぎし、山車の上から水をまいたりと言う行為は、所属町内特有のモノ。
酔っ払った勢いで騒ぐ(水をまく)から、見物客にはいい迷惑(マジで客無視ですから・苦笑)。
故に危険な町内と思われて来ましたが・・(元々短気な人間が多く暴力的な上、族上がりとか現役が居たりするので尚更なんでしょうけど・笑)。

昔はその輪に入っていた自分、今は相当離れて見物してます(水がかかるから・笑)。
そろそろ山車の運行からは外れる時期なのかも知れませんネ。
年齢的に仕方のない事を承知している自分と、もうちょっと・・と思う自分が居ります。

まあ、来年位までは出ようかな-?(どんどん伸びるか?・わはは)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2013-07-18 19:32 | | Comments(6)

-祭-

e0155830_1734753.jpg今年のポスタ-は自分が所属する町内(因みに、写真の後ろ姿は自分じゃないですよ・笑)。
さ-て、今日からの2日間は壊れるか?(わはは)。


仕事だったので、これから着替えて出ます(モ-ド変更せねば・・笑)。


祈り、そして偽善する。

7.16追記
壊れる以前に、疲れました。
年齢的に、ノリも含めて厳しくなったのかナ?と(コレは確かです)。
そうは言っても楽しいから出ちゃうんですけどね-(わはは)。

[PR]
by dad1st | 2013-07-13 07:16 |

-夏祭り-

e0155830_0172192.jpg昨日・今日は幸手の夏祭り(八坂様)でした。
当然、参加(但し暑いから夕方から・笑)。
今年は先日次男坊用に作った半纏があるので、父子共に正装での参加となりました(自分は前代のですが)。
子供達はまだ半纏に着られてますけど、あと数年もすればビシッと着られる様になるでしょ-。
若い世代が増え、今年はだいぶ様変わりした運行ル-トや他の町内との合流など、時代的な変化が見られる様になりました。
変わって無いのは、何様だろうと年功序列で挨拶をする事(挨拶は基本ですから・笑)。
自分も古参の幹部に子供を連れて挨拶しまくりでした(他町内まで・わはは)。
あと数年もしたら子供達も父親の威を借りずとも楽しく入って行けるでしょ-。
昔みたいなバカは出来ず、若い衆のバカ騒ぎを見てるだけですが、思い出と相まって楽しい2日間でした。


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-07-16 00:15 | | Comments(4)

-Season-

夏と言えば、テレストリアル・パタ-ンでは無く『祭』(笑)。
昨年まで半纏(ハンテン)の無かった次男坊ですが、サスガにダボシャツ上下での参加では恰好がつかないので(ソレで出てる連中も多く居ますが、會の人間と言う観点からみると、ちと・・)、半纏を新調しました。
e0155830_19124668.jpg


向かって左は十数年経過の半纏(長男に着せてます)。
右が今回新調したモノ。
色落ちするので、3回ほど色止めを含めて手洗いしました。
この濃い色がイイ感じになるのに何年かかるか?楽しみだ・・と思ったら、呉服屋曰く「染色方法が違うので色落ちしないらしいですよ」と。
オイオイ・・落ちなくてど-すんだよ(今さら仕方ないけど・怒)。

e0155830_19132214.jpgその他、こんなお洒落なアイテムもあります(そう思うのは祭世界の住人だけでしょうけど・笑)。
その昔せっかちな江戸っ子は、喧嘩をする際に 自分の名前を名乗る時間も惜しいので、あらかじめ 首から下げていた、という言われがある「喧嘩札」
今の時代はアクセサリ-ですけど、表に家紋と名前・裏は所属する會とココまでやれば相当にお洒落(そう思うのも、この世界の住人ならではの話し?)。
『祭』「粋」に目立たなきゃダメです(子供達分注文・笑)。
但し、基本、喧嘩はダメですけど(わはは)。

※下世話な話ですが、この半纏が¥30.000-、ダボシャツの上下(會名入り)で¥10.000-します。
この値段はこの世界では普通の値段ですから、「粋」に決めると言いながらも案外大変でしょ(FFに似て、見栄と自己満足の世界ですから・・わはは)。


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-07-06 22:39 | | Comments(4)

-祭-

やっぱ『』はいいな-。
半纏に袖を通すと「瞬間、体に一本の芯が通る」この感覚は『祭』ならではのモノ。
e0155830_23361365.jpg

歳のせいなのか、子供と写る写真に思わずニヤけてしまった(笑)。
昨日16日と今日17日の2日間で『祭』は終了。
自分は肋骨骨折の為、適当にブラブラしてるだけですが「来てくれれば、それだけでいいんですよ」と言う若い衆の言葉が嬉しい(「何かあった時に居てくれれば・・」と意味不明な事も言われましたが・わはは)。
さて、子供たちがどこまで伝統行事礼節を覚えられるか、『祭』を通して壊れる楽しさも味わって欲しい。

因みに、今朝は9時から準備、10時から自主規制と言う形で運行が始まってます。
ブログを書いてるって事は、いまだ行ってないって事なんですけど・・(だって暑いんだモン・爆)。
13時から完全規制で『祭』が始まるので、そこから子供たちだけでも出すか?と思ってるんですけど、今日も親の威光が必要らしいです(この炎天下で出たら、俺の体が壊れる・自爆)。


祈り、そしてコンビニで偽善する。
[PR]
by dad1st | 2011-07-17 10:40 | | Comments(4)

-願い-

親になってみて、初めて親の気持ちがわかるとは、その通りで・・(笑)。
今日6月30日と明日7月1日の2日間、地元幸手市の浅間神社では富士山信仰を受けて『初山』と言うお祝い行事が行われています。
富士山の山開きに合わせての行事ですので、日程の変更はありません。
平日の蒸し暑いさなか(途中、にわか雨)、我が子の成長を願いながら石段を登るママやパパ(平日なので圧倒的にママが多い)、お爺ちゃん、お婆ちゃんの嬉しそうな笑顔を見ると、コチラまでもが癒されます(ウチもやってるので、懐かしいです)。
何度かエントリ-してるのでご存知の方も多いと思いますが、自分が外様としてお世話になっている『夏祭』の町内行事ですので、当然リンク先に記されている「飴・ネギ・団扇」を自分達が売っております(テキヤではありません・笑)。
縁起モノとして長い間続いている行事(売りモノ)ですが、若い世代のパパ・ママにはあまり興味が無いのかな?昔は数セットとかザラにあったのが、今は昔の話になってしまってます。
ソレでも縁起モノだから1セットだけでも・・と、買っていかれるパパ・ママも少なからず居る所を見れば『やっぱ、親なんだな-』と。
お爺ちゃん・お婆ちゃんと一緒に来てるご家族は、パパ・ママが無関心でも、お爺ちゃん・お婆ちゃんが先ず買っていきます。
やはり孫の成長を願わずには居られないんでしょうね。
e0155830_23243532.jpg痰切飴・・富士山に登る時に喉を潤すためと言う口伝。コレだけを買いに来る人も居ます。団扇は後ろにいわれが書かれていたり、お子様の名前を入れる事が出来るので、いいけど、ネギが「ウチにあるから・・」と。ソレとコレは違うんですよと説明に一苦労(縁起モノなんだから・笑)。

本来は前年の、この『初山』以後に生まれたお子さんが来ますが、例えば数日前に生まれたお子さんとかだと、当然今年の参拝は無理で来年の参拝になります。
今日、一人のお婆さんが1セット買って行きました。相当高齢で、一人で参拝された様子(回りにご家族は居らず、手にお守りを持っていたところから、一人で参拝に来たと判断)。
無理しないで、来年みんなで一緒に来ればいいのに・・、それとも生まれたばかりで、まだ入院とかしてるのかな?お孫さん、遠くに住んでるのかな?などと、孫を想うであろうその姿に、思わず涙が出そうになりました(出なかったけど)。

オデコに朱印を押された赤ちゃん達が、幸せな人生を歩まれますように。


祈り、そして今日もコンビニでちょっとだけ偽善した。
[PR]
by dad1st | 2011-06-30 22:42 | | Comments(4)

-祭と礼節-

地元の「祭」は、見ること(若しくは引き廻し時のロ-プを引く)なら誰でも参加出来ますが、山車に触れる事が出来るのは町内(まちうち)の人間だけで、本来なら自分もダメなんです(わはは)。
裏技的に町内の世話人さんや「祭」の幹部の方達に知り合いが居れば、外様的に参加させてもらう事が出来る訳で、自分もそのクチでした(当然、外様である以上、譜代より引いた立場で居た事は言うまでもありません・マジで・笑)。
まあ、地元(自宅付近は山車では無く、神輿)の祭は、おお威張りで担いでましたが・・(今は腰痛で止めて居ります・自爆)。

外様も長年参加していると、譜代の幹部の方々から「祭に来て当然」と見られる様になって来ます。
先月末、町内の(山車の)鎮守である「浅間神社の初山」に何時もなら手伝いに行くところ、所用で行けなかった事に、古参の皆さんがえらく心配したとの事。怒られながらも『とにかく元気で良かったよ-』と言われるそのひと言が、とてもあり難く、心からお詫びするばかり。
礼節を重んじて(きたつもり・笑)今までやってきて良かったな-と思いながらも、何故か肩で風を切って山車の前を歩いていました(山車を押すなり、引くなりしなきゃいけないんですけどね。外様はどこに行ったんでしょ-・自爆)。
e0155830_20385481.jpg

子供達も外様(まだまだ、ぎごちないですけど、これから似合う様になっていくでしょ-)。
譜代の幹部連から『よ-く挨拶するよな-』『いい子だよな。〇〇の子なのに』(笑)と、親バカながら嬉しくて、思わず飲みすぎた2日間でした。

「祭」も世代が変わり、参加する若い衆も様変わりしてきています(伝統文化よりファッション感覚)。
特に礼節の部分については、崩壊し始めているのが現状。
我が子達には忘れずに居て欲しいと願うばかりです。

※1回目/7月以降、FFに行ってないです。行きて-けど、用足しが多すぎて行けね-(泣)。

大雨による被災地の早期復興と、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。
また、水の事故が多発しております。くれぐれもご注意なさって下さい。
[PR]
by dad1st | 2010-07-19 21:02 | | Comments(4)