カテゴリ:記憶( 30 )

-子供目線-

自分の頃の修学旅行と言えば、観光地の風景は勿論ですが、同時にソレと一緒に数人で「ハイ!チ-ズ」(死語か・笑)でした。当然、普通とは違う学生服姿の一団に自分も入って写って居りましたが・・。ソレはさて置き、今時のと言うか、長男の性格なのか(まあ、明らかに今の子なんでしょうけど)、カメラを持たせたら、こんな写真ばっかでした。
e0155830_1316381.jpgバンク-バ-オリンピックの会場。
まあ、コレは押さえで仕方ないとして・・。

e0155830_13184095.jpgココはドコ?
聞いても解からないらしい(アホだ)。もうちょっと紅葉してるイメ-ジが自分的にはあるんですけど・・。

e0155830_1320576.jpg何気に撮っただけ・・と。

e0155830_13215973.jpgコレは如何にも海外らしい写真なんですが、ゴ-ルデンゲ-トブリッジじゃないんだから・・。

e0155830_13232535.jpg誰がどう見てもドクぺでしょ?
何で写真撮ったのって聞いたら、「710mlって日本に無いでしょ?」だって。
だからってわざわざ写真にするか?

e0155830_13255999.jpg何だ?有名なトコか?
単に「ファイナルファンタジ-ってゲ-ムに、フィッシャ-マンズナントカってトコが出てくるから」撮ったと。
ウケてたのは次男坊だけでしたけど。

e0155830_13285224.jpg滞在ホテルは、ハイアットリ-ジェンシ-。
まあ-、お洒落なコト。
ビジネスホテルなら学会で散々泊まったけど、こんなお洒落なトコは無い。
羨ましいと言いたいところだが、トイレが詰まって四苦八苦したらしい(フロントに電話してアレコレすると、チップとられるから連絡しないで、巡回の先生を呼んで添乗員を介して直してもらったらしい・わはは)。
最終的に詰まらせた本人(我が子ですが)2ドルとられたそうです(同室のお友達の皆さん、申し訳ない・父)。
「日本のホテルの方がいいね・・」とは、長男談(紙使い過ぎなんだよ・母)。

e0155830_13322946.jpgホテルからの夜景。
小僧がこんなモン観てど-すんだ。
女口説いてんじゃね-んだから。
e0155830_13351041.jpgコレは結構有名な街並みかな?
お洒落だな-と。

e0155830_13381717.jpgコレ、たぶんモンハンってゲ-ムの影響だろ-な-。

e0155830_13394772.jpgコレハは、親が喜ぶと思ったらしい。
雑誌じゃないんだから・・(有難いけど)。
まあ、コレを撮ったのはいいけど、だからどうした?毛鉤はどうした?と心の叫び。

e0155830_13423556.jpgこんなのがイッパイあったよ。
たくさん泳いでたし、ライズもしてた。死んでるのもイッパイいた。
※構図が↑と変わってね-じゃん、ちょっと考えろよと。

e0155830_13444423.jpg今回お世話になったホストファミリ-。
英語のしゃべれない小僧が4名も押しかけたにも関わらず、食べきれないほどの食事と思いやりを、ありがとうございました。
本当にお世話になりました。

e0155830_134646.jpg

英語が苦手(嫌い)な長男が初めて触れた海外の人と風景。
コレが彼にどんな財産を残してくれるのか、とても楽しみです。
↑の機内からみた景色はきっと何時までも心に残る事でしょう(本人も喜んでました)。

さて、136枚の写真(ピンボケ含む)で、同級生と写っている写真は4枚。残りは景色、それもピンボケを削除すると十数枚の景色しか残らない。
「周りのみんなも同じだよ」と言う長男。
子供目線と言うより、時代が変わったと言った方がイイのかな?
京都が遠くの観光地だった30年以上前の時代が、今は海外ですら隣町感覚なのかも知れない。

長々のお付き合い、ありがとうございました(まともじゃ見せられないので、相当加工してますこと悪しからず)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-11-24 14:04 | 記憶 | Comments(2)

-付喪神-

付喪神(つくもがみ)・・日本の民間信仰における観念で、長い年月を経て古くなったり、長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、神や霊魂などが宿ったものの総称で、荒ぶれば(荒ぶる神・九尾の狐など)禍をもたらし、和(な)ぎれば(和ぎる神・お狐様など)幸をもたらすとされる。-Wikipedia-
e0155830_14201047.jpg

何度も登場してる我が愛機ですが、昨日のTDLへのドライブにて引退となりました。

e0155830_152302.jpg次男の誕生を期に、それまで乗っていた、デリカ スペ-スギア(3Lガソリン)の維持費の問題、車両が大きすぎて奥が運転できないと言う事を理由に、もう一台所有の軽(セルボモ-ドSRタ-ボ)と合わせて下取りに出して購入したのが、このシャリオグランディスでした。
当時としては画期的であったGDIエンジンには、モノによってオイルを喰うと言う問題点があり、ソレを引いてしまった自分。その度に、エンジン交換(OH1回、リビルド乗せ換え2回)と、ちょっと面倒なトコロはあったけど、おかげでメ-タ-は13万㎞ですが最終交換からは実質7万㎞位かな?とエンジンは好調でした(乗せ換えは当然クレ-ム修理です)。


e0155830_1532590.jpg気に入っての購入だったので、気がつけば既に15年もの月日が・・(13年かと思ってた・失笑)。今回の車検にあたり、自分だけなら別に問題は無いんですけど、家族、特に青森帰省を考えると・・、後2年乗るのはちょっと厳しいかな-ってトコです。
まだ次の車が決まっていませんが(ラフェスタ ハイウエ-スタ-Gをオ-クション依頼中)、取りあえず本日お別れをして来ました。

付喪神・・この15年、大きな事故にも遭わず、起こさず、自分や家族を色んな所へ連れて行ってくれたこの車には感謝していますし、きっと心があったんだろ-な-とは個人的な考えですけど-(笑)。
最後まで面倒を見る事が出来なかった後悔はちょっと残りますが、きっと車も解かってくれると思いたい(わはは)。
朝の雨がちょっと止んだ間に洗車(すぐに降り出したけど)、昼の納車時は晴天と泣いたり笑ったりの天気の中、無事に送り出して来ました。

※嘘の様な本当の話し
奥が使ってる軽自動車のバッテリーが、本日マジでダメになりました(掛かるけど、ダメだとのテスタ-結果)。
『新しいバッテリ-を買わなくちゃ』とサ-ビスに言ったら「シャリオのバッテリ-が使えますよ。まだ1年しか使ってないから大丈夫ですよ」と(そう言えば、昨年取り換えた)。

本当に最後の最後まで我が家の為に働いてくれたシャリオに、ただ感謝するばかりです。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-11-12 15:10 | 記憶 | Comments(2)

-部活-

中学3年の次男坊の所属する男子バスケットボ-ル部が、先日の「学総」(地区)で準決勝敗退。
3年間のバスケ生活が終了しました(優勝なら県大会)。初めて大会なるモノの応援に行った自分です(奥に最後の大会だからと・・)。
朝晩、土日、夏休みとその殆どを部活に割き、途中「意味無くキレる」先生との軋轢に『辞めたい』と涙ながらに訴えた彼、そしてソレを止めようと家まで説得に来たチ-ムメイト達。
そんなみんなの支えもあって、最終的には思い出に残るバスケ生活が送れたみたいです(みんな、ありがとネ)。
そんなお友達にオジサンがしてあげられるコト。
e0155830_17513278.jpg

大会を撮ったビデオをDVDにダビングしてプレゼントするコトくらい(合法です)。
しかしコレがまた面倒でして・・、元来こういう系は苦手な上に、付属ソフトで圧縮が出来ず。
ついでに倍速ダビングも出来ないので、3試合分をDVD2枚に分け、ソレを書き込みするだけで8時間位はかかった。
サスガに友達の分は作ったけど、ウチの分は出来てません(HDには入ってるので、そのウチ)。
e0155830_17563750.jpg

オジサンからのささやかな感謝の気持ちです(迷惑か?)。
ちょっと背番号6が中心ですけど、そこんところはスル-してちょ-だい(わはは)。

と言う訳で、次は来春の高校受験に向けて気持ちを切り替えて・・と後ろを向くと、寝ながらゲームをしている次男坊が居ります(まあ、親の子ですからコレばかりは・・笑)。


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2012-06-19 18:10 | 記憶 | Comments(2)

-お犬様-

GW・・長男の体調不良で、予定していた鴨川シ-ワ-ルドが中止となり(翌日も休みでしたが、今年は無理せずって事で)、仕方なくガ-デニングをする事になりました。
ガ-デニング・・聞こえはいいけど、要は庭の片付けっすね。
コレ・・、つい最近、奥が仕上げた犬走りに沿ったレンガ貼り。250本のレンガと川砂10体を積んで、下ろしてと・・(笑)。
e0155830_19574848.jpg

自分、中学高校と外溝のバイトしてたので、ちょっとは解ってるんですけど、手伝わず(買出しと積み下ろしだけは手伝ったけど)。
理由は後ほど・・。
あまりにも勾配の合っていないところはサスガに貼りなおしましたけどね。
さて、このGWのガ-デニングは・・
e0155830_2012555.jpg

自宅の庭のほんの一部ですが、花壇の枠と犬小屋周りの整地、草花の移植と囲い直し、それと犬小屋に付いてたデッキ部分の解体(昔、犬小屋を組み立てた、エントリ-を覚えてますか?その時の小屋っす・ボロボロですが・笑)。この解体後の板を丸ノコで小さくしては、街のゴミ袋に詰めなおすのが意外な手間(そのまま出しても、持って行ってくれない)。
また、整地についてはお犬様が、どっこでも掘るから(体が熱いから掘ってそこで体を冷やしてるみたいです)、そこら中が凸凹状態。犬走りの奥に駐輪してるので、夜自転車で帰宅した子供が危ないので、自転車の通り道としてレンガを貼ったと言う訳です。
庭を造り始めた当初は芝を一面に張り、夏にはその上を素足で歩いたりしてましたが、お犬様がいらして以後は、どこでもする立ちションとうんちで、そんな事してる場合じゃなく、芝も枯れちゃうし-。
奥は奥で「庭、綺麗にしないの-」等と、勝手な事言ってるし-(怒)。
元々、動物は好きですが、単に可愛いだけで飼うのはオモチャと同じ。『人と同じように扱えない(飼えない)ならダメだよ』と言っていたのに、「もらって来ちゃった・子供達も喜んでるし-」と飼いはじめたのは奥なので、飼い犬の不始末は飼い主の責任なので、自分は手伝わない訳です(まあ、鬼じゃないので多少は手伝いますが。ソレが今回)。
本来なら、きちんと水平出して、勾配見て・・ってやるんですけど、そこはそれ、飼い主じゃないので適当に(犬小屋の土地をタダで貸してるだけですから・爆)。
そんな感じで、何とか綺麗に整地出来たかな-って感じのガ-デニングでしたが・・。
e0155830_2018651.jpg

速攻で穴を掘り、追加の花壇に陣取り、足元に散乱しているのは、先日アップした『スズランの花』

この惨状を見ても笑ってられる奥(飼い主)の感覚だけは、理解出来ない自分が居ります(マジここまで手伝って綺麗にしたのに、頭くるんすけど)。
[PR]
by dad1st | 2010-05-06 20:37 | 記憶

-砂上の過去-

ここ数年の間にブログ・仕事・身内・仲人と歯車が急に狂いだし、制御できない状況が続き、Depressive(憂鬱な)と言う訳でもないけど、かと言ってManic(躁的)でもなく(どっちも病気になっちゃう・笑)、Negative(消極的)でもなく、Positive(積極的)でもない中途半端な状態が続いて居ります。

強いて言えば「弱くなった」が適切なのか。
ここ数年で、確かに弱くなった気がします。
今日、昔の遊び仲間でもある仲人の弟さん(自分より1コ上)と十数年ぶりに長話をしました(共にヤンチャで遊んでたけど、お互い結婚し自然と疎遠になってしまってました)。
その中で当時「こんな危ない人間とは絶対付き合えないと思ってた」と奥の前で、ソレも真顔で言われたのはショックでした。
まあ、あくまで初対面時の感想で、その後、違う事に気付いたそうですけど(笑)。
今となっては笑い話だけど、確かに自分で自分が怖かった時があったのは確か。
狂気と狂喜が精神を支配し、全ての時・モノが自分を中心に回っていたと錯覚していたあの頃、きっと体中にバラ線を巻き、隙間から剥き出しの暴力が溢れ出していたのかも知れません。
今思えば、ソレらすべては虚栄と虚構で作られた砂上の楼閣の一部でもあったのかも知れない。
ただ人から見ると怖く映る砂上の自分を作り、そこに居場所を求めたのかも知れません。

どんなに逃げても、どんなに隠れても、老いは等しくやってくる。
死は突然にその生を破壊し、見えない恐怖が命あるものを支配する。

在るがまま、なるようにしかならない、その中でどう生きるか・・、22日は45回目の誕生日。
何故か弱気になってる自分が心の中に隠れて居ります。

あっ、ちょっといろいろありすぎて暗いブログになってしまいましたが、次は明るいネタを仕入れておきますので・・(笑)。

じゃ、また!
[PR]
by dad1st | 2009-12-20 20:57 | 記憶

-来世でまた-

今から26年前19歳の頃、硬派からヤンキ-へのTurning Pointは、ある中古車Shopオ-ナ-(30歳)との出逢いでした。
地元警察署の目の前にありながら、視線を向けるオマワリを嘲笑うかの様に爆音を奏でる様は、まるでその空間だけが、生を刻んでいるかの如く錯覚させる異空間でもありました。
その若いオ-ナ-も元ヤン、そして何度かブログに登場したステッカ-、YRC(Yoiko Racing Club)の会長。
その後も、暇さえあればShopに顔を出し、いつの間にか身内の様に長い時間を共に過ごす様になりました(用が無くても行ってたっけ・笑)。
26年間・・色んな所に出かけたり、危ない事もやったし、何と言っても仲人だし・・(笑)。
e0155830_2271241.jpg

89年、奥とのデ-トで借りたコルベット(お-っ、乗って遊んで来いよと。普通、貸さないって・東北道では、みんな車線を譲ってくれました・笑)。
時の流れと共に、色々な事情もあって昔の様に派手な付き合いも出来ず、不義理となったりはしてたけど、何故か切れる事はありませんでした。
まるでアカの他人なのに、他人に言わせりゃ「ソックリ」だそうで・・(身内に言わせても、ソックリだそうです・笑)。
12歳の歳の差以外、お互いが考えている事が手に取るように解る他人は、人生においてこの人しか居ないし、知らない。
十数年前から体調を崩し入退院を繰り返し、先日も久しぶりに遊びに行ったら入院してるとの事。
遊びが見舞いに変更になってしまったけど、久しぶりに逢うその笑顔は何時もと同じでした。
ダルそうだったけど、近況などを報告し「また来るね」と。
『おうっ!』と答えるその声に何の違和感も感じなかった。

12月14日
「容態が急変し、亡くなったの・・」とご家族より連絡が入った。

57歳・・早過ぎるその死に、天を仰ぎ涙をこらえるのが精一杯でした。
とにかく急ぎ奥とご自宅に向かうと、安らかなお顔で永遠の眠りにつかれていました。
大好きだった高校生の娘さんとも、意識はなかったけど最後に逢えたそうです(〇〇ちゃんが来たよとのNs.の呼びかけに、モニタ-の心拍数が上がったそうです・子供の事、大好きだったもんね)。

e0155830_2127204.jpg

公さん、アノ頃が1番楽しかったね。
今生はこれでお別れだけど、来世でもまた出逢ってたくさん遊ぼうね。


正直、ブログにアップするかどうか迷いました。
でも、この人が居たからこそ、アノ頃、アノ時代に輝くような時間を過ごす事が出来たと、今でも思ってます。

感謝の気持ちを込めて、これが天国まで届いてくれるとありがたいです。
[PR]
by dad1st | 2009-12-15 22:05 | 記憶

Silver Week・・。

Silver Weekなるこの連休、どっこも混むだろうから自宅でゆっくりしたい自分ですが・・そんな戯言が許されるはずも無く・・。
AM9:00、東北道加須ICから入ったはいいけれど、FM Nack5の交通情報で60キロの渋滞。
はいっ?終わった・・(泣)。
4時間30分後・・。
e0155830_22422494.jpg

何度も来ていながら、初めて乗った遊覧船(寒かった-)。
その後、絶品チ-ズケ-キを食べ。
e0155830_22454369.jpg

滝を見て。
e0155830_2244138.jpg

腹ごなしに散歩。
e0155830_22444986.jpg

ブルックが留守の流れと近付く秋色の草木を見ながら、癒される以上に疲れてきました(爆)。

その後、有名な浅井精肉店でソ-スカツ丼を食べて帰宅(帰路、渋滞が残っていましたが、2時間30分で着きました)。


番外編
いや-、60㌔だとか45㌔とかの渋滞情報が出る度に「ざけんなよ」と。

浅井食堂のソ-スカツ丼は今だ食べた事が無く、初めて食べました。美味しいんですが、いい肉も使ってるんですが、ぶっちゃけ多すぎます。3口ヒレカツ5枚が丼に乗せられてる感じをイメ-ジしてみて下さい。当然の事ですが、胃薬を飲みました(帰宅後、再度飲みました)。
問題点ですが、ソースが自分にはしょっぱかった事と、待ち時間1時間30分はキツイ(行った時には昼の時間が終わってしまい、夕方の部が始まってから行ったのですが、長い待ちと寒さは子供達には辛いかな)。

帰路は渋滞と言っても9㌔とか11㌔が所々で・・って形だったんですが、「おいっ、サンデ-!なに追い越し車線を40キロで走ってんだよ。一般道じゃね-んだよ」、「それと、車間距離を大きく空けるお前、そんなに空けるから前に入られ、ブレ-キを踏むんだよ。お陰でこっちも要らぬブレ-キを踏む羽目になるだろ-」「最悪、あのね-無理に入りこんでブレ-キ踏むの止めてくれる。頭に来たから煽れば逃げるし、後ろに付きやがるし・・、ドカンとブレ-キかけたらビビッてすぐに離れるし・・。だったらやるなよ」

いや-、自然に癒され、美味しいものを食べて来ましたが、渋滞のイラつきには勝てず・・が、今日の1日でした。
何をしに行ったのか解らない自分ですが、子供たちは解らないけど楽しかったそうです(ワハハ)。

前エントリ-、毛鉤が巻けたらお知らせします。
[PR]
by dad1st | 2009-09-21 23:09 | 記憶 | Comments(4)

お盆。

台風・地震により被害に遭われた方々の早期復興と、お亡くなりになられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

昨年末にお袋が急逝したために、今年のお盆は新盆となりました。

親が生きている事が当たり前と思い、不義理を不義理と思わずに過ごして来ただけに、その後暫くは後悔しきりの日々を送る事になったのは言うまでもありません。

親族挨拶で「何時かはこんな日が来るとは思っていましたが、ソレが今とは思わず・・」、亡き骸にただただ謝り、泣く事しか出来なかった自分がそこに居りました。

月日の流れと共に「何時かはお袋の元に行くから・・」と思えるようになり、その時にお袋に怒られない様な人生を送らなければいけないな・・と(笑)。


何かにつけ『釣ばかりしてるから・・』と怒られ(いまだにコレは意味が解らないんですけど・笑)、『危ないから・・』と心配され(泳げないから、深い所には行かないのに・爆)、親の心・・知ってましたよ。

まだまだそっちには行けないけれど、ちゃ-んと子供達を育てて、十分幸せに生きたら、きっとまたお袋の元に行くから、心配しないで待っててね。


お盆・・考えると悲しいものですが「元気で頑張ってますよ」とご先祖様に言えるよう、これからも頑張って生きて行きたいものです。

※私事のエントリ-ですので、コメント不可としています。お盆休み、楽しくお過ごし下さい。
[PR]
by dad1st | 2009-08-13 18:02 | 記憶

雑魚。

e0155830_17185616.jpg

先日行った場所へ今日も雑魚釣り。
今日は奥も同行(AM釣りでPM買い物予定だから)。
先に釣ったのは次男。
小さなクチボソのクチからハリを外すのも一苦労。
先に釣った強み、何でも言える次男に対抗しようとする長男ですが・・、釣れないから勝てない。
その後釣れた長男の口からは自然と歌が・・(爆)。
奥もやってみましたが「ボ」でした。

雑魚釣・・実は奥が深いんですよね-。
[PR]
by dad1st | 2009-03-29 17:33 | 記憶 | Comments(2)

ゆっくりと流れる時間。

昔は何処でも釣れた気がするんだけど、今は捜し歩かないと見つからない。
お彼岸の合間の暖かな日。
田んぼ用の用水路で竿を出す子供達。
こんな時間の過ごし方が、実はとても大切な時間なんだ・・と、思わず反省してたりして・・。^^;

長閑な風景を見ていたら思わず、お袋と子供達が一緒に田んぼでお茶を飲んでいた小さい頃の写真が思い出され、ちょっと悲しくなったりしました。
e0155830_8415698.jpg

とは言え、ゆっくりでも前に進まないと。
ブログの「行けるとこまで・・」は、そのまんまの意味。
無理せずに行けるとこまで行ければいいかな・・。
と言う事で、自分の一期を残す意味も含め、ブログ(日記)を再開しました。
以前ほどは更新しないだろうけど、今後とも宜しくお願いします。

私事で恐縮ですが、ご心配頂いた皆様には、この場をお借りして心より感謝とお礼を申し上げます。


さて、釣果ですが・・
e0155830_8432388.jpg

上下共に5尾ずつ釣れて喜んでました。
放流モノではなく、ネイティブなヒレピンです(爆)。
次は持ち帰って、家で飼うそうです(迷惑・笑)。^^;

追記
dadlifeでHNを入れようとしたら入らなかったので、dad1stになりました。

赤虫を触れなかった子供達も自分で付けられる様になりました。
ハリも外せる様になりました(カエシが付いてるので)。
[PR]
by dad1st | 2009-03-22 09:20 | 記憶 | Comments(6)