<   2010年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

-次ぎの本と次ぎのFF-

-次ぎの本-
「グラスホッパ-」終了。
じゃあ「マリアビ-トル」と思ったら、古本屋で「重力ピエロ」を見つけたので、コッチへ変更(笑)。
e0155830_1322412.jpg

グラスホッパ-についての補足。
そう言えば、最初に感じた「グラス」の違和感は、殺し屋=ハ-ドボイルドな世界と認識(イメ-ジ)してた自分(古典的ですね-・爆)の意識のズレが、違和感としてあったみたいで、途中からは逆に凄いね-と展開の妙に、感じ入ってました(笑えるし)。
続編的な「マリアビ-トル」が楽しみです。

-次ぎのFF-
先日届いたEJさんからのモノフィラで、シマケンコイルを組んでみました。
クロスオ-ストリッチもキ-ル状になる様、レシピ通りに結んであります。
さて、どんな結果が待っているのか?楽しみです。
その後、まだガイドに通してないのに、毛鉤を結んでしまった事に気付いた自分でした(外さないと。アホじゃ・爆)。
e0155830_21163758.jpg


-次ぎのFF-追加
FR誌最新号の中に「ヨ-ロピアン・ニンフィングとは!!」と言うペ-ジがあります。
その中に「コイルド・インジケ-タ-」なるモノが出てきます。
作り方は違えどシマケンコイルですよコレ。
と思ったら、島崎憲司郎氏がコレを世に開示した時期と重なるのかどうかは解かりませんが、シマケンコイルとは別にヨ-ロッパでは「コイルド・サイタ-」なる名で世に出ていたそうです(EJさんよりの情報)。
[PR]
by dad1st | 2010-10-29 13:29 | FF | Comments(10)

-誇大過ぎっしょ-

e0155830_22582886.jpg平日のそれも雨なのに、ど-してこんなに人が居るのか不思議でしょ-がない。
本日OPENのキャスティング
昨日、折込広告が入り名前からして、ちょっと気になってました。

自宅の隣の隣のそのまた隣街辺りに出来た、釣り専門の大型店(広告では関東最大級の釣具の殿堂だと)。
車検の予備点検で、出だしたついでにR16を春日部から大宮方面へ。元荒川を渡った辺りから渋滞で動かず(ちょっとイラ)でしたが、我慢して何とか到着。
埼玉近郊の釣り人口ってそんなに多いのかな-?って位、メチャ混みでした。
途中で、渋滞の理由が駐車場が狭いから流れないと解かり「ざけんなよ」とブチキレ状態(最大級って謳ってるなら、それなりの駐車場を作っとけ・怒)。まあ、一応ココまで来たのだからと「会員カードお作りしますけど」の、おね-ちゃんの声に、思わず作ろうかな-と思ったら、登録料¥500だって(今時OPEN時にそんなとこね-よ・怒)。
で、当然入会せず広い店内をフライのコーナーを探しにあちこち徘徊すると、ありました。
サスガ、関東最大級と謳うだけのことはある。
e0155830_19482460.jpg1階はコレだけ。
写真(携帯なので)解かり難いでしょうけど、ロッドに関してはガラスケ-ス上にあるグレインとどっかのコンボセットのみ。その下のケ-スにあるのはシマノのリ-ルが10%引き。後は何処のメ-カ-だろ-?解からない。ケ-ス奥のロッドはフライロッドではありません(何のロッドなの?よく解からん・笑)。
関東最大級は?

e0155830_22143396.jpgコレだけじゃ無いでしょ-と2階へ行くと、ソコにはまさかのラインと完成品のフライ他、小物ばっかの小コ-ナ-で終わり。
関東最大級?の考えるFFはこんなモンなんでしょ-ね。一応形だけ作ったんでしょ-。まともなタイイングとか出来ないですよ。だってマテリアル置いてないモン(殿堂?誇大過ぎでしょ?FFナメてんのか?)。
ココでは釣りのジャンルにFFが入っていない事がよ-くわかりました(関東最小?)。
雨の中、出かけて損した(二度と行かない・怒)。



-番外編-
e0155830_2215471.jpg夜勤明けで眠い中、出かけてこのザマ。
イライラしながら帰宅したら、ポストにブログでお付き合い下さっている山口のEJさんよりモノフィラが送られて来ました。
クロスオ-ストリッチの毛鉤と相性の良い島崎憲司郎氏考案のシマケンコイルを作る為のアイテム。
釣りに縁の無い自分ですので、モノフィラを持っておりませんでしたし、ぶっちゃけモノフィラって何?の世界でしたので(笑)。
お陰様でイラつきモ-ドが消えました(わはは)。
この場をお借りして
『EJさんありがとうございました。今度使ってみま-す』。
[PR]
by dad1st | 2010-10-28 17:01 | FF | Comments(8)

-(乱)読書の秋-

村上春樹氏の「1Q84」、短編小説集の「象の消滅」、ベルハルト・シュリンク著「朗読者」終了。
次なる本を求め本屋を彷徨ってたら、何気に気になる本があった。
伊坂幸太郎著「マリアビ-トル」-殺し屋たちの協奏曲-。
「重力ピエロ」って本が記憶の片隅にあったけど、その作家が伊坂幸太郎氏とは知らず。
残念ながら「重力」を読む前に「マリアビ-トル」が気になってしまった訳で、さてソレ「マリア」を買おうかと思ったら、書店側の推薦コメントに<グラスホッパ-に続く云々>と。
グラスホッパ-?聞いたことある様な無い様な。
ソレから「グラスホッパ-」を求め本屋を彷徨い(なかなか見つからず)、やっと見つけて購入。
e0155830_1152082.jpg

ついでにブックカバ-も購入(汚れるのが嫌いなので・神経質)。
殺し屋、お洒落な職業ですね-(自分も何人か殺したい人居ますけど・爆)。

さて、「グラスホッパー」ですが、途中経過としての評価は(概ね)面白いですよ。
ただ、殺し屋側の押しが弱いのかな-と(もしかすると狙って書いてるのかも知れませんが)。
もちっとハ-ドボイルド的な感情を殺した冷たさが表面に出ると嬉しいんだけど。
まあ、コレを買う前に「菱」絡みの本を立ち読みしてたので仕方ないか?(わはは)。

節操無く何でも読んでますけど「乱読も亦た楽しからずや」って事で(笑)。

※ブクログなるページを見つけました。
新刊やランキングなどレビュ-付きで見られるので、とっても便利っすよ。
[PR]
by dad1st | 2010-10-25 11:48 | Book

-クロスオ-ストリッチ-

注文していた「オ-ストリッチ」が入荷(イイ感じの色です)。
e0155830_1242786.jpg

フックはTMCの108ではなく、水面直下をリトリ-ブしたいので、AFB730。
e0155830_1924547.jpg

細いワイヤ-は切れ易いので、彼の島崎憲司郎氏が「シマザキ式ワイヤ-ボビン」なるモノを考案(お手軽に改造できる)。
しかし、手持ちのボビン数の関係上ソレは無理なので、押さえのアームを拡げて緩いテンションで対応する自分。
力加減さえ間違わなければ、ウイップフィニッシュまでストレス無く巻けます(途中で切れたらソコから無理矢理巻く・笑)。
e0155830_8322136.jpg巻くのは超簡単。
出来に左右されない毛鉤なので、適当でも大丈夫らしい。

難しいのは現場での状況判断と腕(わはは)。
[PR]
by dad1st | 2010-10-17 12:07 | FF | Comments(10)

-管釣り-

管理釣り場でお金を払っている以上、魚が釣れなきゃ意味が無いでしょ-!と、某有名FAに行く度に思う自分。
それだけに、管釣り側の意図するところが解からない。
渓流であればソレも致し方ないと思うけど、金払って魚が釣れないってどんなトコ?。
ビギナ-ならいざ知らず、自分をして納得出来ないほど釣れない某有名FAには疑問符が付くばかり(上手・下手のレベルじゃないと思う)。
ならばどうして行くのか?と聞かれれば、ぶっちゃけ家から1番近いから(マジでそれだけ)。
魚がばっくれてるのか?元々居ないのか?たとえ釣れても魚はヒレボロな個体ばかり。
じゃあ行かなきゃいいのに?と言われりゃソコまででなんですけど、あと2回行けばタダ券になるので(セコイ様ですが、タダでキャスレと釣り程度が出来ると思えば得。ソレにココまで来て止めるのも損・自爆)。

さて、そんな某有名FAとは逆に、きちんと遊べる管理釣り場へ(魚も綺麗)。
e0155830_20391554.jpg

今日はオッサンとLake Wood Resort へ行って来ました。
夕方には予定がある為2時間券での遊びでしたが、1発目からクロスオ-ストリッチへ出るなど、効果の程が解かったので量産しようかと・・、そう思う自分の隣で、ソレを使っていないオッサンの方が確実に釣っていたのは技術(腕)の差です。
クロスオ-ストリッチとピ-コックボ-ル(ココでは無敵・笑)で、今日はオッサンに勝てるかな-って思ってたんですけどね-、無理でした(わはは)。
やっぱ尋常じゃないです、この人(爆)。

-番外編-
ティペット5X、#16の毛鉤を使う自分に対し、4Xのティペットに#14の毛鉤をリトリ-ブで釣るオッサン。
小さい毛鉤ならもっと釣れるけど、鈎を外すのが億劫だからと(ソレ以上釣ってどうすんの?と笑うしかない自分でした)。
ついでに、ティペット4Xですが、自分は5Xって言ったら、さっさと釣って(抜いて)さっさと逃がす。
コレが魚へのダメ-ジが1番少ないC&Rの仕方だよと、嫌味たっぷりに(理由は下記)。

最初にオ-ナ-がレギュレ-ションの説明、魚の扱い等をあ-だこ-だとオッサンに言ってたので、マズイと思ったんですよね-(この人、FF素人じゃないのに・苦笑)。
魚を傷めないなら、太い糸でさっさと釣ってさっさと逃がした方が、ダメージが少ないんだよ!バ-ブレス云々、取り込み云々じゃなくて、最初からそう説明すりゃいいんだよって笑ってはいたけど(目がね・・)。
まあ、知らない人から見たら、胡散臭いオッサンなんでしょうけど(次ぎはもう来ないだろ-な-・失笑)。
あっ、自分は遊びに行きますので(笑)。
[PR]
by dad1st | 2010-10-15 18:11 | FF

-暫し読書-

10.10-追記-
クロスオーストリッチについて「フライの雑誌」を再度読み返してたら。
90号の中で、島崎憲司郎さん曰く「・・でも、フライというのは生き餌ではないので、テキト-に放り込めば必ず入れ食いというわけではないですよ。・・・だから、当たり前の話ですが、その状況に応じたワナの仕掛け方が巧みな人ほどフライが活きる。逆にそのあたりが全然駄目だったりすると、どんな上等のフライを使ってみても不発に終わりかねない。このへんがフライフィッシングのコワさであり、また逆に醍醐味でもあるわけですけどネ・・。」
仰る通りでした。


-暫し読書-

生憎の雨模様で迎えた3連休、何の計画もしてなかったので、ある意味セ-フ(笑)。
昨日の「クロスオーストリッチ」撃沈を踏まえ、更なる修正を加えるべく、先ずはマテリアルの手配を(クロスオ-ストリッチじゃなくて、単なるオ-ストリッチですのでお間違えなく・爆)。
馴染みのSHOPにオ-ダ-(こうやって書くと、さも常連のように聞こえるでしょ?。なんの事はない、ソコしか近場にSHOPがないのと、「在庫が無いから入れておきますね」と言われただけの話・下手がカッコつけてど-すんじゃい・核爆)。

雑誌『Fishing Cafe』。
e0155830_13155338.jpg

お知り合いが載ってるので、読もうかと。
しかし、近所の書店では売ってないので、ネットで購入。
禁漁中ですが、素敵な写真を見たり、文章を読んでいるだけで癒される(ちょっとですけど・笑)。

村上春樹著『象の消滅』短編集。
e0155830_13211465.jpg
1Q84に感銘を受け、ちょっと過去の作品も読んでみよ-かな-と。
ノ-ベル文学賞は残念でしたけど、素晴らしい作家(人)ですよ(自分如きに言われたくないでしょうけど、小説に興味の無かった自分が言うんですから・笑)。


さてと、連休の雨がBGMに変わる午後、雨音に溶け込みながら読書でもしよ-かな。
[PR]
by dad1st | 2010-10-09 13:47 | Book

-どんな毛鉤を使ってるんですか?-

平日休みの今日は、先日巻いたクロスオーストリッチの実釣テスト。
運転しながらル-スニングで行くか、リトリ-ブで行くか、どっちにしようかな-と頬が緩む自分(気持ちはポジティブを通り越し、能天気状態)。
レイクウッドで実績のある毛鉤を使って、クロスオ-ストリッチと比べてみるのも面白いな-(超釣れる気満々)。
他の客の横で、ガンガン釣ってたらど-だろ-な-(どんな毛鉤?って聞かれたら、教えてあげよ-っと・誰も止められない・核爆)。
e0155830_18433546.jpg

そんなウキウキ気分で到着した超有名某FA
お出迎えは蜘蛛(廃墟かい!)。
e0155830_18441632.jpg

調子に乗って巻いて行ったけど使わず(多分釣れなかったであろう)。

-数時間後-
何が悪いんだろ-?。
ココでいい思いした記憶が無い(相性が悪いのか?)。
腕?(知ってるって・笑)。
ソレはいいんだけど、自分以外の客も釣れて無い。
リトリ-ブはタイミングもあるから解かるんだけど、ル-スニングはソコまでシビアじゃ無いはず。ソレでもダメってど-言う事?
言い訳じゃないけど、魚居ないっすよ。何処もライズってないし、表層にも見えない。
土管の流れ出しに固まってるだけっすから。

-結果-
満を持して繰り出した『クロスオ-ストリッチ』全滅。
対比に繰り出した毛鉤(レイクウッド仕様及びその他)、かすりもせず。
釣れたのは、昔から使ってるウエットバ-ジョン1本と、終了間際に冗談で切り替えたドライ。
ソレがなんと、エルクヘアカディスってのがいいでしょ(嘘の様な本当の話)。

-考察-
考察できない。
タイイングレベルで修正しないと厳しい。原因は細かいレベルでの組み合わせによるモノだと思うんですけど、分析できるレベルにないので試行錯誤しながらやるしかないかなと。
先に書きましたが、マジで魚が居ないのかも?と思いたくなる。


終わってみれば、誰一人として「どんな毛鉤を使ってるんですか?」と聞く人は居りませんでした(オレが聞きたい位だ・わはは)。

久しぶりに振った#6ロッドは、力任せのキャストでル-プが安定せず(3度自分を釣った・危険だ)。
最後の方でやっと意識しながら力を抜いて振れる様になった(本当は無意識がいいのだけれど、その域には達せず・笑)。
余計な力が抜けると自然と綺麗なループが出来て、ソレを見てるだけでキャスティングが楽しくなる。
だからFFは面白い。
[PR]
by dad1st | 2010-10-08 19:04 | FF | Comments(8)

-オ-ストリッチなの-

「フライの雑誌90号」最新刊前回は聖地湯川の話でした。
今回は表紙に書かれている『クロスオ-ストリッチ』の話。
彼の島崎憲司郎氏が考案したフライの名前が上記『クロスオ-ストリッチ』。
ソレを「クロスオ-ストリッチ」なる名の羽が売られているんだと、大きな勘違いをしていたのが自分。ソレも88号で紹介されて90号(最新刊)でも気付かず。色々調べるもオーストリッチはあるが、クロスは無い。ど-したものかと思ってたら、masuzawaさんのブログで、オ-ストリッチをクロスさせ・・との解説。あ--、そう言う意味だったんですか-と、嘘の様な本当のボケをかまして居た自分。ココまで来て、やっと意味が繋がった(自爆)。
で、巻いてみたいが、オ-ストリッチ&TMC108SP-BLを持ってない。
とは言え、そこはサスガ編集部、他のフックで釣れる事は実証済み。
ならば先ずはマテリアルを仕入れないと・・。
『もしもし、ちょっとお聞きしたいんですけど-。オ-ストリッチって持ってます?』
「あるよ。どうすんの?」
『何か、凄いらしいんですよ』『だから下さい』
「いいよ」
e0155830_1214957.jpg

まあこんな電話のあとに、オッサンの所へ言って貰って来ました(とりあえずの量だけ)。
で、巻いてみたんですけど、雑誌の様に巻けないのがナンか気に入らない(簡単って書いてあるんだけど・笑)。
なので、毛鉤は載せずに『クロスオ-ストリッチ』を商品名と勘違いした「自虐ネタ」で終わらせようと思ったら、本文中で島崎さん「まじめな話、これが巻けなかったらやめた方がいいかも(笑)」と。
てな訳で、ル-スニングとリトリ-ブで遊ぼうと、TMC100BL(重さがあるので)で巻いてみました(108は持って無いので。が、何か違うフックが混ざってる様な気が・笑)。
e0155830_12132372.jpg

何故か違和感あるんですよね-。
まあ、適当に巻いても釣れるそうですけど-(因みに、適当に巻いてないんですけど・失笑)。
[PR]
by dad1st | 2010-10-07 12:29 | FF | Comments(4)

-聖地騒動-

フライの雑誌 最新刊。
e0155830_16323552.jpg

P26に『日光湯川、禁漁騒動の今後』と題し2Pの記事が編集部によって記されています。

このペ-ジの中に言い出しっぺは□研であるってところがあるんですよ(書いていいのか?)。
今回の騒動の本当の構図はこうだ。と詳しく書かれています(書いていいのか?)
で、思わず成る程と理解しました。(水□のところは、雑誌を買うか立ち読みして下さい・爆)。

今回の騒動について、最初から最後まできちんと説明したFF関連誌は、自分が知る限りこの雑誌だけでした。
[PR]
by dad1st | 2010-10-01 17:47 | FF | Comments(18)