<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

-住む世界が違いますが・・-

-Bookブログ-
e0155830_1217382.jpg『憚りながら』 後藤 忠政著 宝島社。
何気にお得意のジャンルでもあるし、一時、結構話題に上ったので、読んでみました(基本、自叙伝)。
暴露本的な部分(交友録)もありますが、まあ、たまげる程の黒い交際じゃないし・・。
このクラス(世界)になれば、当然っちゃ当然のお付き合いっしょ。

感想・・印税の全ては今回の東北大震災復興に全額寄付するとのことです(文庫本の印税)。
コレに関しては、侠気だな-と。

感想になってないですけど・・まあ、美化しても変だし、ご本人も望んで無いっしょ。^^

祈り、そして偽善する。

※コメント無しにしときます(サスガにね-・笑)。
[PR]
by dad1st | 2011-08-29 12:48 | Book

-釣り行けない・毛鉤巻けない-

7月25日追記

e0155830_14482598.jpg昨日と今日の午前中でコレしか巻けずですが、まあ、2回位の釣行は大丈夫かなと。
今日もやる事が無いので引きこもっております(わはは)。


7月24日エントリ-
ひっさびっさの2連休。
7月以後・アブが出るから・・と、敬遠していた事もあり、この時期どこへ行けばいいかが、さっぱり解からず(わはは)。
湯川って手も考えたけど、さすがにソロじゃかったるいし・・(あそこ一人だと、つまんないっしょ)。
じゃあ、ど-しよ-かと考えた結果、止めた・・となった。
せっかくの2連休なので、毛鉤の補充でもしようかと思いバイスに向かうが・・、コレが持続しない(すぐに飽きる)。
e0155830_17564485.jpg

と同時に、パターンが浮かばない(ヤバイか?爆)。
コレはまずいとばかりに、雑誌をパラパラとめくるが・・自分の嫌いなパタ-ンや面倒くさそうなパタ-ン、今が旬なテレストリアル等のパタ-ンばっか(但し、自分の場合、アブが居るのでこのパタ-ンの出撃予定は無いでしょ・核爆)。
何とか釣れそうな感じがする様な毛鉤を、数種類、巻いてはみたのだが・・(頭の中ではガバッと出てるんですけどね-)、コレばかりはお魚さん次第なので、何とも言えず・・。^^;
※写真の毛鉤・・・現場でバランス取らないとダメかと?(ボディ-とエルクの間、V字にウイングが付いてます・見た目カッコイイので・笑)。

禁漁まで残り僅か、行く予定の全く立ってない状況下で、何故巻いているのか?
FFのブログだから・・か?(たまには出さないとね・自爆)。

祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2011-08-24 18:02 | FF | Comments(9)

-メンタンピン-

マ-ジャンの世界において20年間無敗を誇り、伝説の雀鬼と謳われた桜井 章一が『惑わされない生き方』を説いた一冊。
e0155830_15345642.jpg

『そんなこと、気にするな』 桜井 章一著 廣済堂新書。
自分、マ-ジャンは高校の頃にちょこっとやりました。
就職後も少しやりましたが、如何せん点数が解からない(わはは)。
ついでに上手な人とやると、そのペ-スについていけない(切るの早過ぎ・笑)。
っ-事で、マ-ジャンにハマることなく、今日に至っております(役も忘れました)。

そんな自分がこの本を手にしたのは・・いつもの如く立ち読みから・・。

あなたが個人的に、いま一番怖いものはなんだろうか。
私にずばり、言わせてもらえるなら、・・・それは、「失業」ではないか。
リストラや会社の倒産によって、職を失う事。
それによる生活不安が・・・あなたが漠然と抱えている最大の恐怖だろう(文中より)。


ここをパラパラと見た瞬間に、コレに「惑わされず」に行けるのか?と、即買いしました。

感想ですが・・ガネ-シャの勝ち!って事で(失業を怖がらずに行けるはず無いっしょ)。

さて、次に読むのは、実はお得意のジャンルです(暫しお待ちを)。


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2011-08-21 16:04 | Book | Comments(2)

-ガネ-シャ-

Book Blog的なエントリ-が暫く滞っておりましたが、相変わらず乱読は続けております(笑)。
その中で世のお子様達にお勧めなのがコレ(2007.8月初版と古いですけど・苦笑)。
e0155830_214842100.jpg

『夢をかなえるゾウ』 水野敬也著 飛鳥新社。
ジャンル的には自己啓発本ですが(170万部のベストセラ-)、それだけのくくりで語るにはおしい程、得るモノは多いと思います(毎回出されるガネ-シャからの課題)。
最近文庫本化されたこの本、笑えるほどおかし中で、人生を学び、そして最後には人に優しくなれると思う(多分)一冊だと(思う)。
暇があったら、立ち読みして(させて)みて下さい。
世の大人達にも忘れていたモノを思い出させてくれる一冊となるはずです(多分・笑)。


祈り、そして偽善今だ続く。
[PR]
by dad1st | 2011-08-17 23:00 | Book | Comments(6)

-お盆-

お盆のこの時期は事故の多い時期でもあります。
冗談抜きで『引っ張られるから、気をつけろ』とは、子供の頃から親に言われ続けた言葉。
子供たちにも同じ事を教えています。
御先祖様に守られながら今日があることに感謝し、日々過ごしているつもりですが、実際はどんなモンなんでしょ?(笑)。
お盆中は仕事のため、ブログの更新は予定して居りません。
逆に、皆様のエントリ-を楽しみに待ってます(笑)。
e0155830_2242973.jpg

では、楽しいお盆休みを過ごされますよう。^^


祈り、そして偽善する。
[PR]
by dad1st | 2011-08-12 22:50

-ゴ-ヤ料理-

頂きモノのゴ-ヤ。
種類が違うそうなので、ちょっと2品。
e0155830_1517712.jpg


定番の・・ゴ-ヤチャンプル。
e0155830_1518051.jpg

入れ忘れた調味料多々あり(まっ、食べられるでしょ-・自爆)。
ソレと・・。
e0155830_1525195.jpg

ゴ-ヤとツナのサラダ。
ゴーヤ料理なんか作った事が無いので、ネットで検索。
味については、誤魔化せるレベルってところですかね(わはは)。

そ-そ-、やっぱゴ-ヤは苦かった(自爆)。
長男は「何とかなんじゃね-」と。
次男坊は「無理」だそうです(笑)。
奥も「無理」だそうで・・(作った人に失礼だろ-・俺だ)。

祈り、そして偽善する。
お盆休み、自分は14日のみが休みです(休み減のため)。
帰省・家族旅行・釣り等に行かれる皆さん、お気をつけて楽しんで来て下さい。
[PR]
by dad1st | 2011-08-11 15:31 | Comments(2)

-偽善のかたち-

『祈り、そして偽善する』自分ですが(苦笑)、今回の帰省でも、ちょびっと偽善(ホンのちょびっと)。
コンビニのお釣り・・100円以下の小銭については、ほとんどを義捐金の募金箱へ。
そして・・(解かり難いので、ちと大きくなります・笑)。
e0155830_1912142.jpg

岩手・宮城・福島各県のお土産を帰路買いまくる(程ではないですが・わはは)。
少しは復興のお役にたてたんでしょ-か?(わかんないけど、財布が軽くなったのは確か・自爆)。
ついでに体重が増えたのも確か(仕事に戻ったら減ったけど・核爆)。
極めつけは・・。
e0155830_1919748.jpg東日本大震災復興宝くじ。
この収益金は全額災害復興に役立てられます(へ-っ)。
いいんじゃないっすか?(素晴らしい宝くじじゃ)。
当選したら3県に多少の寄付をして、残ったお金で何年かに分けて3県に遊びに行って、そこで直接地元にお金を落としてこようかな・・と、夢を見をている自分がおります(わはは)。



祈り、そして偽善する(ちょっと休憩しないと・自爆)。
[PR]
by dad1st | 2011-08-08 19:30 | Comments(4)

-縄文文化-

ちとピンが甘い点、ご勘弁下さい(全てちょいと大きくなります・笑)。
e0155830_1642231.jpg

十字型板状土偶(masuzawaさん、サスガ。コレなかなか解からないですよ)。
e0155830_16432381.jpg

上写真よりちょっと小さな、板状土偶。
e0155830_16444343.jpg

約4200年前の木柱(コレ、凄く綺麗です)。
e0155830_164553100.jpg

膨大な出土品の中で研究者が最も注目している遺物のひとつに意外にも小さな骨角器がある「超一級史料」「この研究に一生を捧げる価値がある」など、最大限の賛辞が聞かれる。
 骨角器は普通カルシュウム分の多い貝塚からの出土例が多いので、カルシュウムが付着して形しか分らないが、三内丸山出土品は無酸素状態の泥炭層から掘り出されので、三内丸山縄文人が使っていた当時の色そのまま、使用した痕跡まで確認できる・・そうです。
e0155830_16494552.jpg

描かれた人・・縄文時代には土器に線で人が描かれることは非常に少なく、三内丸山遺跡でも初めての出土です・・との事。

約5000年前の縄文時代(前・中期)に栄えた津軽の縄文文化。
その地に身を置くと、時間がゆっくり過ぎて行くような錯覚に陥ります。

と言うことで、一応一点勝負じゃないけど、Upしてない写真も含め再度Upしてみました。
本物を目にされるのが一番よいのでしょうが、まあ少しでも時空を超えられれば幸いかと。
同時に、体の奥底に眠る太古のDNAを呼び醒ましてみて下さい(だからと言って、火起こしとかしないで下さいね・笑)。


記すのを忘れてたけど・・、祈り、そして偽善してきた。
[PR]
by dad1st | 2011-08-07 17:08

-青森紀行-

e0155830_134270.jpg

枚数が多いのでひとまとめにしました(ちょっと拡大します)。
31日朝、10時間かけて到着(キツイ)。
お盆に帰省出来ない為、先ずはご先祖様のお墓参り。
その後、購入したい家電があるとの事で、値引き交渉してたら1日が終わった(笑)。
値引きについてはちょっと不満が残る自分ですが、回りからすれば「やり過ぎ」らしい(皆、甘いな・フフフ)。
2日目は水族館。
浅虫水族館・・長男については多分記録が出来るほど帰省の度に行く場所・・。そろそろ行かなくていいんじゃね?と思うも、義父にとって、いまだ孫の喜ぶスポットの頂点に君臨しているらしい(小さい時から、行けば喜んでたので、きっと今でも記憶に残ってるんでしょうね)。
3日目、上の写真「三内丸山遺跡」。
6本柱が出来た頃に数回来たけど、今だ無料公開・無料のボランティアガイドには頭が下がる。
e0155830_13205349.jpg

ちょうど青森県立美術館で「印象派展」が開かれていた。
モネの睡蓮が展示されていたので思わず魅入ってしまった(積みわらもあったけど、さすがに写真は無理・笑)。
あと、一度見たかったのねコレ・・あおもり犬(超デカイ・建物の3階位あるのかな?)。
e0155830_1325378.jpg

食ですが、帰省の折に決して外すことのできないモノ、実家から程近い所にある「ひがしやま」なる焼き肉店。
到着した日と帰宅する日に喰いまくった(因みにコッチでこの量を食べたら、確実に倍の値段は覚悟だな)。
マグロ丼・・「鶴亀屋食堂」。浅虫水族館の途中にある旅番組には必ず出るお店。デカ盛りで有名(毎回もう無理と言いながら翌年に同じモノを注文し、もう無理と言い続けている・アホですな)。
おにぎりは古代米を模して作られたモノ(雑穀米って感じで、おいしかったです)。
e0155830_13332575.jpg

結婚する20年前までは、青森って寒風吹きすさぶ中、行商の婆さんが風呂敷背負って・・と、失礼なイメ-ジを描いていた自分(いや-アホですな)。
今じゃ『地元の方が田舎じゃん』ってみんなに言ってるけど(わはは)。
この20年、年に1度は最低でも遊びに行く東北、そこは時間の流れがとてもゆっくり流れ、自然(環境)に癒されるだけではなく、出逢う人々にも癒される場所でした。
癒されたい方、一度は東北を旅してみて下さい。
その時だけは、絶対に幸せな気持ちになれます(帰宅したら、知りませんが・笑)。
この5日間、おかげさまでゆっくりする事ができました。
帰路、半ば意識の飛ぶ状態で運転しながら(居眠りでしょ・笑えないけど)、明日からの仕事を考え一人ブル-になりましたけどね(11時間かかりました・自爆)。

さて、写真のヤマメのブロンズですが、釣り雑誌に登場する浅瀬石(あせいし)川なる川の橋にくっついてるブロンズ。
行く度にギッてこようか?と思うんだけど(わはは)。
中途半端に時間が出来たので、それじゃFFとばかりに(Rod持って行ったのね-・長袖忘れて買ったけど)出発し、昼に到着(肋骨骨折も気になったけど、釣りも気になった・アホでしょ)。
この写真の橋の所までは良かった・・。
この後、車を路肩に止めた瞬間にバチバチとガラスに突進してくる物体があああああ・・アブだ--。それもデカイ(マジで無理っしょ)。
当然、速攻「退却」しましたので、FF絡みはコレだけです(泣)。

来年こそはアブの出ない早朝に行こうと心に決めた自分でした(わはは)。
そう言えば、31日から3日の夜までは、掛け布団と毛布を使ってました。こんな寒い青森は結婚から数年頃までだったんじゃないかな?
ざま-見ろ!とばかりに、暑いであろう埼玉に電話したら「こっちも涼しいよ」と言われ、思わず舌打ちをしたのは言うまでもありません。

-長文お付き合い、ありがとうございました-
[PR]
by dad1st | 2011-08-05 14:42 | Comments(8)