<   2015年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

-保護者付-

e0155830_1148258.jpg先週年券を購入。
で、昨日も大芦に釣りに行きましたが、日釣り券を購入。
何で?→もしもの時の大きな安心で、大学が休みの長男坊が同行したから・・(笑)。
さて、写真がコレしかないコトについて→1つはセルフタイマ-で撮ったモノがひど過ぎるコト(マジで酷い)。
そして二人して「ボ」だったと言うコト。
笑うしかない程、釣れなかった。
渇水云々も当然あるとは思いましたが、居る気配すら感じない。
ココで出なきゃどうする?的な流れに上手く毛鉤を落としても、無反応・・さすがに凹みますネ-(苦笑)。
「ボ」と言っても自分は2尾かけたんですけど、木端サイズなのでカウント外。
ついでに、日焼け跡が笑えるほどクッキリな親子の写真は、放送コ-ドに引っかかると判断し、途中から撮影して居りませんでした・・とさ(自爆)。

e0155830_1275786.jpg知らない人は「コレ、何の柄なんですか?」と聞かれますよと、店長(そりゃそ-だ)。
Eddie BauerはFF絡みのデザインをよく使いますので、いつも自分が喰いついてしまい・・散財。
生地質がもう少しツルツルした感じ。


※若葉
若葉マークの長男坊が運転してくれたので楽と言えば楽でしたが、安全運転過ぎる長男坊は法定速度+10㌔でも気になる様で、当然ヤンキ-車に抜かれたり後ろにピタリと付かれる羽目に・・。
それにイライラする父親な自分、精神衛生上疲れました(わはは)。
帰路途中で交代し、+20~30㌔で帰宅したコトは言う間でもありません(笑)。。
※釣り券
先週は「泉屋」さんが閉店、今回は自然クラブが留守(いつもそうだが・・)だったので、鳥居の横のお店へ。
声を掛けたら「取り扱いは止めたんですよ-」と。
こりゃ-、来シ-ズンは別河川にした方がイイのかも知れない・・などと真面目に考えてしまいました。
[PR]
by dad1st | 2015-05-31 12:22 | FF | Comments(2)

-始動-

e0155830_8531860.jpg今期初の大芦、先ずは年券を購入しにいつもの「泉屋」さんに行ったら、、閉店になっていてビックリ。
で、向かいにある「大芦川自然クラブ」で購入。ココでの入漁券の購入は初めて(いつ行っても誰も居ないし・笑)。
『年券下さい』と言ったら「えっ?」て感じでの返答に笑ってしまった。
まあ-、鮎の季節がそこまで来てるこの時期に、年券を買うってのは自分でも勿体無いとは思いますが、住所・氏名が入るので、もしもの時の保証込みでの購入ですから・・(保証料¥7500)。

e0155830_854214.jpg写真は別の場所ですが、超渇水(最近写真がボケる気がする・サイズを変えるからか?)。
とりあえずリハビリがてら入脱しやすい場所へ入り、早めの帰宅を予定し身支度。いざ今シ-ズン初の大芦詣でへ。
さ-、遊ぶぞ-と思ったら、アララ・・下からルア-さんが来た。入渓点から50m位下って居たので、ちょっと戻って釣りを開始(ルア-さんはそこで脱渓)。
仕切り直して、さ---遊ぶぞ!と思ったら、上で餌師がチョロチョロ・・(何でソコに居るの?)。
どうも脱渓ポイントである上の堰堤から逆に下って来た様子。
怒鳴ってやろうと追いかけるが、餌師の方が歩くのが早くて追いつけず(ソコは餌師、サスガと)。
追うのは無理と判断し、この区間は止めた。

次の区間・・慣れた藪を漕ぎながら『こんなに大変だったか?』『誰の踏み跡もないってのもおかしいよな-』などと考えていたら、違うトコロから違う場所に入ってました(そのまま行っても目的地には出ません)
気を取り直して再度正しい場所から入渓(ポイント傍の堰堤上にルアーさんが居るが、座っているので自分と同じポイントは無いだろうと判断)。
さ---、釣りますよ-と思ったその時に、ふと後方を見るそのルアーさんが後ろに居るじゃないですか。
(頭混乱)『あのさ-、どこから入ったん?』「そこです」『俺がここにいるよネ-』「邪魔ですか?」『釣りにならないでしょ!』「じゃあ、どうすればいいんですか?」『せめて一区間位空けて初めてよ。上ならいいから』「どうやって行けばいいんですか」→『ソコ出てそっちに行って、あっちでどうして・・・』あ-----------疲れた。まあ、素直に言うコトを聞く若造だったから良かったけど・・。
血管が破裂したらお前のせいだぞ!と心の中で叫びながら釣りを始めたまでは良かったが、渇水のせいなのか?毛鉤のせいなのか?まあ、腕は仕方無いとしても、全く出ず
。結果『ボ』で帰路につきましたとさ。
だから土日は来たくないんだよな-


-オマケ-
e0155830_8545275.jpgコレ、知ってます?どう考えても不味そうなのでまだ食べていませんが、毛鉤もポテチと同じで美味しそうなモノがいいんでしょうネ。
師匠の言葉・・毛鉤はお魚さんに食べて頂くモノ。道具は落とせても毛鉤は落とせない。
さて、次の毛鉤を巻きますか・・。
[PR]
by dad1st | 2015-05-23 22:32 | FF | Comments(8)

-安全確認-

e0155830_1039311.jpg(画像、拝借・変更)。
※5/10追記
とりあえず仕事に出てみました。血圧はさすがに上がりますが、こればかりは致し方なし(の範囲です)。
来月監査が入るなど忙しくはなりますが、周りが気を使ってくれている間はソレに甘えようかと(性格上無理なんですけどネ・わはは)。

本日の再診察で、明日から職場復帰が可となりました。
その他、ウオ-キング、車の運転(バック時に急に振り向かないコト)、渓流での釣り(無理の無い程度)も許可となりました。
来月、再度MRI検査をし経過を追う方向ですが、破裂等に繋がる画像は先日の検査でも見られなかったとのコトから出勤可となりました。
まだまだ不安はありますが(発症部位付近の違和感は結構残っているので・・)、とりあえずは安全確認しながらのんびり行こうかと思っています(離脱すること1ヶ月・・仕事、相当たまってるんだろ-な-・泣)。
釣りはもう少ししたら出かけますかネ。
サスガに渓流で倒れたらシャレにならないですから・・・(自爆)。

ご心配いただいた皆様、本当にありがとうございました。 dad
[PR]
by dad1st | 2015-05-07 20:22 | 記憶

-趣味は読書-

入院中に読んでいた本。
e0155830_16585278.jpg不老不死が実現した社会。しかし法律により100年後に死ななければならない。 経済衰退、少子高齢化、格差社会...国難を迎える日本に捧げる衝撃の問題作!(コピペ)
コレは凄く良く書かれた作品と(秀逸)。
山田 宗樹著 角川書店

e0155830_1772010.jpg強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが・・。厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる。 (コピペ)
本屋大賞だけあって、サスガの内容ではあるのだが、キャラの名前が難しく、遡ってフリガナを見つけなくてはならないのが難。
上橋菜穂子 著 角川書店

e0155830_17122427.jpg住人が相互に監視し、密告する。危険人物とされた人間はギロチンにかけられる・・、身に覚えがなくとも。交代制の「安全地区」と、そこに配置される「平和警察」。この制度が出来て以降、犯罪件数が減っているというが……。今年安全地区に選ばれた仙台でも、危険人物とされた人間が、ついに刑に処された。こんな暴挙が許されるのか?そのとき! 全身黒ずくめで、謎の武器を操る「正義の味方」が、平和警察の前に立ちはだかる! (コピペ)
伊坂幸太郎著 光文社


履歴書の趣味欄に書くコトが無いから「読書」と書かれる方がとても多いのですが「マジで趣味にしたほうがイイ」と、今回の入院で感じ入った次第でした(笑)。
[PR]
by dad1st | 2015-05-02 17:26 | 記憶 | Comments(4)