<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

-Downsizing-

涼しそうな写真に見えるといいのですが・・(あとで確認しましたが、見えてませんネ)。
歩いてる時は偏光を掛けているのでとても綺麗に見えてて、写真にすると意外とダメ(加工出来ないです・笑)。
e0155830_2103015.jpg

釣りの最中にタヌキが歩いてました(写真撮れず)。
車中、猿の軍団に遭遇しました(写真撮れず)。
餌付けされていないんだから当たり前だと気付いたのは、少し遅れてです(笑)。
いろは坂なら猿は撮れたでしょうけど・・(寄って来られても迷惑)。

e0155830_1732851.jpg食べられるのかナ?と思いましたが、分らないので写真だけです(可愛らしいので)。
今日の釣りは全てダウンサイジング(最近の流行り)されたイワナばかりだったので、写真無しです(実は職場もダウンサイジング中・泣)。
前回と同じ様なサイズはギリ手元でナチュラルリリ-スしてしまいました(自分の下手さに号泣)。
まあ、ダイエットがてらの釣りですからと、アイスを食べながら投稿中(自爆)。
モンベルのポ-ル・・とても楽でした。
ただ、伸縮タイプならもっと使い勝手が良かったと思いました(いちいち仕舞うのが面倒・笑)。
[PR]
by dad1st | 2016-06-18 17:16 | Comments(6)

-曲がる-

大石を乗り越えて滑り落ちた前回の続き。
とりあえず怪我はなかったのですが、リールが曲がってました。
e0155830_1720437.jpg滑り落ちた時に曲がったと思いますが、とりあえず折れなくて良かったです。
意外と簡単に曲がるもんなんだな-と、ちょっと引っかかるノブを回してました。

e0155830_17221950.jpgで、暇だったので今回はペンチ2本で挟んで力技で修正してみました。
とりあえず直るモンだな-と。
当然挟んだ時に傷が付くのでタオルなどで保護・・は面倒なので、そのまま調整したら傷が付きました(当然ですけど・わはは)。

e0155830_1724520.jpgどうせ曲がるなら竿を曲げて欲しいモノですとベタな落ちで済みませんです(笑)。
[PR]
by dad1st | 2016-06-12 17:31 | FF | Comments(2)

-歳をとったら使おう!-

e0155830_1621317.jpg前回の石から滑り落ちたコトに対し頂いたアドバイスを受け・・・。
渓流に落ちている棒を使うか・家にある木刀を使うか・ポ-ルを買うか・・で悩んでたんですけど、Tシャツを買いに行った先のモンベルで見ちゃったのが間違い。
当面いらないと思ってたんですけど、勢いで買っちゃった。^^;
とりあえず並んでいる中では安いタイプを購入したんですけど(財布が空になるから)、後になって長さ115cmであることに気付いた。
考えてみれば適正な長さってモンがあるだろ-に、安い分調整が出来ない。
まあ、登山とかはしないので・・と思いながら組み立ててみたらとりあえずはちょうど良い長さだったので、結果オ-ライ・・(苦笑)。
ただ、先が尖って居ないので、向かってくる獣には効かないでしょ-(とりあえず来たら逃げます)。

マジで冷やかしで見てたんですよ。
そしたらコレがあって、色がセ-ジのナントかと言う竿に似てたというだけで衝動買いをしてしまった自分なんです・・ホント、買ったはいいけど使うのかナ。
以前エントリーした箸も同じで、単にこの色が好きなだけなのか・・(笑)。
最悪、足腰が弱くなったら使うかナ。^^

-追記-
モンベルのカタログを見てみました。
I型のポ-ル、2本使用が良いみたいなんですが・・・。まあ、実際は片手に竿持ってるので無理ですけど-(笑)。
あと、115㎝ですが、色分けしてるみたいでブル-が120㎝。120㎝の方が多分ジャストなんですが、色 はコッチが良いので、機能は多少犠牲としますけどネ(フフフ)。
[PR]
by dad1st | 2016-06-05 16:17 | FF | Comments(4)

-林道ダイエット(無理です)-

e0155830_16222178.jpg無理矢理の有給。
管理職がコレではいけないのですが、ソレはソレ、このブログ(現在)の存在を職場の人間は知らないので、大丈夫。
地元FFMであるkomさんに先日入った場所の更に上に行くル-トを教わったにも関わらず、間違って獣道に入り込む。
妙に勾配がキツイし、鹿の足跡とかハッキリと残ってるんで変だとは思ったんですけど・・(滑り落ちなくて良かった・わはは)。

e0155830_16314776.jpgそんで、こんなポイントに出て、釣り開始。
今回は前回入った場所は全てシカトして来たので、正味林道歩き。
試しにと持って行ったラジオですが、殆ど受信できずでした(苦笑)。
ソコソコ勾配のある林道を歩きながら「これなら痩せるだろ-」と頭の中ではスリムな自分が・・(結果的にはそんなに甘くなかったと言うオチです、ハイ)。
とりあえずはここかな-と思しき場所を叩く。
ヤマメばっか釣っていたので(そんな数は釣ってないですけど・汗)、イワナのポチョッと毛鉤が消えるタイミングがイマイチつかめず困る中、とりあえず中高生サイズはガッツリ毛鉤を咥えてくれるので、居れば出る的な感じで楽しかったです(そんなにたくさんは出ませんでしたけど・・)。

e0155830_16375028.jpg構図は前回と似てますが、違いますからネ。
ヤマメみたいにジッとしてくれないので、撮りたい写真が撮れない。
komさん良く撮るな-と思いながら、彼方此方動くイワナに嬉しいけれど、いい加減にしてネ・・と。

と言う訳で、この先にも行ったのですが、そんなに深くない淵の両岸のどちらかに取り付いて行かないと無理そうなので、単独行な自分はココでリタ-ン。
まあ、写真のイワナが出た時点で既に満足してたので・・(笑)。
気になる沢とか見ながら林道に出るまでに滑る・コケること数回。
ウオ-キング(周3)位では奥深い山の渓には立てないと改めて痛感しました。

そう考えると、ココを教えてくれた人は相当におかしい(核爆)。
[PR]
by dad1st | 2016-06-03 16:57 | FF | Comments(6)