<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

-夏の小物-

※7/27追記
奥に買った扇子ですが、帰宅後に描かれている画に不具合を発見しまして、お店に即メ-ルを入れたトコロ・・返信が来ないので(アホだ)、本日浅草まで行って来ました。
実際そんなに高いモノではないので面倒くさいな-とも考えたのですが、ソコは粋な江戸っ子商売をされているお店。その姿勢を問う意味もあり出かけた訳です。
結局若いモンが対応してくれて交換してもらいましたが(生憎、店主不在)、粋な商いと言うだけでは暖簾は続きませんよ。^^〆


暑い日が続き、出先での暑さ対策に「扇子」が必要な時期となりましたが、お気に入りの扇子が見つからず(泣)。
どこを探しても子供に聞いても見つからず・・、仕方無く長男坊と散歩がてら・・・苦手な都内に出かけて来ました。
e0155830_15113378.jpg相変わらずの賑わいに頭痛が・・(笑)。ポケモンGOをしてる人達もチラホラ・・(Tvで騒ぐほどには見えなかったですが・・)。

e0155830_15145518.jpgとりあえず数件のお店を回った後に、扇子の種類が多い新仲見世の「高久」へ。
前回は「鯉」でしたが、今回はトンボ。
前に進み続けるトンボと言う縁起物ですが・・自分の場合ほとんど飛ばずに止まってますネ(笑)。
昼は「十和田」で蕎麦を食べ、少しブラブラして帰路に就きました。
人形焼き・舟和の芋ようかんは定番でお土産に(だから太る・自爆)。
あっ、奥にも扇子をお土産に買いました(何日効果が持続しますか・・苦笑)。
[PR]
by dad1st | 2016-07-24 15:28 | 戯言 | Comments(2)

-変更時期(携帯)-

夏と言えば・・
e0155830_18213924.jpg我が家の携帯の機種変時期です。
2年縛りのお蔭で子供達の分と親の分の機種変が毎年交互にやって来ます。
今回、自分はiphone5cのままでSIMフリ-にするつもりで、あくまで奥の携帯の機種変に付き添った訳ですが・・。
写真の様なことになってしまいました(奥の携帯も別にあります)。
iphone6s1台の予定で出向いたのに結果的には携帯が2台になり、そしてauのタブレットが2台+Wi-Fiが1台とフル装備になってしまいました(泣)。
これだけ追加すると当然高くなりますが、ショップの店員さんの巧みな誘導に、少しもドラグのかかることなく(あっ、途中で1度ありましたネ)契約は進み、ライズしてしまった自分。
やる気は全くありませんでしたが「この方が得です」とか「安くなります」と言われ、お腹ならぬ財布の中が空っぽにならない様にと飛びついてしまったのですが、コレが得なのか?損なのか?全く分りません(自爆)。
とりあえずキャッシュバックがありますが(過去最大が14でしたが、今回は9とちょっと低い)、解約手数料や事務手数料、途中まで使用した旧キャリア分の請求もあるので結局±ゼロ位だと思いますが、そのまま使い続けるよりはお得になります(新たに2年間の色々な割引が入りますが感覚的な話ですネ)。
キャリア変更をしなければ高くなる為に、毎回別のキャリアtpなります。ソレの嫌なトコロですがメルアドが変わるのが面倒。
まあPCではなく携帯のアドレスですので昔の様に知り合いへの通知をしなくなった分、楽にはなりました(LINEがあるのでわざわざの通知はしないです)。

とは言え・・個人的には使いこなせないものばかりが増えて困ってます。^^;

※夏と言えば祭りです。
 一昨日・昨日の2日間で無事終了しました。
 やっぱ縦社会は気持ちがイイです。
[PR]
by dad1st | 2016-07-18 18:46 | 戯言 | Comments(5)

-他人事では無かったです-

アブとハチが出る前にサイズアップ出来る事を期待しながら滝上に。
e0155830_1145647.jpg道中、路肩には鮎の時期だけに鮎師の車で銀座状態。
お蔭様で、上は殆ど閑古鳥でした。ラッキ-と準備をしている最終段階で、今日の為に巻いていた「毛鉤が無い」。
どこを探しても無い、マジで無い。
「忘れました・・」。大物がガッツリと咥える姿をイメージしてここ数日せっせと巻いたカディスパターン数種があるのに・・(泣)。
時折聞く話ですが、まさか自分が忘れるとは思いもしませんでした。^^;
暫し茫然自失状態でしたが、ベストのあちこちを探しているとボックスらしきモノが・・。一瞬「あった」と思いましたが・・残念ミッジ用でした(泣)。当然中にはCDCのピュ-パやニンフ系ばかりで、視認性はゼロに近い。
そんな中、なんとか見えそうなフライが1本、絵に描いたように入っていました(やらせではありません・笑)。
この1本通しで何とかしなければいけないプレッシャ-の中での釣行開始です。
この毛鉤ですが「16番にウルフパターンって巻けるのかナ?」と思ったはいいけど、巻いてる途中で「無理」と投げ出したモノ。
どこかで遊びで使ってみようと放り投げていたのですが、こんなトコロで使うとは・・(悲)。

e0155830_11173442.jpg所々整備されていたであろう林道を歩きながら「この道程を管理するのは厳しいし、事故があったらネ-」サスガに漁協も手を付けたくならないよな-と、ここ数回の釣行で感じたコト。
毛鉤1本勝負なので開けたトコから入ってロスト、または釣れたら終了といつもより手前で入渓しようと思い斜面を降りて行くと、その先が断崖だったり、やっと降りて今度は脱渓する時に急勾配に息切れし倒れるかと思ったり・・。そろそろ林道か?と思ったらまだ勾配途中だったり・・ダメかと思った(迷う気持ちが分ります)。
当然ですが、魚は出ませんでした。
ならば実績のあるポイントまで・・と歩を奨めますが、それまでの斜面歩きが効きすぎて足が前に出ず。
komさんとか山の中に入るEJさんとか凄いな-と思いました(マジ)。

e0155830_11261497.jpgとりあえずなんとか実績のあるポイントまで行き竿を出したんですが、居ないの?ってほど魚が見えません。気象条件が悪い訳でも無く、多少の雨の影響で渇水は免れていると思うし、いくら腕が悪くてもネ-(走りもしないですから)。
と言うコトで、自分が行ける最奥まで行きましたが「完ボ」です。西沢でヤマメとも思ったのですが、如何せん毛鉤が無いので帰宅と相成りました。
前回はタヌキと猿の軍団。今回は写真中央辺りの鹿に遭遇しました。
で、鈴を付けて釣り上がってるのに平気で居るんですよ(距離はありましたが)、鹿と対峙するのは北海道で1度ありましたが、ソレは人に慣れた鹿。今回は野生なので向かって来たら勝てるのか?とちょっと不安になったので笛を3回吹いたらやっと自分に気付き、脱兎の如く白いお尻を見せながら逃走。ガレ場をガンガン上っていく姿を見て「鹿ってスゲ-」と「ボ」でしたが、良いモノを見せて頂きました。
でも、もうちょっと近づいても危険はなかったんでしょうか?この辺はEJさんに後日聞いてみたいと思います。
とりあえず、アブ・ハチがこれから出てくるでしょうから暫くお休みとなります。
長文のお付き合い、ありがとうございました。^^
[PR]
by dad1st | 2016-07-03 12:00 | FF | Comments(2)