熊の手招き。

HARDYの王冠マ-クも、熊牧場の「餌が欲しくて手招きをする熊」に見えてしまう自分(失礼)。
FFを語る上での絶対的な存在であり、多くのファンを持つこのブランドの魔力。
絶対無二の存在。
英国で生まれたHARDY、米国で発展したORVIS・・FFの2極性。
ORVISのマ-クを見て「海賊のマ-クみたいでカッコイ-」と思ってるのは多分、自分だけだと・・(笑)。

ブランド志向を嫌うFFMも多いでしょうが、頭の片隅にはこのブランドが絶対鎮座してると・・(全くノ-眼中って方も少数派で居るとは思いますけどね)。

FF歴6年ちょい。
量販店の安物セットを買って始めるも、すぐに気に入らなくなり(本音は回りの人の道具が凄すぎて、恥ずかしくなった)、ロッドを買い替えたり、リールを替えたりしてきたけれど、実は資金不足からソコソコで妥協し(欲しいモノは高くて買えず)、ソレ(モノ)を買ったと言う事実だけで自己満足するフリをして来ました(後に安物買いとなるパタ-ンです・自爆)が、ココに来て、Bamboo Rodを振ったり、カッコイイReelを見てたら・・・、妥協を正当化して自己満足し、安物買いで後悔していた自分がアホらしくなっちゃいまして・・。

どうせこの先悩むなら・・・。
と言う事で・・・、後々コレで後悔する事は無いと思うであろうReelを買っちゃいました。
e0155830_20442892.jpg

自分如きには勿体無い代物ですが、調子コキついでにRodもオ-ダ-しちゃいました(来シ-ズンには出来上がります)。
全てにおいて、そんなに釣りに行かない自分には「ちょっとやりすぎなんじゃないの-」と別の自分が言っている様な気もしますが(その通り)、後々あーだこーだ考えるのなら、ここは思い切って!と相成りました(思い切りすぎた様な・・笑)。

番外編
このReelですが、まだ使う予定が無い為、1度だけクリクリした後にタンス行きとなっております。
Rodが出来たらタンスから出てくる予定です(ショウノウを入れるべきか・・爆)。
因みに、いつの間にか自分が嫌っていたカタログFFM一直線っぽいのですが、これ以上の発展は無いのでビギナ-の方からそんなに遠い目で見られる事は無いと思われます。
逆に、下手っぷりに嘲笑される事はあるかと思いますが・・、そこは努力で、道具に見合う様なFFMを目指したいと・・(無理かな-・自爆)。

行けるとこまで・・が、行き過ぎた。 ^^;
[PR]
# by dad1st | 2009-08-07 21:00 | FF | Comments(12)