吉田幸弘謹製真竹製毛鉤竿

前回のエントリーで、見事なまでのBamboo Rodをお披露目しましたところ・・・(笑)。
とある御仁から電話があり、「送りますから・・」と軽く・・(コッチも軽く混乱モード・爆)。

e0155830_1410423.jpg

FF誌にも登場した「真竹に選ばれた男」、吉田幸弘氏のYoshida Rod7'3" #3・4

「今シーズン、行けるかどうか解らないから、代わりに遊んでみて下さい」
『あの-、折ったりしたら困るし・・』 ^^;
「2tipだから、折ってももう一本あるから大丈夫!」「折れたら直せばいいし・・笑」。
『いや-、そういう意味じゃないんですけど・・』 ^^;
「凄く使い易い竿だから、dadさんでも扱い易いと思いますよ!」
『それはいいんですけど・・』 ^^;
「以前から使ってる物だから気にしなくていいから、ガンガン使い倒しちゃって下さい」(笑)
『(そこまで言って頂いたら)そうっすか-、じゃあ思いっきり使い倒させて頂きます!(軽いノリで・爆)』 ^^

と言う事で、自分の所にBamboo Rodがやってまいりました。

最初にやった事。
当然繋いで、試し振り。
マジ、思った以上に軽い・・持った瞬間Bambooは重いというメージが変わった。
振ると風切り音がする・・ナンかカッコイイ。
暫く試し振りをしてたんですけど、凄く振り易くて疲れませんでした(折らない様にと、気疲れは・・爆)。
そうは言ってもBamboo、慣れるにはもうちょっと時間がかかると思います。

そして、極めつけは何と言っても、ラッピングが超渋過ぎる(マジでスレッドのカラーとかガイドの細さ、リングの形状とか、リールフットを入れるところの金具とかetc.が、自分好みでカッコイイんですけど-)。
自分、よく言えば几帳面、悪く言えば神経質な人間ですので(自爆か・・)、Yoshida Rodの職人然とした仕上がりには驚きと感動すら覚えました。
e0155830_1431719.jpg


すぐには釣りに行けませんが、Bambooとくれば・・、こりゃ-湯川っきゃないか・・(嘘爆)。

使った感想はもうちょっと先になりますが(釣れた感想も)、そ-っと使い倒してみたいと思います(折らない様に・・爆)。
注:このRodはあくまでお借りしてるだけですので(後に・・)、使うけど無茶はしませんよ-(後に無茶してます・笑)。
[PR]
# by dad1st | 2009-05-24 14:52 | FF | Comments(4)