-FFはやっぱ難しいけど面白い-

ちょっ続いた雨を気にしながら「昨日晴れたから水量は大丈夫だろー」と、弾数をソコソコ増やし(ありったけ詰めただけです・笑)4時に出発。空いてたしちょっと飛ばして6:00現場着。途中の平瀬では鮎師が既にチラホラ竿を出しています。奥に行くにしたがって「まだ6:00ですよ?何で入渓点にそんなに車があるの?」と既に鮎の流域を過ぎ標高をあげているのに車ばっか。
e0155830_15571778.jpg

詰め合わせセット・・Wetとかやらないんですけどネー、引っ張り(管釣り)で使ったりするのでシルバーマーチブラウンとか入ってます。まあ、師匠亡き今、使わないですけど(汗)。
e0155830_16012453.jpg
今日はCapsのミルトレスV2とRSTの組み合わせ。たまには使わないとネ(8'00"のインファンテよりピンピン感の幾分強い7’8”)。

結局、入りたいポイントには入ったんですが、入渓点に既に車あり。どっち(上下流)に行ったか分からないので、とりあえず上流分を覗きながら人影を探しましたが見当たらず。下に入ったであろうと勝手に渓割をしてそ、こから入渓させていただきました。
自分が1番手であれば蜘蛛の巣が必ず張られているはずであろう場所に巣がありません(誰か竿を出してます)。さりとて誰かが歩いた跡も見られないので、例えばその車の主が既に入っていたとして、結構時間が経ってるのかもしれないナ?と思いながら竿を出しますが、出ません。反応すら無しです。時折、急に足跡が現れます(新しいんだなーコレが・・笑)。ココ、多分ですが知ってる人なら別ルートで入ることが可能なのかも知れません(自分は良く知りません)。1区間叩いて2回出ましたが、両方ともバラシました。喰いが浅かったと思われます。
e0155830_16220319.jpg
脱渓前に最後の流れを叩こうと毛鉤を交換してたら、道路からルアーさんが2人、下りてきて、しれーっと下って行きました。これやられると辛いんですよネー。対岸に自分が立ってるのにシカトですからネー(上がろうと思ってたのでいいけど、途中でバッティングしたら頭ハネですヨ)。
本日は写真のヤマメのみが、きちんとランディング出来た渓魚でした(西沢に替えました)。
まあ、「ボ」よりはいいのですが、思ったより水が引けていなかったのが予想外でしたネ。重い流れと、あまりにも波打つ水面に毛鉤に出ても喰いっぱぐります(喰い下手とかのレベルじゃ無いです・笑)。
次はもう少し平水に戻った時の平日に行ければ、何とかなるかナー?と思ってますが、6:00時点であの状況と考えるとソコはソレで出たとこ勝負になっちゃうのかナ?と。
そんなことを考えながらお土産にセブンイレブンでペヤングやきそばの「超超超大盛 GIGAMAX」を購入し、昼には帰宅していた自分でした。あっ、コレ1個で2142Kcalあるので、自分は食べませんヨ。
FFは出れば楽しいし、出なければ理由を考えたり腕や天候のせいにしたり・・まあ、それはそれなりに楽しいモノです(混んでなければなお有り難いです・爆)。
[PR]
# by dad1st | 2018-06-23 16:48 | FF | Comments(0)