-恐るべし老眼-

釣れなくてもさして気にしない自分ですが(腕の問題なので・・笑)、釣れるとそれは楽しいモノで、少なくなった毛鉤の補充を考えるにあたり欲が出てきて「釣れそうな雰囲気のある」毛鉤がいいなーなどと考え始めます。そこで、数年ぶりにストリップドピーコックを消しゴムで作り巻いてみたのですが・・・。
e0155830_20014237.jpg
アラ?下巻のスレッドが・・って言うより、巻きムラが凄げーっ。巻いてる時にストリップドピーコックが細すぎて、既にどこを重ねて巻いてるか見えなかったんですけどネ、何とかなるでしょーと思ってた結果がコレ。老眼恐るべし(泣)。
サスガにここまでひどいとは思わなかっただけにちょいと凹みます(笑)。
ココで、あるマテリアルの存在を思い出しポストに使えるかなあーと。
e0155830_20011290.jpg
何でしょうか?ムースヘアの細い版と言うか、思った以上に結構縮れてて、スタッカーではそろわない。ソレに1本が長いのでスタッカーに入れるにはある程度揃えてカット後じゃないと入らない。
なので、手作業で先を揃えるコト150本を使ったパターンがコレ(150でこの量は少ないですよネ)。スタッカーに入れようとしたら縮れが邪魔して入らずでしたので、揃えたそのままでトライ。
e0155830_20020809.jpg
この細さにスレッドを巻く力加減を間違える度にパラパラと解ける(イライラ)。
今回はカットしてしまうポストの根元部分をテーパー状に使用しボディー風にストリップドでタイイング。気付けば、これまた巻きムラ&ボッテリとしてしまった(泣)。
ココで折れる訳には・・、せめて見せフライ1本でも巻かなければと頑張ったのが↓。
e0155830_20023138.jpg
ちょっとウイングを厚く巻き過ぎましたが、ストリップドの部分は何とかなった気がするのは自分だけでしょうか?老眼を気合で押さえてみました(マジ)。
だいたい、こういう風に頑張って巻いた毛鉤に限って、最初の1振りで枝を釣ってロストってパターンなんですよネ。なので、開けたトコロで使うことにします(さてどうなることかは分かりませんけが、まあ、何かにひっかけてパーでしょ・自爆)。
因みに、このポスト170本です。こんなに手間がかかるとさすがに量産は億劫ですネ。
エアロドライのポストの方が超楽ですけど、毛鉤って感じだとこっちになっちゃうところが面倒くさくもあり、面白いトコロでもあるから止められない(わはは)。


[PR]
by dad1st | 2018-04-11 21:35 | FF | Comments(2)
Commented by EJ at 2018-04-11 22:12 x
こんばんは~。
私も老眼がひどくてほとんど勘で巻くようになりました。どうしても失敗したくないときは老眼鏡を使いますよ。でも大抵は失敗してもいいやと思ってるので裸眼で巻いてます。
ピンクのマテリアルはバックテール(シカの尻尾)っぽく見えますね。だとすれば本来はストリーマーのウイング用ですか。私はカーフテール(牛の尻尾)をポストに使ってましたが、やはり面倒くさいので結局はエアロドライでお茶を濁しています。最近は恥も外聞もなく楽な方へ楽な方へ(笑)。
dadさんのフライを見ていて思ったんですが、ちかごろカディスばかり巻いていて、飽きてきたので、そろそろ半沈みのパラシュートも巻かないとダメですね。あと半沈みというと今はやりのクリップルですか。なかなか川に立つ準備ができません。ぼちぼち見切り発車で行ってみますけど。
Commented by dad1st at 2018-04-12 07:38
EJさん、おはようございます。
ストリーマーのウイング・・なるほど、それなら十分納得の色と長さですよネ(スッキリしました)。
カディスは何故か弾数があるんですよ。パラシュートは昨年、ドブ漬けするタイプのフロータントに漬けて、翌日ビックリ!真っ白になってました。まあ、液を飛ばしてから乾燥しなかったからなんですけど、漬けて置いとけばいいと思ってた自分の無知さに、結局廃棄処分となりました。とりあえずカディスを巻き貯めが結構あるんですけど、時期的にまだ早いかなーと、あわてて巻いている次第です。
老眼・・お手上げです。^^;
<< -いつも通りのFFでした- -サイトで釣れてしまった^^- >>