-とりあえず祭りモード-

災害に合われた皆様の1日も早い復興(復旧)と、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。
エントリーどうしようかナー?と考えたんですが、簡単に・・。
e0155830_19075913.jpg先週末の、14日、15日と地元恒例の八坂祭りでした。本来なら次男坊も居るのですが、数年間、地元学習塾のバイトをしていた関係で参加しておらず、出ずらくなったようで「出ない」とのこと。強制しても意味がないので、長男との参加。
そうそう、写真、長男は足袋を履いてるでしょ?コレが正しい。
しかし、その横に居るオヤジは雪駄。コレはダメな人(酔っ払っているので山車は引かずにそこらをウロウロしてるだけなので、年功序列で上の方々は殆どが雪駄です・笑)。
雪駄で調子に乗って山車を走って引くと、間違って転んだ場合に山車に轢かれる危険があるので足袋なんですけど、昔はみんな雪駄でしたネ。なので勢いをつけて引くときは裸足でした。
最近は祭りも安全第一です(コレは当然なコトなんですが、気分的には理解し難い面があります・苦笑)。
FFをしてる時は英国貴族のスポーツ然と、澄ました顔をして居りますが、祭りの時はそこらの単なるオヤジ(こっちが本当の自分ですけどネ・爆)。
[PR]
by dad1st | 2018-07-18 19:37 | | Comments(4)
Commented by EJ at 2018-07-18 23:40 x
dadさん、こんばんは。
お祭りお疲れ様でした。またエントリーしますが、祭りの雰囲気は好きなのに、人混みが大嫌いときているものだから、京都で人波に酔いました。適度な人混みの祇園祭なんて期待するのが無理ですよね。
神輿は子供の頃一度かつがされたことがあって、肩が痛くて耐え難かったです。あれをやる成人男性はほんまものの「おとこ」だと思います。尊敬しています。
雪駄・・・いいですね。昔京都の寺町で本物の雪駄を買おうと思って意気込んでいき、あまりの高さに手が出ず、肩を落として帰ったことがあります。あまりに世間知らずでした。すべからく本物の和式は高くつきますね。便器はどうか知りませんけど(笑)。
足袋は使い捨てですか?あれでアスファルトの上、山車を引いたら1回で擦り切れそう。でもカッコいいすね。イケメン親子ですね!
Commented by dad1st at 2018-07-19 07:31
EJさん、おはようございます。
イケメン・・持ち上げ過ぎですヨ(笑)。
人混み・・自分もダメで、上野とか出かけると頭痛くなりますが、祭りは考えてみると平気ですネ(地元だからかナ?)。
神輿・・トンボ(棒)も丸や角があって、また身長差でかかる重さも違うので、上手な人の間に入ると全く痛くなくて楽です。上手い人はステップ踏んでますから、単に上下してる人との違いが分かりますよ。
雪駄・・見てくれはいいんですが、まあ皮膚がスレます。なので、2日目はカットバンの出番と意外に恥ずかしい(爆)。
足袋・・着物の足袋と違い、ガテン系の足袋(ゴム底)なので、相当年持ちます。
正装と言う分類で行くと、足袋じゃなくてわらじらしいです。
祇園祭・・あのはんなりとしたお祭りは死ぬまでに一度は見てみたいと思いますが、京都って普通でも暑いんですよネ?
ならば、ホテルの部屋から見えるトコなら大丈夫ですネ(笑)。
Commented by EJ at 2018-07-20 05:36 x
ゴム底ってことはおしゃれな地下足袋みたいなものと考えればいいんですかね。同じ日本に住んでいながらまだまだ知らない世界があって面白いです。一度でも経験すれば分かるのでしょうけれど。
そういえば教え子の女の子の就職が決まったのですが、最終面接でフライフィッシングの話で盛り上がり、それが決め手だったかもと言ってました。ただし彼女は初心者なので、川の名前を聞かれて詰まってしまったとか。分かったつもりでも知ったかぶりはすぐに見抜かれるから怖いですね(笑)。
Commented by dad1st at 2018-07-20 07:45
EJさん、おはようございます。
足袋、その通りです。最近はその部分にエアー入りのモノもあったりと進化してます。
学生さん、面接良かったですね。^^
面接官って釣りをされる年代が多いので、話に出るみたいですよ。長男坊の面接でも入社した会社には釣りクラブがあるから、時々、海や管釣りに行くと話が出たそうです。ほぼほぼルアーさんですけど(ソレもソコソコ役職の皆さん)。
まあ、何が幸いするか分かりませんが、色々なことにチャレンジしておいて損はないってことでしょうかネ(笑)。EJさんの教室に入ったコト、EJさんがFF(釣り)をしていたこと、これも縁なんでしょう。
学生さんの「これからの未来に幸あれ」と、見知らぬおじさんが話していたと、お伝え下さい・笑)。
<< -有終の「ボ(キッ)」- -釣り上がりと下り- >>