2018年 06月 08日 ( 1 )

-FFは楽しくて難しいと言うコト-

今日、ライズを発見しました(思わずワクワク)。しかし、アップじゃ遠い、クロスじゃ無理な位置なので、高巻きしてとりあえず大岩によじ登ったのですが、その瞬間目に入ってきたヤマメは・・・。
優に尺以上はあるか?(そんなに盛って無いですヨ)と、裸眼1.2の自分をして見えます。ソレも2尾(前後ちょい斜めに位置してます)。上流2つの流れが合わさる(実際は微妙に合ってないんですけど)のソコソコ深い淵の中層に定位しながら、時々フラリと水面上の餌を捕食しています(何を喰ってるか?までは、裸眼1.2をしても見えませんです)。2m位下流には25㎝位のヤマメが数匹、浮いたり潜ったりしてます。よーく見るともちっと小さなヤマメが数匹ウロウロしてます。
この2尾ですが、他のヤマメと明らかに違う点があります。ソレは色。他のヤマメ(写真)とは全く違って、言えば錆が残っているような?最初、ブラウン?とかって思っちゃいましたから。
そんなヤマメを仕留めるべく陣取ったのが、岩の上からの提灯釣り。ダウンで流せばラインが魚を警戒させるかもしれないし、されとて一度でも変な違和感を持たれたら出てこなくなっちゃうし、これならキャストの動作さえ気を付ければ何とかなるかなー?と、気付けば開始から1時間。手持ちの毛鉤、ティペットのサイズを出来る限り調整しましたが、時にフラーっと来て毛鉤を見て、また中層に戻ってしまいます(しっかり見切ってました・マジでガン見レベル)。
こんな時、komさんが居れば何とか釣ってくれんじゃネ(マジ)・・と思う自分ではありましたが、携帯「圏外」ですからネ。どうにもなりませんでした(わはは)。
代わりにと言っては何ですが・・。
e0155830_20510089.jpg
e0155830_20511095.jpg
e0155830_20512552.jpg


可愛いサイズも含めこんな感じの平日釣行でした。
なぜかここのトコロ、釣果には恵まれております(「ボ」から比べりゃ天国ですナ・苦笑)。
本日は久しぶりにMiyuki Rodにイナガキのテュフォンでした(見事にバックラッシュしました)。時々同じリールを使われてる方が見に来て下さるようで、最大難関のバックラッシュに皆さんが泣かされております。カッコイイんですけどネー(残念)。


[PR]
by dad1st | 2018-06-08 21:06 | FF | Comments(8)