2018年 10月 30日 ( 1 )

-パンク修理とユルポタ-

先日の「挨拶してみました」を部下のロード乗りに話したら「挨拶しない人もいますけど、比較的返して来ますよ」とのこと。
やっぱクロスはカテゴリーが違うと思われてるのかな?まあ、それならそれでいいですけどネ。
前回、パンク修理キットを買った話を書いたじゃないですか。それを部下に話したところ・・。

e0155830_16373504.jpgコレは無くては始まらないと、二人。









e0155830_16384732.jpg


コレも当然。
1本持っていれば十分。








e0155830_16372067.jpg


当然ですが、チューブ交換の際に必要と。
空気圧のゲージはあるに超したことは無いが、無くても問題なしとのこと。







e0155830_16380230.jpg二人とも要りませんとキッパリ。
買っちゃったものは仕方がないと言うコトで、保険として所持することにしました。






e0155830_19115615.jpg



一人は無くても困らないですよと。
もう一人にはセットではなく、もっとしっかりとしたそれなりのツールの購入を勧められた。こんなもん使わないでしょ?と言ったら、乗っている最中に緩みとかが出るコトがあるらしいので、その為に必要とのこと。そんな状況まで走りません自分。
コレが結構重いし、邪魔なのでとりあえず別に持っている六角数本と入れ替えを検討。


e0155830_19293412.jpg
これは二人して不要ですと(えっ?不要なの?マジ?)。
個人的には、その場で新しいチューブに入れ替え、帰宅後にパンクしたチューブを修理すればいいと考えていましたが、パンクするチューブは直してもまたどこかがパンクするから、彼らは廃棄処分するそうです。悩んでいる最中ですが、とりあえず、キットからは外しておきます。



こう考えると、もう少し安く購入できたのでは?と思いたくなるのですが、携帯式の空気入れとか意外と高いんですよネ。

さて、もう一つの「ユルポタ」についですけど、最近往復30㎞程度の「ユルポタ」が出来る様になりました(個人的な感想です)。
でも、それ以上になると帰りたくなるんだよねーと話したら、ロードの部下曰く。
「ユルポタ」の定義を言えば、40㎞以上の距離(往復でもいい)と時速25㎞(ケイデンス80回転位)を言うので、往復30㎞、時速20㎞だと「ユルポタ」に入らないですヨとキッパリ。
そんなモンどーでもいいだろーと思うでしょ?単なる自転車散歩ですからネ?なので、気にはしませんが、「ユルポタ」を調べるとコレが面白い。
自転車乗りには、「ユルポタ詐欺」なる、いじめと言うか、嫌がらせと言うか、まあ、ろくでもない連中が居るそうです。
適当に流そうよと誘いながら、実はガチとか。超長距離とかネ。格好もいかにもって感じで、緩い服装で来た相手に場違いを感じさせる輩がいるそうです。
そんなの無理でしょ?と言ったら、別のクロスに載ってる部下が「何なら自分と行きますかー」と。
お前、この間、往復60㎞走ってきたんだろー、ソレこそ「ユルポタ詐欺」じゃねーか。
怖い世界です(笑)。
11月、ちょっと忙しくなるので、ちょっと長文になってしまいましたコト、悪しからず。
自転車ネタばかりである点も悪しからず。
写真はAmazonから適当に使わせていただいたモノですので、自分のセットに入っているモノとは違いますこと、悪しからずです。




[PR]
by dad1st | 2018-10-30 16:39 | クロスバイク | Comments(2)