人気ブログランキング |

カテゴリ:食ブロ( 11 )

-3度目の喜多方ラーメン-

三度目の・・・。
e0155830_17492500.jpg
ネギラーメン?だったか、ネギ何とか?だったか忘れました。

e0155830_17491628.jpg
子供達は2度目。自分は3度目。
で、スープはとりあえず及第点レベルの塩っぱさまで薄くなってましたが(ソレでも及第点)、チャーシューは完全にアウト(塩っぱ過ぎる)。
柔らかな食感とジューシーさは認めるも、この塩っぱさは無理。
と言うコトで、本店に行って確認するのも面倒なので、今後、ココに行くことはありませんです。
って、言いながら、お店も上手いもので、チャーシュー1枚サービス券(集めれば一人で複数枚使用可)や、クーポン券を出して来ました。1杯で1枚なので、今回3枚。

捨てるにゃ惜しいが、たかだかチャーシュー3枚で行くほど・・・行こうかナ?(自爆)。




by dad1st | 2019-04-16 18:05 | 食ブロ | Comments(4)

-喜多方ラーメンにまた行った-

前々回のエントリー、喜多方ラーメンの「坂内」に,再度行ってきました。
初回は塩っぱくてどうにもならないと言う全否定的な感想でしたが・・。
EJさんの意見もあり、最初は仕方がないのかも知れない?と、今回は長男・次男を連れてのレポートです。
相変わらず混んでます(職場のスタッフご夫婦も食べに来てました・アララ・・)。
e0155830_18105340.jpg
とりあえず今回自分は単純に喜多方ラーメンを注文。
スープの濁りが気になります。^^;
さてお味の方ですが・・。
ちょっと塩っぱさが薄れましたネ(良い傾向です・笑)。
が、スープを飲み干すまでには至らずの塩っぱさ。
程度は変われど「塩つぱい」に変わりは無い。
子供達はさして気にしていないようですが・・。
自分には完全に塩っぱい(血圧が上がる・笑)。
当日のスタッフ曰く「塩っぱくて、主人は途中で断念しました」とのことです。
次に行く時にはもう少しマイルドになってるとありがたいのですが・・。
美味しい出汁が出てるだけに、塩っぱさはやはりマイナスポイント。
回転率の為なのか?ぬるいスープの設定もマジ勘弁して欲しいです。^^〆

帰路、次は朝一でここに来て、その足で福島の本店で夕飯がてら食べて帰ってくれば、味の違いが分かるんじゃネ?と、イマイチ納得の行かない自分が居ります(億劫なので行かないですけど・笑)。
次に期待(行くんかい!)。



by dad1st | 2019-03-11 18:27 | 食ブロ | Comments(6)

-「喜多方ラーメンが地元に出来た」と喜んだが・・-

遠い昔、20代に一度現地で食べ、超美味しかった記憶だけは残ってました。
わざわざラーメン一杯の為に遠く福島まで行く気にはなれずにいましたが、なんと、地元に出来ました。
喜多方ラーメン「坂内」(ばんない)
夕飯を兼ねて行ってみたら、店内長蛇の待ち(まあ、新しモン好きな埼玉県人なので、暫くすると収まりますけどネ・笑)。
e0155830_08354910.jpg

なぜか注文したのは普通の喜多方ラーメンじゃなく、チャーシュー麺(笑)。
澄んだスープと少しちじれた麺(写真では全く解りませんが・爆)。
食べながら徐々に思いだしてきた喜多方ラーメンの味?・・アレ? ^^;
・・「塩っぱ過ぎる」。
チャーシュー、とろける。
が、「塩っぱ過ぎる」(まんま「塩」)。
食べているうちに、塩っぱさを除けば、佐野ラーメンとの違いが分からなくなってきました(似て非なるモノなんですけど)。
20代と若い時分に強烈に美味いと感じたのですが、この塩っぱさだと、ちとリピは無理かな?と(というより、ダイエットしてるので本来、ラーメン禁忌です・自爆)。
喜多方ラーメンはうま味が強いスープなので、マジこの「塩」はキツかったです(醤油ラーメンですからネ)。
申し訳なかったのですが、スープは一口で止めました(残念)。
今後「牛骨ラーメン」と「熊本ラーメン」のお店に行く予定なので、そちらに期待です。^^


by dad1st | 2019-02-24 09:07 | 食ブロ | Comments(4)

-食ブロ(十割蕎麦)-

以前から気になっていた隣町のお店。
所用で休みだったので、大学が夏休み中の次男坊と行ってみました。
かご乃家」と言う十割蕎麦のお店で、民家(農家)を改装したような造り。
平日でも客多し。
e0155830_18220720.jpg
とりあえず、大盛蕎麦と舞茸の天ぷらを注文。写真は機械打ちの十割蕎麦(自分は機械、次男坊には手打ち)の十割蕎麦を注文。機械と手打ち何が違うのか?註文を聞きに来たお姉さんに聞くと・・。
e0155830_18223599.jpg機械だと角が少し丸く出てきます。なので食感がちょっと違うと思います。
なるほど・・。

で、先ずは機械打ちを食べてみた。
腰の強さを気にしながら食べたけど、その点は問題なし。腰もあって十分美味しい。
ツルツルといつまでも喉越しが良い(なので、幾分飽きる)。
結論・・蕎麦然とした舌ざわりに欠けるかナ?と個人的な感想。
コレが¥850-(税別)。てんぷらは別料金ですヨ(笑)。


e0155830_18230716.jpgこっちが手打ち。
食べてみたら、明らかに違う。
腰の強さは同程度だが、舌に触る食感がまるで違う。
そば粉の風味については機械も手打ちも変わらないが、角の有る無しがココまで食感に影響するのか?と言うほどの違いがあった。
コレは¥1170-(税別)





機械打ちは麺にするまで全工程が機械らしい。ならば最後の麺を切るトコロだけ包丁で・・・と思ったのだが、どうしてそうしないのかは不明であるが、この差¥320-をどうとらえるか?
ついでに、コレを記しながらお店のHPを見ていたら、地鶏専門店でもあるらしく、そっちも食べれば良かったかなーと。
但し、ソレをすることはお財布が軽くなるというコトでもあって、そう簡単にはいかない自分のお財布事情でした(自爆)。
常連にならないなら手打ち。常連になるなら財布と相談ってコトですネ(笑)。


by dad1st | 2018-08-30 19:06 | 食ブロ | Comments(6)

-帰省で太ってたらどうしよう-

弾丸帰省で観光とかはできませんでしたが、そのぶん食べてきましたよー。
e0155830_18003446.jpg
昨年8月の帰省時に行った、「長尾」の中華そば。チャーシュートッピング。焼干し出汁のあっさりとした美味しさがあります。時代の流れなのでしょうか?スープの濃さ(ドロドロ系)や麺の太さの選択など、注文するのが面倒になってしまうのが難点(年齢による個人的な感想です)。
そうそう、奥とラーメン屋に行くと必ずコショウを振りかけるんですよ。ソレも初っ端から・・。まずはスープの味でしょーと思ってたら、お客さんのほとんどが最初からコショウをかけて食べてました。お国柄なのかなと、二十数年してソコに気づきました(笑)。
e0155830_18062659.jpg
毎度おなじみの味噌カレー牛乳。今回はいつものお店ではなく「かわら」なるお店を奥の従妹に教えてもらい、出かけてみました。
美味しかったですよ。ただ、今だもってどこのお店が美味しいのか?と聞かれると良く解りませんネ。
没個性的なのかも知れませんが、失敗の無いラーメンでもあります。なにより、こっちではまず食べることが出来ませんからネ。
e0155830_18094561.jpg
帰路、前沢SAで食べた冷麺と前沢牛丼ミニのセット。いつもは夜中に通過するので、食べる機会がなく、今回食べてみました。前沢牛のステーキでも・・と思ったのですが、黒毛和牛のステーキはありましたが前沢牛は無かったので、こちらに。決してお金の問題ではありません(爆)。
とても美味しく頂きましたが、今だ何故にパイナップルが入っているのか?冷やし中華のみかんと同じく意味が分からない自分です。お酢が付いてるのも意味が分かりません。
e0155830_18131400.jpg
何でしょ?「かもめの玉子」高級バージョンです。1個約¥400-。金箔と中に栗が入ってます(感想・普通のかもめの玉子で十分ですヨ)。
とりあえず、地方でお金を消費して参りました(笑)。
e0155830_18150952.jpg
普段食べているのは福島県産コシヒカリですが、味ではこちらの方がはるかに上と前にブログに記しました。
買っておいてくれたみたいで、帰りに持たせてくれました。
マジで「ぽちっ」と出来ない値段なので、ありがたい。後で頂きます。

昨年の今頃、Wt.が86㎏と大幅にアップ(何もしてなかったので・・)。コレはまずいと朝抜き、昼は基本おにぎり1個、夜コンビニのサラダ2パック+サラダチキンの生活でとりあえず10㎏体重を落としてきました(なので、この1年間で奥の作った夕食を食べた記憶は殆どありませんけどネ・わはは)。
この帰省での暴食のおかげで、帰宅後Wt.をまだ測れておりませんです。(笑)。
只今測定したら、変化なしでした(とりあえず一安心したので、アイス食べます)。


by dad1st | 2018-05-10 19:20 | 食ブロ | Comments(4)

-「武蔵野うどん」ってのは・・-

釣りで栃木に行くと、お蕎麦屋さんが多いです。では、この辺はどうか?と言われると「うどん」がありますが、近隣の加須市辺りが有名で、我が町周辺は何でもアリですネ(笑)。
なので、美味しいお蕎麦が食べたければ・・、うどんが食べたければ・・、遠征の如く出かける次第です。しかしながら、それだけの為に小一時間から数時間かけていくの?と言われると、やることないから・・行くんですネー(爆)。
で、最近の話題。
e0155830_18101776.jpg読んで字のごとく「武蔵野うどん」なるモノがこの辺りにはあります(実際はもう少し西ですネ)。この武蔵野うどん、我が家はみんなが大好きでして、以前はクレヨンしんちゃんの春日部市に1軒あったのですが、閉店してしまったためになかなか食べる機会が無くなってはや10年は経っているのか?それが隣町に出来ました(車で20分もかからない)。春日部と同じお店ではありませんけど。
e0155830_18130856.jpg
こういうのを武蔵野うどんと言います。ウィキでの説明。
武蔵野うどん(むさしのうどん)とは、東京都・多摩地域と埼玉県に伝わるうどんのことである。「手打ちうどん」とも呼ばれる。もともと郷土料理であるため、使用される小麦粉は武蔵野台地で生産されたものを使用する事が原則(地産地消)である。麺は、一般的なうどんよりも太く、色はやや茶色がかっている。加水率は低く塩分は高めである。コシがかなり強く、食感は力強い物でゴツゴツしている(つるりとはしていない)。食するときには麺は、ざるに盛って「ざるうどん」もしくは「もりうどん」とする。つけ麺の汁は、かつおだしを主とした強い味で甘みがある。シイタケ、ゴマなどを具として混ぜたものを、温かいまま茶碗ないしそれに近い大きさの器に盛る。ネギや油揚げなどの薬味を好みで混ぜ、汁をうどんにからませて食べる。豚肉の細切れを具にしたメニューの「肉汁うどん」などは明治時代中期以降の食べ方で、商業化された「武蔵野うどん」の店舗では「肉汁うどん」「きのこ汁うどん」が「武蔵野うどん」であるかのように近年売り出しているが、「武蔵野うどん」とは武蔵野地方で「手打ちうどん」と呼ばれるコシの強いうどんの麺を指す用語である。天ぷらうどんのような食べ方は元々なく・・長くなって済みませんが、こんな感じのうどんです。
e0155830_18155897.jpg写真のお店の手前が大盛、奥が中盛。コシがかなり強いので、食べるのに相当疲れます(笑)。昔は祖母が自宅で打ってましたし、どこの農家でも自宅で打って食べてました。なので、小麦粉と言う言い方はせずに「うどん粉」でした。
因みに、ココの大盛は1000円ちょいです(設定高目)。営業時間は10:00~15:00(月曜定休です)。







e0155830_18383672.jpgところ変わって、北本市にある「田舎っぺ」という武蔵野うどんの名店。先のうどんは上品すぎるのでネットで検索。ココが見つかった次第。我が家からはちと遠いのですが、アレあ・この道は・・?昔、増沢さんが住んでたトコに行く通り道でした(笑った)。
で、このお店は年中無休で10:00~15:00。この時間設定は何なんでしょ。


e0155830_18432575.jpgこのお店のうどん。そう、肉汁うどんと言えばこのおつゆ。特大盛なんですが(せいろが2段になってて、下の段から一気に上の段まで入れ込んでますので、不用意に上を外すと、中身が崩れます)。長男坊と2人で行ったのですが、最後ヘルプを頼んだら長男もキツイと。味は文句なしでした。値段も文句なしです(下参照)。

e0155830_18462337.jpgマジでお客の切れることの無いほどの行列店でしたネ。次に行くなら待ちは覚悟で行かないといけないです。
ついでに、食べ終えたらどこに行こうか?と(増沢さん引っ越しちゃってるし・・笑)。
キロで注文できるのも基本中の基本な、武蔵野うどんの名店でした。
栃木のお蕎麦屋さんにも、何合とか一升とかで打ったりするお店があります(量がわからないので、聞かないと地獄を見ますヨ)。

いつの間にか食べログになってる気がするのですが・・。
釣りネタは何処に(核爆)。


by dad1st | 2018-01-29 18:59 | 食ブロ | Comments(8)

-ラーメンとお酒(追記あり)-

e0155830_14521167.jpg最近のラーメン屋さんは「〇〇系」「〇〇インスパイア」などと意味が分からない。ついでに「つけ麺屋さん」が多くなり、あっさり系の自分が敬遠する味付けが多くなってます。時代の流れなんでしょうけど、つけ麺が出だした頃は「蕎麦屋じゃねーんだよ」などと文句を言って食べずにいましたが、今は「普通のラーメン屋」(という言い方もおかしいけど)を探す方が難しくなってる気がします。
そんなことで苦手意識を持っていた〇〇系ですが、お店によっては写真の様なちょっとあっさり系(普通に見える)のラーメンが時々見られるようになりました。苦手な客が多いのでラインナップされるようになったのか?最初からあったのか?は分かりませんが、つけ麺がメインのお店でも、逃げのメニューがあるので入りやすくはなりましたネ。写真は「みつば」というお店のモノ。今日の昼に食べてきました。
美味しかったですよ(値段を考えなければですけど・笑)。
e0155830_14522389.jpg話変わって、実家への年始挨拶用に本日購入。数年前に撮影で出かけた知来さんが「美味しいお酒だった」と絶賛してたら、その後にどういう流れかプレミアがついて、諭吉さん1枚では購入できなくなっていた代物(ビックリ)。
最近、蔵元が正規の価格で購入してほしいと、新聞一面に正規取り扱い店名と適正価格を掲載したらしく、お蔭で自分も購入が出来た訳です。
越乃寒梅なども一時は価格が高騰しましたが、今は大分落ち着いてきているので、助かります(って飲まないですけど)。
その反面、やはりプレミアに歯止めがかからないお酒は多々ありますけどネ。山形の「十四代」とか、まず買えないです。青森の「田酒(でんしゅ)」だって、結婚当初は近所の酒屋で何気なく購入できる(そんなに安くはなかったですけど)値段でしたからネ。それが諭吉越えしたときはビックリしました。
まあ、どんなに価格が高騰しようが、酒好きではない自分には全く持って関係がないんですけどネ(わはは)。

と言う事で、本年のエントリーはここまでとさせていただきます。
1年間、よくもまあ適当なことを平気で書いていたなーと、赤面するばかりではありますが、お付き合いくださった皆様のおかげで、無事に最終エントリーが出来ましたこと、心より感謝いたします。
来る年が、皆様にとって幸多き年となります様、お祈り申し上げます。
                                  dad
12/29追記
e0155830_19274049.jpg本日同じお店の醤油ラーメンを食べてきました。1枚目と同じように見えて、スープの色が違うことと、100円位安いのかナ?理由は塩にはトリュフが入っているかららしい。
贅沢ですネ(笑)。
追記ついでにですが、「獺祭」がどこでも売られえています。どこでも?まあ、正規取り扱い店以外でも流通していると言う事ですが、あれほどプレミアがついたモノが、蔵元の提示した価格前後で販売されていることに驚きました。
それにしても、どこにあれだけ確保していたのか?と思うと、時代劇の米問屋が米を買い占めて・・の商いが今だに続いているんだなーと思う次第でした(笑)。

by dad1st | 2017-12-23 15:31 | 食ブロ | Comments(2)

-納豆とキノコ-

e0155830_07190509.jpgこのパッケ-ジの納豆って知ってます?
藁でくるんだ水戸納豆とかは有名ですが、自分が子供の頃はこの薄く削った木の皮でこんな感じにパッケージされていたのが普通の納豆でした。
朝、豆腐屋さんが売りに来る度によく買いに行かされたものです(間に合わずってことも結構ありましたネ・笑)。
時代が変わり、それこそ様々な種類の納豆が店頭には並んでいますが、コレはなかなか見ないでしょ?。
この納豆、粒がしっかりしてて、噛み応えがあって、味が素朴(今のは化学調味料の味が強いかナ)。そう言いながら、今の納豆も美味しいですけど。
ちょっと懐かしかったのでエントリ-。
残念なのは、からしが小分けされていたコト(笑)。
タレは今のと変わらないので、次は単純に醤油でいこうかと。
そう言えば我が家は、青のりじゃなくて刻みネギと鰹節を混ぜてたような記憶があります(鰹節も削ってましたネ)。
こういう懐かしいモノを見ると、思い出がぼやけながら蘇ってくるから面白いです。
でも、間違っている記憶の方が多いでしょうけど・・。^^;

e0155830_17104497.jpg追記なんですが、家の鉢植えの中にいつの間にか、こんなキノコがはえておりました。
大きさ5㎝位の思わずキノコの飾りかと思うくらい可愛いサイズです。
食べられるのか?(食べませんけど)。
by dad1st | 2017-10-26 07:40 | 食ブロ | Comments(4)

-MADAME-

さっきTVを見ていたら妙に金持ちなお姉さん・・(と思ったら、おばさんだったんだけど、御主人との年齢差を逆算しないと解からない位、綺麗な方でしたね-)のお宅拝見をやってた。5億の豪邸に豹柄の家具・同じく豹柄の衣服、高級車etc.
いや-、若けりゃソレもいいけど・・と思いながら思わず・・「このおば・・お姉さん、もしかして?」。
MADAME SHINKO大手デパ-トの特設販売は開店と同時に売り切れ、ネットでの注文は数カ月待ちな、おば・・否、お姉さんのお菓子。
一度「楽天」で注文しようとしたら2カ月待ちなので止めたんだけど、数日前に御近所さんからどうぞ・・と頂いちゃいまして-(新年早々幸先いいぞと・笑)。
e0155830_2182790.jpg

マダムブリュレ(商品名)。
冷やして・・ザラメの食感と、バウムクーヘンの美味しさ。
常温で・・・・プリンの様な味わい。
温めて・・・・コレが子供曰く「ホットケ-キ」(言いえて妙)。
レビュ-とかを読むと「1度食べれば・・」みたいな記載が多いけど、自分としては美味しいから、まだまだ足んないですけど-(太るであろうが・・)。
もっと食べたいけど、そうそう手に入らないので、マダム(お姉さん)5個送って下さい(笑)。

※あっ、このブログですが食べモノのブログじゃないですよ(自爆)。
by dad1st | 2012-01-10 21:17 | 食ブロ | Comments(4)

-正月アレコレ-

仕事柄、年末年始の休みは1日と2日だけ。
今日は飛び石で休み。朝から掃除したり銀行へ行ったりと、ドタバタしております。
そんな通常モ-ドな自分ですが、正月ネタがあったのでエントリ-をば・・。

ミカン
e0155830_10515853.jpgこの時期には欠かせないミカン。
自分はミカンなんぞ別に無くてもいいのだが(実家の庭先にドカンとあるし・・。でも食べないけど)、逆に奥はコレが無いとダメな人間でして、仕方なく買うはめに・・。
昔は「有田ミカン」と箱に単純に書かれていたモノが多かったのに、最近はお洒落になったモンだな-と。

e0155830_1056069.jpg箱的には上の方が好みなのだが・・値段はこちらの方が3倍高い。
味は上と比べればはるかに「美味しい」。

e0155830_11231100.jpgもっと高いのが・・「蜜る」。
買ってるうちに、次は次はと高くなる(わはは・・泣)。
味は当然「文句なし」。
但し、値段は1番目の4倍(笑うしかない)。


年賀状
e0155830_1153922.jpg子供が小さい頃は「写真屋」さんにお任せ、途中から「筆王」で年賀状を作成していましたが、いい加減絵柄が古いために今年は別の作製ソフトを購入(安いけど)。

e0155830_11552860.jpg年明け最初のエントリ-にこのソフトを使おうと思った程、今のデザインは凄いんですね-。
マジでお洒落すぎる。
但し、筆王ゼロとの互換性はあるものの筆王は厳しいみたいで、印刷までの読み込みが超遅く「買って失敗した-・泣」と思ってたら、印刷しだしたので、思わず一安心(説明はよく読んでから買わないとダメですね)。


正月と言えばおせち料理。
子供の頃は3段重ねのおせちとか憧れましたね-。
親の兄弟(伯父・叔母家族)が多く来る実家に三段重ねなどあるはずもなく(今にして思えば、親戚中が集まるのに、そんなの買ってたら幾つあっても足らないよな-と)。
年末恒例の昆布巻き作り(大鍋にいっぱい)、なます作り(酢のモノ嫌いなのに)を手伝わされて、後は刺身とハム、何故か酢ダコ(だから-、酢のモノ嫌いなんだけど)、お雑煮で正月を迎えてました。
e0155830_11214315.jpgそんな幼少期を過ごした自分。せめて子供達にはと・・縁起モノって言うか云われのあるモノと、後は自分の好きなモノでお正月を迎える様にしてます。
3段重ね・・買ってもいいんですけどね-。ただ、食えるモノが入って無いのと、品数ばかり多くて量が少ない。
キンカンを甘く煮たやつ?とか要らないって-。数の子とかイクラとかも喰えないし(笑)。


お酒
e0155830_11394182.jpg自分、飲まないんですけど、正月だからと購入。パッケ-ジに「福エビス」って書いてあったので6本中1本位に福エビス(魚籠に鯛が入ってる。本来はビンしか設定が無いらしい)が入ってるかも?と購入(1本も無かった・・)。元旦に1本飲んだだけで現在冷蔵庫内にて熟成中。

e0155830_11432116.jpg氏神様にあたる地元の上高野(かみたかの)神社は初詣客にお神酒とその年の干支が書かれたお猪口をくれる(タダです)。
因みに、ラキスタなるアニメで有名になった(昔からこの辺では有名だけど)鷲宮神社は升酒をくれるが、気持ち納める(商工会のHP付けときます)。


カレンダ-
最近はドコのFF雑誌も付録にカレンダ-をつけてくれなくなりました。
e0155830_1203846.jpg 唯一「フライの雑誌」だけ付録じゃないけど、読者サ-ビスとしてカレンダ-をDLする事が出来ます。
印刷紙の関係で卓上サイズになってしまいましたが(欲しけりゃ大きいサイズの紙を買えばいいだけの話)、コレはコレでいいかな-と。


長文過ぎるほど長文になってしまいました-(苦笑)。
正月ネタを来月エントリ-とかちょっと出来ないので、この機にまとめてしまいましたが、お付き合い下さいました皆様、マジで「お疲れ様でした」(笑)。

※お知らせ
Anotherに「釣魚の愉しみ」と言うブログが新しく追加されています。
以前、FFのビデオを紹介した時に、自分が「教えたいんだけど・・」と話したお方のブログです(お時間がありましたら、過去ログから遡って読んでみて下さい)。
2009年6月に氏が記された「竹竿ペット論」で、自分はこの方のファンになりました。
マジで下手な雑誌を読むより、はるかに御満足されるかと・・。
一応、ご本人様の許可は得ましたが、如何せん一方的にお願いした都合上、間違っても「dadlifeさんの所から来ました」等の入り方はご勘弁下さい。あくまで素晴らしいブログを紹介したかっただけですので・・(その内には大丈夫か思いますが・・悪しからず)。
by dad1st | 2012-01-05 12:22 | 食ブロ | Comments(12)