<   2018年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

-コーヒードリップ-

e0155830_09510523.jpg
ドリップバッグのコーヒーは楽。入れて終わればそのままポイ。
しかし、便利なことばかりではないんだなーコレが。
1.普通のカップを使って淹れると、必ず挽いた豆がドブ漬けされた状態になる。2.本来は140cc位で1杯分なのだが、貧乏性の自分はもうちょっと淹れたいので尚更ドブ漬けになる。
2.はセコイだけなので(自爆)仕方が無いとして、1.がとても気になる。
e0155830_09521810.jpg
なので、大きいマグを購入。どれくらい大きいかと言えば8分目で360cc入る。
e0155830_09520271.jpg
このマグでドリップバッグを使うと、こんな感じに空間ができる(140ccを基本)。大分楽に入る様になった。が、現物を見ると悲しくなるほど隙間が・・。
この、気になるドブ漬けであるが、豆とお湯は必ず触れなければコーヒーは抽出されない。昔のサイフォン式であろうと、ネルドリップであろうと豆とお湯が混和されている時間はそんなに長くない・・という考えがベースにあったからこその違和感。
e0155830_09523588.jpg
つい最近知った(頂いた)、ダンク式なるコーヒー。紅茶かい!と言うツッコミを入れたくなるのだが、ネットで調べたら結構出回っている。相当時間、浸けておいても問題がないらしい記載をするお店もある(濃度調整の為)。すると何が正しい珈琲の入れ方なのか?と疑問がわいてしまう。まあ。我が家のコーヒーメーカーはさっさと落とす方式なので気にしないのだが・・。とりあえずマグのサイズを上げたことで、自分はコーヒーメーカで作れる最大カップ数の5杯分を作り、なみなみと注いで飲めるこの幸せに酔いしれておりますが・・(当然ですが、お酒は入って居りません)。
e0155830_09530065.jpg
ブログ友達のEJさんから山口のショップの豆を頂いてから、色んなトコロの焙煎豆を購入するするようになり、そこそこの豆の扱いや焙煎具合で変わる味わいを楽しんでいます。写真は兵庫のお店。
って、書くと「凄いなー」って思われてしまいますが、実際「苦いか・酸味が強いか」程度で、基本は豆の持つ特性を焙煎士がどう出すか微妙な範疇になるので、自分如きには「分からん」が本当のトコロです(個々人の好みもあるのでネ)。「香りが・・」と言う話もよく聞きますが、最初の1口以後、鼻って慣れてしまうのでわからなくなります。ドリップしている間の香りは、やはり良いモノです。
まあ、高級な(お高い)豆が美味しいのは確かですが、手が出ませんネ。
[PR]
by dad1st | 2018-02-18 10:35 | 記憶 | Comments(4)

-車の話です(ので、スルーでイイですよ)-

奥が衝突横転事故を起こしたのが昨年の8月あたまのコト。まあ、打撲程度で済んだのは幸いでしたが、車は廃車。車大好き人間の私としましては、コト(事故)の重大性をあまり認識していない奥に怒りを感じながら、保険会社や廃車手続きなどに奔走。状況から判断して、どう考えてもこちらの分が悪い。ソレでも、本人は全く自分に非は無いと思っているから困ったモノ。
横転って、コッチがスピード出してないとなかなか転ばないらしく、判例でもコッチの負けは確定。ソレでもとりあえずゴネて最悪は回避しましたが、廃車した車自体の査定が低いので、保証は殆どないに等しかったです。
なので、この時期には全く釣りに行っていなかったはずです(奥が俺の車で通勤してたから)。

e0155830_18151739.jpg車が無いと仕事に行けないし、いつまでも俺の車を使われても困るので、9月中に車を購入することに。
本人の希望の車種を購入(ソレも新車)。
とりあえず、ココでも自分が価格交渉したりと忙しかった。
なので、釣りに行けずでしたネ。
e0155830_18152970.jpgさて、3月に大学を卒業する長男坊。当初、大学院へ進むと言うコトで、とりあえずは院の試験は合格していたのですが、急に軌道修正。2年間院に行って何ができるのか?と再度考えたら、その分社会に出た方が得と判断したらしい。彼方此方面接を受け始めました。
今になってどこが採ってくれる、そんなとこあるはずがないと言う自分に、意外と内定を蹴った学生の企業が募集してるんだよと軽く話す。世の中そんなに甘くないと思ってたら、隣県と言うより隣町の工業団地にある結構名のある企業に内定が決まってしまった。内定をいただいた企業様、長男坊の相談に乗っていただいた研究室の先生には感謝するばかりです(補足となって申し訳ありませんが、親として御礼申し上げます)。
とりあえず製造系企業の生産管理部門に配属となる予定らしいのですが、そのためには通勤の足が必要。
で、写真の軽。1年落ち、2600㌔、ディーラーのデモカーだったので、グレードと装備は結構良いモノ。先月からこの3連休までお父様の休みは車探し。お父様は偉いなーと、自分を褒めてあげたい。

e0155830_18153670.jpgそんなお父様に買ってくれないだろうか?
軽を購入した会社のドックに入ってたのでパチリ。
世界に5台だとか・・。

まあ、個人的にはGTRだったら、ベンツ?否、ゼロクラウンに車高調入れてがイイかなナ?現行クラウンのアスリートの車高短もいいな(笑)。

[PR]
by dad1st | 2018-02-14 19:09 | Car Life | Comments(0)

-FF雑誌-

解禁も近いので(って、大芦は4月ですからまだ先ですが)、久しぶりのFFネタです。
何気に本屋さんで・・・申し訳ない、立ち読みです。^^;
e0155830_18483259.jpg久しぶりにFF誌らしいハイクオリティーなカタログの様な写真の数々。欲しくても手が出ない道具を見ながら、丁寧に綴じて、値段を確認(1800円+税)。











同じく隣にあった・・。
e0155830_18484110.jpgおーっ、解禁間近とあってタイイング特集。
名手のBOXなども多々紹介。ビギナー時代に参考にさせて頂いていた雑誌だけに、まだ同じ様な構成なんだ?と感心?
ページをめくりながら、巻かれている#20サイズの毛鉤をこの方たちは見えるんだろうなーと、老眼が入った自分には「無理」と丁寧にページを閉じて、値段を確認(1620円税込)。







e0155830_18485238.pngショップに行ったついでにブルックが表紙だったので購入した雑誌(1700円+税)。先日増沢さんと電話してたってのも買う動機ではありましたけど。
久しぶりに読んでますが、今だ読み終えず・・。
理由は内容が硬い・・って個人的に思う。昔みたいに笑える部分が少なくなったからなのかナ?ってのも理由(あくまで個人的ですこと悪しからず)。
とは言え、買ったからにはぼちぼち読んでます。

牧さんの「料理人の様に素材を選び・・・」は同じ事をオッサンも言ってたし、堀内さんの羽舟さんへの思いはオッサンと重なる様で、思わず涙が出そうになりましたけど、泣いてませんからネ(笑)。


しっかし、みんな高くなりましたネー(苦笑)。

魚の居ない渓。地元餌師がこれ見よがしに持っている魚籠。所狭しと並ぶ地元ナンバーの列。

とかくに渓は住みにくい。



[PR]
by dad1st | 2018-02-06 19:37 | FF | Comments(3)