<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

-釣り上がりと下り-

本日、平日釣行につき、期待しながら目的のポイントを目指します。
土曜なら必ず入っているであろうポイント全てに車なし(フフフ)。
次のカーブを曲がり、その先の車止めに誰も居なければ・・予定通りだったのですが、なぜかここに来ての1台。マジ、見事なオチ(6:30)。
準備中だったのでとりあえず確認してみます。
下(入渓ポイント)から上がります?それとも入渓ポイントから下ります?
※基本、このパターンなんですが、「ソコから下ります」と釣り師。
ハイ?(ソコって指さしたトコ、脱渓ポイント)。「下るの?」「じゃあ、自分が下から上がってくるとバッティングしちゃうネ」と言うコトで、頭の中で描いていたシナリオが脆くも崩れてゆく早朝のお話でした(泣)。
自分が後から来たので何も言いませんでしたが、本来釣り上がるのが渓流の基本だと思ってました(違うのかな?)。
仕方なく、中間地点を叩いてみましたが出ません(必ず車が入っている橋のトコロから堰堤まで)。
真新しい足跡が・・って、まだ7時前だけど・・。
とりあえず全く反応が無いので、別の渓に移動しようか?(別漁協管轄)とも考えましたが、年券がもったないので西沢のポイントに移動することにしました。
数台車は入ってましたが、空いているポイントで魚の居そうなトコロへ入渓。
「ココに居なけりゃ、何処にいる」ってポイントに毛鉤を落とした瞬間、岩を釣ってジタバタ・・。
何とか外れないかと竿を煽ってたら、その先で大きなイワナ?がライズと言うか逃げたと言うか・・(当然、毛鉤回収の為にポイントを潰しました・自爆)。
気持ち落ちてるトコロで、下からパクっと木端ちゃんですがイワナが出てくれました。コレは素直に嬉しかったー(笑)。
e0155830_14575374.jpg

とりあえずまだ時間があるので先に進みます。ここでまさかの・・。

e0155830_15001504.jpg

「バレないでー」と叫びながらランディングしたヤマメ。
朝イチでポイントが取れなかった悲しさなんぞどこ吹く風に・・今期サイズでは最大ですネ(笑)。
このヤマメで完全に満足し、そのまま脱渓。
10時ちょいには帰路について居りました(いつものパターンですけど・笑)。
とりあえず、自分的には出来過ぎな位の最近の釣果かな?と車中考えてました。
来月は祭りですので、暫く行けないし、そのうちにアブ・ハチのシーズンが来て、ソレを避けてるとそのまま禁漁と言う毎度のパターンになりそうな気もしますが、今シーズンに関しては、コレだけ釣れてりゃもう十分な自分が居ります(笑)。

[PR]
by dad1st | 2018-06-29 15:33 | FF | Comments(4)

-FFはやっぱ難しいけど面白い-

ちょっ続いた雨を気にしながら「昨日晴れたから水量は大丈夫だろー」と、弾数をソコソコ増やし(ありったけ詰めただけです・笑)4時に出発。空いてたしちょっと飛ばして6:00現場着。途中の平瀬では鮎師が既にチラホラ竿を出しています。奥に行くにしたがって「まだ6:00ですよ?何で入渓点にそんなに車があるの?」と既に鮎の流域を過ぎ標高をあげているのに車ばっか。
e0155830_15571778.jpg

詰め合わせセット・・Wetとかやらないんですけどネー、引っ張り(管釣り)で使ったりするのでシルバーマーチブラウンとか入ってます。まあ、師匠亡き今、使わないですけど(汗)。
e0155830_16012453.jpg
今日はCapsのミルトレスV2とRSTの組み合わせ。たまには使わないとネ(8'00"のインファンテよりピンピン感の幾分強い7’8”)。

結局、入りたいポイントには入ったんですが、入渓点に既に車あり。どっち(上下流)に行ったか分からないので、とりあえず上流分を覗きながら人影を探しましたが見当たらず。下に入ったであろうと勝手に渓割をしてそ、こから入渓させていただきました。
自分が1番手であれば蜘蛛の巣が必ず張られているはずであろう場所に巣がありません(誰か竿を出してます)。さりとて誰かが歩いた跡も見られないので、例えばその車の主が既に入っていたとして、結構時間が経ってるのかもしれないナ?と思いながら竿を出しますが、出ません。反応すら無しです。時折、急に足跡が現れます(新しいんだなーコレが・・笑)。ココ、多分ですが知ってる人なら別ルートで入ることが可能なのかも知れません(自分は良く知りません)。1区間叩いて2回出ましたが、両方ともバラシました。喰いが浅かったと思われます。
e0155830_16220319.jpg
脱渓前に最後の流れを叩こうと毛鉤を交換してたら、道路からルアーさんが2人、下りてきて、しれーっと下って行きました。これやられると辛いんですよネー。対岸に自分が立ってるのにシカトですからネー(上がろうと思ってたのでいいけど、途中でバッティングしたら頭ハネですヨ)。
本日は写真のヤマメのみが、きちんとランディング出来た渓魚でした(西沢に替えました)。
まあ、「ボ」よりはいいのですが、思ったより水が引けていなかったのが予想外でしたネ。重い流れと、あまりにも波打つ水面に毛鉤に出ても喰いっぱぐります(喰い下手とかのレベルじゃ無いです・笑)。
次はもう少し平水に戻った時の平日に行ければ、何とかなるかナー?と思ってますが、6:00時点であの状況と考えるとソコはソレで出たとこ勝負になっちゃうのかナ?と。
そんなことを考えながらお土産にセブンイレブンでペヤングやきそばの「超超超大盛 GIGAMAX」を購入し、昼には帰宅していた自分でした。あっ、コレ1個で2142Kcalあるので、自分は食べませんヨ。
FFは出れば楽しいし、出なければ理由を考えたり腕や天候のせいにしたり・・まあ、それはそれなりに楽しいモノです(混んでなければなお有り難いです・爆)。
[PR]
by dad1st | 2018-06-23 16:48 | FF | Comments(2)

-FFは楽しくて難しいと言うコト-

今日、ライズを発見しました(思わずワクワク)。しかし、アップじゃ遠い、クロスじゃ無理な位置なので、高巻きしてとりあえず大岩によじ登ったのですが、その瞬間目に入ってきたヤマメは・・・。
優に尺以上はあるか?(そんなに盛って無いですヨ)と、裸眼1.2の自分をして見えます。ソレも2尾(前後ちょい斜めに位置してます)。上流2つの流れが合わさる(実際は微妙に合ってないんですけど)のソコソコ深い淵の中層に定位しながら、時々フラリと水面上の餌を捕食しています(何を喰ってるか?までは、裸眼1.2をしても見えませんです)。2m位下流には25㎝位のヤマメが数匹、浮いたり潜ったりしてます。よーく見るともちっと小さなヤマメが数匹ウロウロしてます。
この2尾ですが、他のヤマメと明らかに違う点があります。ソレは色。他のヤマメ(写真)とは全く違って、言えば錆が残っているような?最初、ブラウン?とかって思っちゃいましたから。
そんなヤマメを仕留めるべく陣取ったのが、岩の上からの提灯釣り。ダウンで流せばラインが魚を警戒させるかもしれないし、されとて一度でも変な違和感を持たれたら出てこなくなっちゃうし、これならキャストの動作さえ気を付ければ何とかなるかなー?と、気付けば開始から1時間。手持ちの毛鉤、ティペットのサイズを出来る限り調整しましたが、時にフラーっと来て毛鉤を見て、また中層に戻ってしまいます(しっかり見切ってました・マジでガン見レベル)。
こんな時、komさんが居れば何とか釣ってくれんじゃネ(マジ)・・と思う自分ではありましたが、携帯「圏外」ですからネ。どうにもなりませんでした(わはは)。
代わりにと言っては何ですが・・。
e0155830_20510089.jpg
e0155830_20511095.jpg
e0155830_20512552.jpg


可愛いサイズも含めこんな感じの平日釣行でした。
なぜかここのトコロ、釣果には恵まれております(「ボ」から比べりゃ天国ですナ・苦笑)。
本日は久しぶりにMiyuki Rodにイナガキのテュフォンでした(見事にバックラッシュしました)。時々同じリールを使われてる方が見に来て下さるようで、最大難関のバックラッシュに皆さんが泣かされております。カッコイイんですけどネー(残念)。


[PR]
by dad1st | 2018-06-08 21:06 | FF | Comments(8)

-久しぶりにヤマメを見た気がします(笑)-

毛鉤が立ったー。
ついでに、コッパだけど釣れたので、とりあえず嬉しい。
e0155830_10300598.jpg

以前エントリーした、ダイドのデイアヘアでポストを巻いたパターンですが、ポストがあまりに細く(視認性)、長く巻いてしまったので(バランス)が超不安だったんですよネー(苦笑)。
ついでに、暫くぶりに大芦に来たので、まかり間違ってパシャッと出た時に喰いっぱぐりでもされたら最悪と考えると、最初に巻く1本にはちと不安?が・・(「ボ」が多いってコトです)。
しかーし、運も手伝ってか(笑)、とりあえず立ったし・喰ったし、バレなかったから良かった(マジでひと安心しました)。
土曜で鮎も始まり、2本の沢にFFMや餌師が集中していたので、早めに家を出て最初に東沢一区間を叩き(コッパ)、この区間が終了した時点で、西沢に移動。
e0155830_20115802.jpg

時間的に既に叩かれているだろうから「無理」と思ってたトコロに出てくれたヤマメ。
ほぼ100%誰かが入っているポイントなので、出ないと思っていただけに嬉しい(笑)。
夕方、人と会う約束があったので、いつも通り昼で終了し帰路に就きました(脱渓手前でライズを発見し、暫し「杭」状態になる自分でしたが、喰ったと同時にバラシました・泣)。
久しぶりに楽しい釣りが出来て良かったです。^^

[PR]
by dad1st | 2018-06-02 20:33 | FF | Comments(6)