-釣り上がりと下り-

本日、平日釣行につき、期待しながら目的のポイントを目指します。
土曜なら必ず入っているであろうポイント全てに車なし(フフフ)。
次のカーブを曲がり、その先の車止めに誰も居なければ・・予定通りだったのですが、なぜかここに来ての1台。マジ、見事なオチ(6:30)。
準備中だったのでとりあえず確認してみます。
下(入渓ポイント)から上がります?それとも入渓ポイントから下ります?
※基本、このパターンなんですが、「ソコから下ります」と釣り師。
ハイ?(ソコって指さしたトコ、脱渓ポイント)。「下るの?」「じゃあ、自分が下から上がってくるとバッティングしちゃうネ」と言うコトで、頭の中で描いていたシナリオが脆くも崩れてゆく早朝のお話でした(泣)。
自分が後から来たので何も言いませんでしたが、本来釣り上がるのが渓流の基本だと思ってました(違うのかな?)。
仕方なく、中間地点を叩いてみましたが出ません(必ず車が入っている橋のトコロから堰堤まで)。
真新しい足跡が・・って、まだ7時前だけど・・。
とりあえず全く反応が無いので、別の渓に移動しようか?(別漁協管轄)とも考えましたが、年券がもったないので西沢のポイントに移動することにしました。
数台車は入ってましたが、空いているポイントで魚の居そうなトコロへ入渓。
「ココに居なけりゃ、何処にいる」ってポイントに毛鉤を落とした瞬間、岩を釣ってジタバタ・・。
何とか外れないかと竿を煽ってたら、その先で大きなイワナ?がライズと言うか逃げたと言うか・・(当然、毛鉤回収の為にポイントを潰しました・自爆)。
気持ち落ちてるトコロで、下からパクっと木端ちゃんですがイワナが出てくれました。コレは素直に嬉しかったー(笑)。
e0155830_14575374.jpg

とりあえずまだ時間があるので先に進みます。ここでまさかの・・。

e0155830_15001504.jpg

「バレないでー」と叫びながらランディングしたヤマメ。
朝イチでポイントが取れなかった悲しさなんぞどこ吹く風に・・今期サイズでは最大ですネ(笑)。
このヤマメで完全に満足し、そのまま脱渓。
10時ちょいには帰路について居りました(いつものパターンですけど・笑)。
とりあえず、自分的には出来過ぎな位の最近の釣果かな?と車中考えてました。
来月は祭りですので、暫く行けないし、そのうちにアブ・ハチのシーズンが来て、ソレを避けてるとそのまま禁漁と言う毎度のパターンになりそうな気もしますが、今シーズンに関しては、コレだけ釣れてりゃもう十分な自分が居ります(笑)。

[PR]
# by dad1st | 2018-06-29 15:33 | FF | Comments(4)